八村塁着用 Air Jordan 34 特集 >>

ブラッドリー・ビール、ウィザーズ史上2位の平均得点で2019-20シーズンを終える

ブラッドリー・ビール

ブラッドリー・ビール

PHOTO BY All-Pro Reels

新型コロナウィルス感染拡大を受けて2019年3月11日(現地時間)から中断されていたNBAは7月30日(現地時間)にプレイオフ進出の可能性を残す22チームによってシーズンが再開される。

22チームの中にはイーストで9位につけるワシントン・ウィザーズが含まれているが、チームのエースであるブラッドリー・ビールは右肩回旋腱板の負傷の影響により一足早くシーズンを終了することとなった。

球団史上2位の30.5得点をマーク

2019-20シーズン、チームの柱であるジョン・ウォールを欠いたウィザーズは開幕前から苦戦が予想されていたが、ビールは絶対的なエースとして若手の多いチームを牽引。キャリアハイとなる1試合平均30.5得点6.1アシストのスタッツを残し、24勝40敗と大きく負け越したとはいえチームもプレイオフ進出の可能性を最後まで残す位置に踏みとどまった。

▼2020年2月24日のバックス戦ではキャリアハイとなる55得点をマーク

平均30得点を超えながらもNBA史上初めてオールスターに選ばれないという憂き目にあったビールだが、今シーズン、リーグトップクラスのスコアラーとしての地位を確かなものにしたことは間違いない。

ビールが記録した30.5得点は、ウィザーズの球団史上2番目に位置する。球団史上1位の平均得点は1961-62シーズンにウォルト・ベラミー(1939-2013)が記録した31.6得点。30得点以上のアベレージを残したのはベラミーとビールの2人のみである。

ベラミーはウィザーズの前進であるシカゴ・パッカーズ在籍時の1961-62シーズン、NBA1年目ながら平均31.6得点、19.0リバウンドをマーク。31.6得点はウィルト・チェンバレンの37.6得点に次ぐ新人史上2位の得点記録であった。

▼ウォルト・ベラミーは1試合のリバウンドの球団記録(37リバウンド)も保持している

ウォール復帰の影響は?

中断の影響で57試合の出場に留まったものの、シーズンを通して高い得点力を維持し続けたビールは2019-20シーズンの得点王争いでもジェームズ・ハーデン(34.4得点)に次ぐ2位につけている(中断前まで)。

2020-21シーズンはジョン・ウォールが復帰することからビールの得点スタッツは下がると予想されるが、一方でゲームメイキングの負担が減ることでよりスコアリングに集中できるとも言える。

ビール、ウォールというリーグ最高クラスのバックコートデュオに加えて、NBA2年目を迎え成長が見込まれる八村塁を擁するウィザーズは東のダークホースとして注目を集めるだろう。

一方で来シーズンにプレイオフ進出を逃すようなことがあれば、チームの解体が一気に加速するはずだ。

結果が求められる2020-21シーズン、ビールにはエースとしてチームを勝たせる活躍が期待される。

関連記事

ブラッドリー・ビール ブラッドリー・ビール / 経歴 / スタッツ / 年俸 ジョン・ウォール ジョン・ウォール / 経歴 / スタッツ / 年俸 八村塁 八村塁 / 経歴 / スタッツ / プレイスタイル