ズームフリーク2 レビューまとめ

マイケル・ジョーダンがコービーの追悼式典で涙。最高の「兄」になろうとしたと語る

crying-jordan

現地時間2月24日、ステイプルズ・センターでコービー・ブライアントと娘のジアナさんの追悼式典が行われました。

生前のコービーと関係の深かった人々がスピーチする中、マイケル・ジョーダンが登壇。涙を流しながらコービーとの「兄弟」のような関係について語りました。

スピーチの中で特に印象に残った箇所を紹介します。

「A CELEBRATION OF LIFE KOBE & GIANNA BRYANT 2-24-20」

コービーの最高の兄になろうとしたジョーダン

冒頭から涙を流していたジョーダン、バスケットボールプレイヤーとして、父としてのコービーを称える言葉からスピーチを始め、彼とコービーとの知られざる特別な関係について語りました。

ジョーダン曰く、彼とコービーはとても親密な関係であり、メールのやり取りをすることも頻繁にあったとのこと。ときには午前3時にメッセージしてきたそうです。

内容は、ポストアップムーブについて、フットワークについて、(複雑なことで知られる)トライアングル・オフェンスについて(ここで笑いが起こりました)。

最初の頃は鬱陶しい(aggravation)と感じたようですが、次第にコービーの持つ情熱(passion)に感銘を受けていったと語っています。そして、ジョーダンはコービーの最高の兄(Big Brother)になりたいと思うようになったと。この発言の直後、感極まったジョーダンはしばし沈黙。場内から大きな拍手と歓声が上がります。

自分の興味のあること、知りたいと思うことに関しては徹底的にリサーチし、詳しい人間を見つけたら質問攻めにする「質問魔」であることで知られるコービーですが、ジョーダンに対しても質問攻めにしていました。両者が現役の頃、試合中にもかかわらずコービーがジョーダンに技術的な質問をしたというエピソードは有名で、その姿はカメラにも捉えられています。

コービーが引退後もそのような関係は変わらず、数ヶ月前には娘ジアナへのコーチングについて質問してきたとのこと。

引退後も2人は兄弟のように親密な関係であったのですね。

夫であり親であるコービーの姿はジョーダンにも感銘を与えていた

ジョーダンはコービーの家族に対する振る舞いにも感銘を受けていたと語りました。

自分にも30歳になる娘がいて孫が生まれたばかりであること、6歳の双子の娘がいることに触れ、本当に愛する人たちにどう接するべきか教わったと。

そして、これらは私たちがこれからもコービーから学び続けることだとも付け加えています。

今、この瞬間を大切に

ジョーダンはコービーの死に直面し、大切な人と過ごす時間の尊さについて考えたようです。

「誰もが自分の人生の残り時間がどれだけあるのか知ることができません。だからこそ今この瞬間を生きること、楽しむことが大切です。私たちはできる限り家族や友人、深く愛する人たちと過ごす時間を大切にしなければならないのです。」

家族への愛情に溢れていたコービーの姿を知る人の多くも、同じように感じたのではないでしょうか。

「Crying Jordan」に言及し会場が爆笑

非常に感動的なジョーダンのスピーチでしたが、ところどころ会場に笑いが起こる場面もありました。

中でも一番盛り上がったのが、とあるインターネット・ミーム(Internet meme)についてジョーダンが言及した場面。

インターネット・ミームとは、インターネット上で人伝いに広がっていく行動やコンセプトのことで、最近では写真やGif画像としてSNS上で拡散される傾向にあります。

ジョーダンが言及しているのは、SNSやYoutube動画のサムネイルなどでよく見かけるCrying Jordanと呼ばれるミームです。アスリートや有名人などが不幸に見舞われた話題を扱う投稿や動画に、ジョーダンが殿堂入りスピーチの際に涙を流した瞬間の写真が貼り付けられます。

NBAの話題を追いかけている人は分かると思いますが、めちゃくちゃよく見る写真です。

▼当該場面のジョーダンの言葉

I’ll have to look at another crying meme for the next-

「また自分が泣いている写真を見なきゃいけなくなる」

I told my wife I wasn’t going to do this because I didn’t want to see that for the next three or four years.

「妻に、やりたくない(スピーチしたくない)と言ったんだ。今後3、4年の間、あれを見なきゃいけないのはごめんだからね」

これには、会場にいたステフィン・カリーも爆笑していましたね。

Please rest in peace, little bro

ジョーダンは、コービーが亡くなった瞬間、「自分の一部を失った」と語りました。会場にいる人や世界中に人々も同じような感覚でしょうと。

そして最後に、次の言葉でスピーチを締めます。

Please rest in peace little bro.

「安らかに眠れ、弟よ」

私も娘がいますが、コービーからは夫として、親としてどのように振る舞うべきかということを多く学びました。未だにコービーがいなくなってしまったという現実を受け入れられませんが、これからも多くのことを彼から学んでいきたいと思っています。

コービー・ブライアント コービー・ブライアント / 経歴 / スタッツ / 実績 マイケル・ジョーダン プロフィール マイケル・ジョーダン/ 経歴 / スタッツ / 年俸総額 the last dance マイケル・ジョーダンのドキュメンタリー「ラストダンス」を楽しむための予備知識