コービー・ブライアント / 経歴 / スタッツ / 年俸総額

コービー・ブライアント

マイケル・ジョーダン引退後のNBA人気を牽引し、5度のNBAチャンピオンに輝いたコービー・ブライアント(Kobe Bryant)。20シーズンに渡りレイカーズでプレイし、屈指のスコアラーとしてNBAの歴史に名を刻みました。NBA歴代2位となる81得点や引退試合での61得点など、数多くの記録と記憶に残る活躍を見せたレジェンドです。以下、コービー・ブライアントのプロフィール、実績、キャリアの概要、スタッツをまとめました。
Kobe Bryant
身長 / 体重 198cm / 96kg(
生年月日 1978年8月23日
没年月日 2020年1月26日(41歳没)
出身地 アメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア
ポジション SG(シューティングガード)
背番号 #8 / #24(共にレイカーズ永久欠番)
シューズ ナイキ「Kobeシリーズ
SNS Twitter / Instagram
略歴
1996-2016 ロサンゼルス・レイカーズ
NBAドラフト 1996年1巡目13位
出身校 ローワー・メリオン高校

受賞歴・実績

  • バスケットボール殿堂(2020)
  • 5 × NBAチャンピオン
  • 2 × NBAファイナルMVP(2009, 2010)
  • 1 × シーズンMVP(2008)
  • 18 × オールスター
  • 4 × オールスターMVP
  • 11 × オールNBA1stチーム
  • 9 × オールディフェンシブ1stチーム
  • 2 × 得点王(2006, 2007)
  • 1 × スラムダンクコンテスト優勝(1997)
  • オールルーキー2ndチーム(1997)
  • 2 × オリンピック金メダル(2008, 2012)

スタッツ(成績)

NBA

優勝シーズン 太字 リーグ1位

レギュラーシーズン

※スクロールできます。

シーズン 年齢 所属 試合 先発 時間 FG FGA FG% 3P 3PA 3P% 2P 2PA 2P% eFG% FT FTA FT% ORB DRB TRB AST STL BLK TOV PF 得点
1996-97 18 LAL 71 6 15.5 2.5 5.9 .417 0.7 1.9 .375 1.8 4.0 .437 .477 1.9 2.3 .819 0.7 1.2 1.9 1.3 0.7 0.3 1.6 1.4 7.6
1997-98 19 LAL 79 1 26.0 4.9 11.6 .428 0.9 2.8 .341 4.0 8.8 .456 .469 4.6 5.8 .794 1.0 2.1 3.1 2.5 0.9 0.5 2.0 2.3 15.4
1998-99 20 LAL 50 50 37.9 7.2 15.6 .465 0.5 2.0 .267 6.7 13.6 .494 .482 4.9 5.8 .839 1.1 4.2 5.3 3.8 1.4 1.0 3.1 3.1 19.9
1999-00※ 21 LAL 66 62 38.2 8.4 17.9 .468 0.7 2.2 .319 7.7 15.7 .489 .488 5.0 6.1 .821 1.6 4.7 6.3 4.9 1.6 0.9 2.8 3.3 22.5
2000-01※ 22 LAL 68 68 40.9 10.3 22.2 .464 0.9 2.9 .305 9.4 19.3 .489 .484 7.0 8.2 .853 1.5 4.3 5.9 5.0 1.7 0.6 3.2 3.3 28.5
2001-02※ 23 LAL 80 80 38.3 9.4 20.0 .469 0.4 1.7 .250 9.0 18.3 .489 .479 6.1 7.4 .829 1.4 4.1 5.5 5.5 1.5 0.4 2.8 2.9 25.2
2002-03 24 LAL 82 82 41.5 10.6 23.5 .451 1.5 4.0 .383 9.1 19.5 .465 .483 7.3 8.7 .843 1.3 5.6 6.9 5.9 2.2 0.8 3.5 2.7 30.0
2003-04 25 LAL 65 64 37.6 7.9 18.1 .438 1.1 3.3 .327 6.8 14.8 .463 .468 7.0 8.2 .852 1.6 3.9 5.5 5.1 1.7 0.4 2.6 2.7 24.0
2004-05 26 LAL 66 66 40.7 8.7 20.1 .433 2.0 5.9 .339 6.7 14.2 .472 .482 8.2 10.1 .816 1.4 4.5 5.9 6.0 1.3 0.8 4.1 2.6 27.6
2005-06 27 LAL 80 80 41.0 12.2 27.2 .450 2.3 6.5 .347 10.0 20.7 .482 .491 8.7 10.2 .850 0.9 4.4 5.3 4.5 1.8 0.4 3.1 2.9 35.4
2006-07 28 LAL 77 77 40.8 10.6 22.8 .463 1.8 5.2 .344 8.8 17.6 .497 .502 8.7 10.0 .868 1.0 4.7 5.7 5.4 1.4 0.5 3.3 2.7 31.6
2007-08 29 LAL 82 82 38.9 9.5 20.6 .459 1.8 5.1 .361 7.6 15.5 .490 .503 7.6 9.0 .840 1.1 5.2 6.3 5.4 1.8 0.5 3.1 2.8 28.3
2008-09※ 30 LAL 82 82 36.1 9.8 20.9 .467 1.4 4.1 .351 8.3 16.8 .496 .502 5.9 6.9 .856 1.1 4.1 5.2 4.9 1.5 0.5 2.6 2.3 26.8
2009-10※ 31 LAL 73 73 38.8 9.8 21.5 .456 1.4 4.1 .329 8.5 17.4 .487 .488 6.0 7.4 .811 1.1 4.3 5.4 5.0 1.5 0.3 3.2 2.6 27.0
2010-11 32 LAL 82 82 33.9 9.0 20.0 .451 1.4 4.3 .323 7.6 15.6 .487 .487 5.9 7.1 .828 1.0 4.1 5.1 4.7 1.2 0.1 3.0 2.1 25.3
2011-12 33 LAL 58 58 38.5 9.9 23.0 .430 1.5 4.9 .303 8.4 18.1 .464 .462 6.6 7.8 .845 1.1 4.3 5.4 4.6 1.2 0.3 3.5 1.8 27.9
2012-13 34 LAL 78 78 38.6 9.5 20.4 .463 1.7 5.2 .324 7.8 15.2 .510 .504 6.7 8.0 .839 0.8 4.7 5.6 6.0 1.4 0.3 3.7 2.2 27.3
2013-14 35 LAL 6 6 29.5 5.2 12.2 .425 0.5 2.7 .188 4.7 9.5 .491 .445 3.0 3.5 .857 0.3 4.0 4.3 6.3 1.2 0.2 5.7 1.5 13.8
2014-15 36 LAL 35 35 34.5 7.6 20.4 .373 1.5 5.3 .293 6.1 15.1 .401 .411 5.6 6.9 .813 0.7 4.9 5.7 5.6 1.3 0.2 3.7 1.9 22.3
2015-16 37 LAL 66 66 28.2 6.0 16.9 .358 2.0 7.1 .285 4.0 9.8 .410 .417 3.5 4.3 .826 0.6 3.1 3.7 2.8 0.9 0.2 2.0 1.7 17.6
通算     1346 1198 36.1 8.7 19.5 .447 1.4 4.1 .329 7.3 15.3 .479 .482 6.2 7.4 .837 1.1 4.1 5.2 4.7 1.4 0.5 3.0 2.5 25.0

プレイオフ

シーズン 年齢 所属 試合 先発 時間 FG FGA FG% 3P 3PA 3P% 2P 2PA 2P% eFG% FT FTA FT% ORB DRB TRB AST STL BLK TOV PF 得点
1996-97 18 LAL 9 0 14.8 2.3 6.1 .382 0.7 2.6 .261 1.7 3.6 .469 .436 2.9 3.3 .867 0.1 1.1 1.2 1.2 0.3 0.2 1.6 2.6 8.2
1997-98 19 LAL 11 0 20.0 2.8 6.9 .408 0.3 1.3 .214 2.5 5.6 .452 .428 2.8 4.1 .689 0.6 1.3 1.9 1.5 0.3 0.7 1.0 2.5 8.7
1998-99 20 LAL 8 8 39.4 7.6 17.8 .430 1.0 2.9 .348 6.6 14.9 .445 .458 3.5 4.4 .800 1.6 5.3 6.9 4.6 1.9 1.3 3.9 3.0 19.8
1999-00※ 21 LAL 22 22 39.0 7.9 17.9 .442 1.0 2.9 .344 6.9 15.0 .461 .470 4.3 5.7 .754 1.2 3.3 4.5 4.4 1.5 1.5 2.5 4.0 21.1
2000-01※ 22 LAL 16 16 43.4 10.5 22.4 .469 0.7 2.1 .324 9.8 20.3 .485 .485 7.8 9.4 .821 1.8 5.4 7.3 6.1 1.6 0.8 3.2 3.3 29.4
2001-02※ 23 LAL 19 19 43.8 9.8 22.7 .434 1.2 3.1 .379 8.7 19.6 .442 .459 5.8 7.6 .759 1.5 4.4 5.8 4.6 1.4 0.9 2.8 3.4 26.6
2002-03 24 LAL 12 12 44.3 11.4 26.4 .432 2.1 5.2 .403 9.3 21.3 .439 .472 7.2 8.7 .827 1.3 3.8 5.1 5.2 1.2 0.1 3.5 2.9 32.1
2003-04 25 LAL 22 22 44.2 8.6 20.9 .413 1.1 4.4 .247 7.5 16.5 .457 .439 6.1 7.5 .813 0.8 3.9 4.7 5.5 1.9 0.3 2.8 2.7 24.5
2005-06 27 LAL 7 7 44.9 10.3 20.7 .497 2.0 5.0 .400 8.3 15.7 .527 .545 5.3 6.9 .771 0.6 5.7 6.3 5.1 1.1 0.4 4.7 3.6 27.9
2006-07 28 LAL 5 5 43.0 12.0 26.0 .462 2.0 5.6 .357 10.0 20.4 .490 .500 6.8 7.4 .919 0.2 5.0 5.2 4.4 1.0 0.4 4.4 2.0 32.8
2007-08 29 LAL 21 21 41.1 10.6 22.0 .479 1.5 5.0 .302 9.0 17.0 .532 .514 7.5 9.2 .809 0.9 4.8 5.7 5.6 1.7 0.4 3.3 2.8 30.1
2008-09※ 30 LAL 23 23 40.9 10.5 23.0 .457 1.6 4.6 .349 8.9 18.4 .483 .492 7.6 8.6 .883 0.8 4.5 5.3 5.5 1.7 0.9 2.6 2.6 30.2
2009-10※ 31 LAL 23 23 40.1 10.2 22.2 .458 2.1 5.7 .374 8.0 16.5 .487 .506 6.7 8.0 .842 1.1 4.9 6.0 5.5 1.3 0.7 3.4 3.3 29.2
2010-11 32 LAL 10 10 35.4 8.3 18.6 .446 1.2 4.1 .293 7.1 14.5 .490 .478 5.0 6.1 .820 0.8 2.6 3.4 3.3 1.6 0.3 3.1 2.3 22.8
2011-12 33 LAL 12 12 39.7 11.0 25.1 .439 1.4 5.0 .283 9.6 20.1 .477 .467 6.6 7.9 .832 1.3 3.5 4.8 4.3 1.3 0.2 2.8 2.8 30.0
通算     220 200 39.3 9.2 20.5 .448 1.3 4.0 .331 7.8 16.4 .476 .480 6.0 7.4 .816 1.0 4.0 5.1 4.7 1.4 0.7 2.9 3.0 25.6

オールスター

チーム 出場 先発 時間 FGM FGA FG% 3P 3PA 3P% FTM FTA FT% OFF DEF TRB AST STL BLK PF TOV 得点
1998 West 1 1 22 7 16 .438 2 3 .667 2 2 1.000 2 4 6 1 2 0 1 1 18
2000 West 1 1 28 7 16 .438 1 4 .250 0 0 .000 1 0 1 3 2 0 3 1 15
2001 West 1 1 30 9 17 .529 1 2 .500 0 0 .000 2 2 4 7 1 0 3 3 19
2002 West 1 1 30 12 25 .480 0 4 .000 7 7 1.000 2 3 5 5 1 0 2 0 31
2003 West 1 1 36 8 17 .471 3 5 .600 3 6 .500 2 5 7 6 3 2 5 5 22
2004 West 1 1 36 9 12 .750 2 3 .667 0 1 .000 1 3 4 4 5 1 3 6 20
2005 West 1 1 29 7 14 .500 2 5 .400 0 0 .000 3 3 6 7 3 1 5 4 16
2006 West 1 1 26 4 11 .364 0 5 .000 0 0 .000 0 7 7 8 3 0 5 3 8
2007 West 1 1 28 13 24 .542 3 9 .333 2 2 1.000 1 4 5 6 4 1 0 6 31
2008 West 1 1 3 0 0 .000 0 0 .000 0 0 .000 0 1 1 0 0 0 0 0 0
2009 West 1 1 29 12 23 .522 3 8 .375 0 0 .000 1 3 4 4 4 0 0 1 27
2011 West 1 1 29.4 14 26 .538 2 7 .286 7 8 .875 10 4 14 3 3 0 2 4 37
2012 West 1 1 34.8 9 17 .529 2 5 .400 7 8 .875 0 1 1 1 2 0 2 1 27
2013 West 1 1 27.6 4 9 .444 0 3 .000 1 2 .500 2 2 4 8 2 2 2 1 9
2016 West 1 1 25.8 4 11 .364 1 5 .200 1 2 .500 1 5 6 7 1 0 1 1 10
合計 15 15 414.6 119 238 .500 22 68 .324 30 38 .789 28 47 75 70 36 7 34 37 290
平均 15 15 27.6 7.93 15.87 .500 1.47 4.53 .324 2.00 2.53 .789 1.87 3.13 5.00 4.67 2.40 0.47 2.27 2.47 19.33

国際大会

大会 出場 時間 FGM FGA FG% 3PM 3PA 3P% FTM FTA FT% TRB AST STL BLK PF TOV 得点 順位
2012 ロンドン五輪 8 17:18 3.8 8.8 .429 2.1 4.9 .436 2.5 2.8 .909 1.8 1.2 1.1 0.0 2.8 1.4 12.1
2012 エキシビション 5 21:00 2.8 7.0 .400 1.0 3.6 .278 1.6 2.0 .800 3.0 2.0 1.8 0.2 3.0 1.2 8.2
2008 北京五輪 8 23:30 6.0 13.0 .462 2.1 6.6 .321 0.9 1.5 .583 2.8 2.1 1.1 0.5 2.4 1.9 15.0
2007 FIBAアメリカ杯 10 19:54 5.1 9.3 .548 1.7 3.7 .459 3.4 3.9 .872 2.0 2.9 1.6 0.4 2.5 1.8 15.3
平均 31 20:20 4.6 9.7 .474 1.8 4.7 .381 2.2 2.7 .831 2.3 2.1 1.4 0.3 2.6 1.6 13.3
合計 31 630:28 143 302 .474 56 147 .381 69 83 .831 71 66 43 9 81 50 411

ローワー・メリオン高校

シーズン RPG APG SPG BPG 得点
94-95(Junior) 10.4 5.2 31.1
95-96(Senior) 12.0 6.5 4.0 3.8 30.8

高校(招待試合)

イベント 出場 時間 FGM FGA FG% 3PM 3PA 3P% FTM FTA FT% TRB AST STL BLK PF TOV 得点
1996 マクドナルド・オールアメリカン 1 00:00 0 0 .000 0 0 .000 0 0 .000 0 3 0 0 0 0 13
参照スタッツ
NBA:Basketball-Reference.com
オールスター / 招待試合 / 国際大会:RealGM
高校:pennlive.com

年俸(サラリー)

コービー・ブライアントの年俸総額(生涯年俸)は、323,312,307ドル。日本円にして約336億円となっている。この金額は、2020年時点でレブロン・ジェームズケビン・ガーネットに次ぐ、史上3位の数字となっている。コービー・ブライアントの年俸の推移は下記の通り。

シーズン 所属 ドル
2015/16 LAL $25,000,000 27億2千万
2014/15 LAL $23,500,000 28億4千万
2013/14 LAL $30,453,805 32億2千万
2012/13 LAL $27,849,149 27億2千万
2011/12 LAL $20,318,738 16億2千万
2010/11 LAL $24,806,250 19億8千万
2009/10 LAL $23,034,375 20億2千万
2008/09 LAL $21,262,500 19億9千万
2007/08 LAL $19,490,625 20億
2006/07 LAL $17,718,750 20億9千万
2005/06 LAL $15,946,875 18億4千万
2004/05 LAL $14,175,000 15億5千万
2003/04 LAL $13,500,000 14億5千万
2002/03 LAL $12,375,000 14億3千万
2001/02 LAL $11,250,000 14億
2000/01 LAL $10,130,000 12億3千万
1999/00 LAL $9,000,000 9億7千万
1998/99 LAL $1,319,000 1億5千万
1997/98 LAL $1,167,240 1億5千万
1996/97 LAL $1,015,000 1億2千万
総額 $323,312,307 336億
参照データ
年俸:HoopsHype / Spotrac
為替レート(年平均):MacroTrends

円換算の計算式
ドル年俸 × 当該年の為替レート(年平均)
※百万の位以下切り捨て

NBA 2K レーティング

コービー・ブライアントのNBA 2Kレーティングは以下の通り。

タイトル チーム レーティング
NBA2K21 2000年代オールスター 99
参照:2KRATINGS
※2Kレーティングとは、ゲームソフト「NBA 2K」内において選手の能力を数値化した指標。当該選手が複数チームに所属している場合は最高値を記載。

キャリアの概要

生い立ち〜高校時代

コービー・ブライアントは1978年8月23日ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれ。父親はNBAでプレイし、後に日本のプロリーグでヘッドコーチとして指揮をとったジョー・ブライアント。母親は元NBA選手ジョン・コックスの妹パミラ・コックス。コービー(KOBE)という名前の由来は、日本の神戸から。

コービーは父親がイタリアのプロリーグに移籍した関係で6歳からの7年間をイタリアで過ごし、バスケットボールの他サッカーにも親しんだ(コービーはACミランのファンとして知られている)。

アメリカに戻ったコービーはペンシルベニアのローワー・メリオン高校に入学。当初は適応に苦労し、チームの成績も4勝20敗と振るわなかった。

3年次に31.1得点、10.4リバウンド、5.2アシストの成績を残し一躍注目される存在に。4年次には平均30.8得点、12.0リバウンド、6.5アシスト、4.0スティール、3.8ブロックのスタッツを記録。チームは州チャンピオンに輝く。高校通算2,883得点はウィルト・チェンバレンが保持していたフィラデルフィアの高校得点記録を塗り替えるものだった。

▼高校時代のコービー・ブライアント ハイライト動画

NBA

キャリア初期

コービーは大学には進学せず、NBAドラフトへのエントリーを表明。1996年のドラフト13位でシャーロット・ホーネッツから指名を受ける。コービーの才能に可能性を見出した当時のGMジェリー・ウェストの計らいにより、コービーはドラフト直後にレイカーズのベテランセンター、ブラッディ・ディバッツとのトレードでレイカーズに入団。なお、この年のドラフトにはアレン・アイバーソンレイ・アレン、ステフォン・マーブリーなどがおり、史上有数の当たり年と言われた。

ルーキーシーズンのコービーは主にベンチからの出場で平均15.5分、7.6得点のスタッツを記録。オールスターのスラムダンクコンテストに出場し史上最年少での優勝を飾った(18歳169日)。

2年目の1997-98シーズンもベンチからの出場ながら平均26分まで出場時間を伸ばし、15.4得点、3.1リバウンド、2.5アシストの成績を残す。NBAオールスターに初選出され、憧れの存在であったマイケル・ジョーダンとマッチアップした。

▼コービーが優勝したスラムダンクコンテストの動画(ESPN)

シャックとのコンビで3連覇

コービーは3年目からスターターに定着。以降、引退するまで出場試合全てで先発することになる。

4年目からは平均スタッツが20得点を超えるようになり、チームは1999-2000シーズンから3連覇を達成。フィル・ジャクソンヘッドコーチの下、シャキール・オニールとのコンビでリーグを席巻した。

ただし、この時のレイカーズはあくまでもシャキール・オニールがチームの第1オプションであり、ファイナルMVPもシャックが3回全てを受賞している。

レイカーズ王朝の陰り

2002-03シーズン以降、コービーとシャックの関係悪化もありレイカーズはその絶対的な強さに陰りを見せ始める。プレイオフではカンファレンス準決勝でスパーズに敗れた。コービー自身は平均30.0得点を残し初の30点台を達成。ウィザースに所属していたマイケル・ジョーダンとの最後の対戦ではシーズンハイの55得点を挙げた。

2003-04シーズンはカール・マローンゲイリー・ペイトンを補強するもファイナルでピストンズに敗れ王座奪還はならず。オフシーズンにシャックが退団しレイカーズ王朝は終焉を迎えた。

エースとして2連覇

シャックが抜けたレイカーズは低迷を続けるもコービー個人は2006年1月26日のトロント・ラプターズ戦でウィルト・チェンバレンの100得点に次ぐ歴代2位の81得点を挙げるなど、スコアラーとして歴史に名を残す活躍を見せる。

パウ・ガソルを獲得した2007-08シーズン、5年ぶりにファイナルに進出。ケビン・ガーネット、レイ・アレン、ポール・ピアースのセルティックスに敗れ優勝はならなかった。

2008-09シーズンにはファイナルでオーランド・マジックを破り優勝。初のファイナルMVPに輝く。翌2009-10シーズンはファイナルでセルティックスを破り2連覇を達成。コービーは2年連続のファイナルMVPに輝いた。

怪我との戦い〜引退

2連覇以降、コービーは怪我による度重なる手術で万全のコンディションで試合に臨むことができなくなり、チームも低迷。2013-14シーズンは6試合、2014-15シーズンは35試合の出場に留まった。

2015年11月29日、コービーは今シーズン限りでの引退を表明。アウェイにもかかわらず、各地でスタンディングオベーションを受けるなど、ラストシーズンは引退ツアーの様相を呈した。

引退試合となった4月13日のユタ・ジャズ戦で61得点を記録。37歳での60得点以上はNBAレコードであり、キャリアの最後に大きな衝撃を与えた。

▼コービー・ブライアント TOP100プレイ

オリンピック

コービー・ブライアントは北京(2008)、ロンドン(2012)と2大会連続でオリンピックに出場し、共に金メダルを獲得。

当時のアメリカ代表のチームメイトには、レブロン・ジェームズカーメロ・アンソニードウェイン・ウェイドクリス・ポールケビン・デュラントらがいた。

▼コービー・ブライアント オリンピックでのプレイ集

裁判

コービーは2003年7月17日に当時19歳の女性に対する性的暴行の容疑で逮捕(直ちに釈放)。刑事裁判では原告が証言を拒否したため告訴は棄却。その後の民事裁判では2005年に示談となった。

コービーは性的暴行の罪を否定し、お互いに合意の上であったと主張したものの、裁判後の声明で相手の女性が同意していなかった可能性について認め、公式に謝罪している。

私たちの接触は合意の上だったと心から信じているが、この出来事に対する見方が彼女と私とで違っていることが認識できた。何ヶ月も証拠を検証し、彼女の代理人や本人の証言を聞いて、彼女が同意していなかったことが漸く理解できた。

(引用元):コービー・ブライアントが残した3つの問い(後編) | SPORTING NEWS

参考
性的暴行疑惑があるコービーのオスカー受賞、タイミングは最悪? | SPORTING NEWS
コービー・ブライアントが残した3つの問い(後編) | SPORTING NEWS

引退後

引退後は映画製作や絵本の制作、マンバアカデミーの設立による若い世代の指導など、精力的に活動。

将来WNBAを目指していた次女のジアナ(Gianna Maria-Onore Bryant)を連れてコートサイドでゲームを見守るなど、家族との時間を大切にする「父親」としての顔も見せた。

自身の半生を描いたアニメーション作品『親愛なるバスケットボール』(Dear Basketball)で90回アカデミー短編アニメ賞を受賞し話題となった。

突然の死

2020年1月26日、所有していたヘリコプターの墜落事故により死去。わずか41年の生涯に幕を閉じる。ヘリコプターにはコービーとその娘・ジアナの他、9人が同乗しており全員が亡くなった。

▼コービー最後のツイートは自身の通算得点記録を抜き歴代3位に浮上したレブロン・ジェームズへの祝福の言葉

2020年2月24日にはステイプルズ・センターにて追悼式典が開かれ、バネッサ夫人や盟友シャキール・オニール、マイケル・ジョーダンらが登壇しコービーへの思いを語った。

crying-jordan マイケル・ジョーダンがコービーの追悼式典で涙。最高の「兄」になろうとしたと語る

▼コービー・ブライアントのキャリアを振り返る動画(NBA公式)

コービー・ブライアントのバッシュ

コービー・ブライアントはキャリア初期にアディダスと契約。「Adidas KB8」、「Adidas The KOBE」などのシグネチャーモデルをリリースした。

アディダスとの契約解消後の2003年にはナイキと契約し、シグネチャーライン「Nike Kobe シリーズ」をリリース。引退後の現在も新しいモデルが発表されている。

▼コービー・ブライアントの歴代バッシュ、シグネチャーモデルについてはこちら

Kobe 1 Protro 2005 コービー・ブライアントの歴代バッシュ、シグネチャーまとめ

エピソード

  • 2020年9月4日発売のNBA 2Kシリーズ「NBA 2K21」にてカバーアスリートを務めた。コービーが表紙を飾るエディションは、「“マンバ フォーエバー”エディション」と銘打たれている。

コービー・ブライアント関連の記事