NBA 2K21 情報まとめ

【マイケル・ジョーダン】プロフィール / スタッツ / ニュース

マイケル・ジョーダン プロフィール

史上最高の選手(GOAT)と評されるマイケル・ジョーダン。シカゴ・ブルズを6度のNBAチャンピオンに導き、個人としても5度のシーズンMVP、10度の得点王に輝くなど、その実績と人々の記憶に深く刻まれる華麗なプレイからバスケットボールの神様とも呼ばれています。

以下、マイケル・ジョーダンのプロフィール、受賞歴、経歴、スタッツ(大学・NBA・オリンピック)をまとめました。

マイケル・ジョーダン
本名 Michael Jeffrey Jordan
愛称 エア・ジョーダン、MJ、神様、GOAT
ポジション SG(シューティングガード) / SF(スモールフォワード)
身長 198cm(6フィート6インチ)
体重 98kg(216 lbs)
背番号 23 / 45
生年月日 1963年2月17日
出生地 ニューヨーク州ニューヨーク市ブルックリン区
略歴
1984-1993 シカゴ・ブルズ
1995-1998 シカゴ・ブルズ
2001-2003 ワシントン・ウィザーズ
NBAドラフト 1984年3位
出身校 ノースカロライナ大学
受賞歴・実績
NBAチャンピオン 6回
NBAファイナルMVP 6回
シーズンMVP 5回
最優秀守備選手賞 1回(1988)
得点王 10回
スティール王 3回
NBAオールスター 14回
オールスターMVP 3回
スラムダンクコンテスト優勝 2回
オールNBAチーム1stチーム 10回
オールNBA2ndチーム 1回(1985)
オールディフェンシブ1stチーム 9回
新人王(ルーキーオブザイヤー) 1985
オリンピック 金メダル2つ(1984、1992)
バスケットボール殿堂 2009年
CAREER STATS
得点 リバウンド アシスト
30.1 6.2 5.3

経歴

出生〜ノースカロライナ大学

マイケル・ジョーダンは1963年2月17日、ニューヨーク市ブルックリン生まれ。ノースカロライナ大学1年次にNCAAトーナメント決勝でウィニング・ショットを沈め一躍全米にその名を轟かせる。大学では3年間プレイし、NBAドラフトへのアーリーエントリーを表明。

▼残り17秒で決勝シュートを放つノースカロライナ大1年のマイケル・ジョーダン

ブルズ入団。1度目の3連覇

1984年のNBAドラフトで3位指名を受けシカゴ・ブルズに入団。スコッティ・ピッペン(1987年入団)らと共にブルズを弱小チームからNBA史上屈指の強豪チームへと成長させ1991年に初優勝。その後3連覇(スリーピート)を達成。

1度目の引退。MLB挑戦

1993年7月23日、父・ジェームズが強盗目的の18歳の男2人に襲われ殺害される。10月、ジョーダンは引退を表明。引退の理由については先述の父の死、問題となっていた自身のギャンブルに関する捜査を逃れるため、当時のNBAコミッショナー・デビッドスターンによる謹慎処分(ジョーダン、スターン共に否定)といった様々な憶測が流れた。ジョーダン自身は「父が亡くなり、休息が必要だったんだ」とドキュメンタリー「ラストダンス」内のインタビューで語っている。

ジョーダンは幼い頃からの夢であり父が好きだった野球への挑戦を表明。作家・マーク・ヴァンシルによると、ジョーダンは1992年夏の時点で3連覇達成後にバスケットボールを引退し野球選手になるという計画をすでに持っていたという(ラストダンス第7話)。ジョーダンはMLBを目標に据えシカゴ・ホワイトソックス傘下AAのバーミンガム・バロンズでプレイ。

野球選手時代のジョーダンは127試合に出場し、打率2割2厘、30盗塁、3ホームラン、51打点の成績を残した。

2度目の3ピート

1995年3月、「I’m back.」の言葉とともに電撃復帰。プレイオフではシャック&ペニー時代のオーランド・マジックの前に苦杯を舐め、カンファレンス・セミファイナル敗退。

オフシーズンにバスケット仕様の身体に鍛え直したジョーダン率いるブルズは、デニス・ロッドマンが加入した新たなメンバーで1995-96シーズンに臨む。レギュラーシーズンで72勝10敗という当時のレコードを記録し、その年のファイナルを制覇。その後2度目の3連覇(スリーピート)を達成したジョーダンは1998年に2度目の引退。

ウィザーズ時代と3度目の引退

ワシントン・ウィザーズのオーナーを務めていたジョーダンは、2001年に現役復帰。コービー・ブライアントポール・ピアースら若手選手と競い合い、オールスターにも選出。40歳までプレイし2003年に3度目の引退(その年のドラフトでレブロン・ジェームズが全体1位でNBA入り。直接対決はならなかった)。

オリンピック

パトリック・ユーイングなど大学トップ選手を揃えた1984年のロサンゼルスオリンピックのアメリカ代表に選ばれ金メダルを獲得。1992年にはマジック・ジョンソンラリー・バードらとともに「ドリームチーム」を結成し金メダルを獲得した。

引退後

引退後のジョーダンはビジネスの世界で成功を収め、元スポーツ選手の中でもトップのビリオネアとなった。

自身の名を冠した「ジョーダン」ブランドは世界的な人気を獲得し、現在でもエア・ジョーダンシリーズの最新作が発売され続けている。

八村塁ザイオン・ウィリアムソンルカ・ドンチッチなどの若手選手もジョーダンブランドと契約している。

2010年3月にはシャーロット・ボブキャッツ(現シャーロット・ホーネッツ)を買収。元選手として初めてNBA球団の筆頭オーナーとなった。

▼マイケル・ジョーダンのキャリア(NBA公式チャンネル)

スタッツ(個人成績)

優勝シーズン 太字 キャリアハイ 青色 リーグ1位 黄色 NBA歴代1位

※横にスクロールできます。

NBA

レギュラーシーズン

シーズン チーム 試合 先発 時間 FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG 得点
84-85 CHI 82 82 38.3 .515 .173 .845 6.5 5.9 2.4 .8 28.2
85-86 CHI 18 7 25.1 .457 .167 .840 3.6 2.9 2.1 1.2 22.7
86-87 CHI 82 82 40.0 .482 .182 .857 5.2 4.6 2.9 1.5 37.1
87-88 CHI 82 82 40.4 .535 .132 .841 5.5 5.9 3.2 1.6 35.0
88-89 CHI 81 81 40.2 .538 .276 .850 8.0 8.0 2.9 .8 32.5
89-90 CHI 82 82 39.0 .526 .376 .848 6.9 6.3 2.8 .7 33.6
90-91※ CHI 82 82 37.0 .539 .312 .851 6.0 5.5 2.7 1.0 31.5
91-92※ CHI 80 80 38.8 .519 .270 .832 6.4 6.1 2.3 .9 30.1
92-93※ CHI 78 78 39.3 .495 .352 .837 6.7 5.5 2.8 .8 32.6
94-95 CHI 17 17 39.3 .411 .500 .801 6.9 5.3 1.8 .8 26.9
95-96※ CHI 82 82 37.7 .495 .427 .834 6.6 4.3 2.2 .5 30.4
96-97※ CHI 82 82 37.9 .486 .374 .833 5.9 4.3 1.7 .5 29.6
97-98※ CHI 82 82 38.8 .465 .238 .784 5.8 3.5 1.7 .5 28.7
01-02 WAS 60 53 34.9 .416 .189 .790 5.7 5.2 1.4 .4 22.9
02-03 WAS 82 67 37.0 .445 .291 .821 6.1 3.8 1.5 .5 20.0
通算 1072 1039 38.3 .497 .327 .835 6.2 5.3 2.3 .8 30.1

プレイオフ

ジョーダンはディフェンスがより激しくなるプレイオフの平均得点がレギュラーシーズンの数字を上回っている。

シーズン チーム 試合 先発 時間 FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG 得点
1985 CHI 4 4 42.8 .436 .125 .828 5.8 8.5 2.8 1.0 29.3
1986 CHI 3 3 45.0 .505 1.00 .872 6.3 5.7 2.3 1.3 43.7
1987 CHI 3 3 42.7 .417 .400 .897 7.0 6.0 2.0 2.3 35.7
1988 CHI 10 10 42.7 .531 .333 .869 7.1 4.7 2.4 1.1 36.3
1989 CHI 17 17 42.2 .510 .286 .799 7.0 7.6 2.5 .8 34.8
1990 CHI 16 16 42.1 .514 .320 .836 7.2 6.8 2.8 .9 36.7
1991※ CHI 17 17 40.5 .524 .385 .845 6.4 8.4 2.4 1.4 31.1
1992※ CHI 22 22 41.8 .499 .386 .857 6.2 5.8 2.0 .7 34.5
1993※ CHI 19 19 41.2 .475 .389 .805 6.7 6.0 2.1 .9 35.1
1995 CHI 10 10 42.0 .484 .367 .810 6.5 4.5 2.3 1.4 31.5
1996※ CHI 18 18 40.7 .459 .403 .818 4.9 4.1 1.8 .3 30.7
1997※ CHI 19 19 42.3 .456 .194 .831 7.9 4.8 1.6 .9 31.1
1998※ CHI 21 21 41.5 .462 .302 .812 5.1 3.5 1.5 .6 32.4
通算 179 179 41.8 .487 .332 .828 6.4 5.7 2.1 .9 33.4

参照:Michael Jordan Stats | Basketball-Reference.com

大学

シーズン チーム 試合 先発 時間 FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG 得点
81-82 UNC 34 31.7 .534 .722 4.4 1.8 1.2 .2 13.5
82-83 UNC 36 30.9 .535 .447 .737 5.5 1.6 2.2 .8 20.0
83-84 UNC 31 29.5 .551 .779 5.3 2.1 1.6 1.1 19.6
通算 101 30.8 .540 .447 .748 5.0 1.8 1.7 .7 17.7

参照:Michael Jordan College Stats | College Basketball at Sports-Reference.com

高校

マイケル・ジョーダンの高校時代のスタッツで確認できたのは、1981年に開催されたマクドナルド・オールアメリカン・ゲームのスコア。30得点を挙げる活躍を見せている。

Year イベント 試合 時間 FGM FGA FG% 3PM 3PA 3P% FTM FTA FT% REB AST STL BLK PF TOV 得点
1981 McDonalds All-American 1 00:00 13 19 .684 0 0 .000 4 4 1.000 0 4 6 0 0 0 30

参照:RealGM

オリンピック

1992バルセロナオリンピック、1984ロサンゼルスオリンピックのスタッツは下記の通り。

Year 試合 時間 FGM FGA FG% 3PM 3PA 3P% FTM FTA FT% REB AST STL BLK PF TOV 得点 順位
1992 8 23:05 6.4 14.1 .451 0.5 2.4 .211 1.6 2.4 .684 2.4 4.8 4.6 0.5 1.8 1.2 14.9
1984 8 21:30 7.5 13.8 .545 0.0 0.0 .000 2.1 3.2 .654 3.0 2.0 1.5 0.9 2.9 2.8 17.1

参照:RealGM

ニュース / 記事

the last dance マイケル・ジョーダンのドキュメンタリー「ラストダンス」を楽しむための予備知識 crying-jordan マイケル・ジョーダンがコービーの追悼式典で涙。最高の「兄」になろうとしたと語る マイケル・ジョーダン マリーク・モンクの頭をはたく 神様マイケル・ジョーダン、喜び過ぎた若手の頭をはたく。