NBA 2K21 情報まとめ

【トニー・クーコッチ】プロフィール / スタッツ〜ブルズ王朝を支えたシックスマン

トニー・クーコッチ

210cmを超える身長に高いオフェンススキルを兼ね備えNBAで13シーズンに渡りプレイしたトニー・クーコッチ(Toni Kukoč)。シカゴ・ブルズ時代にはマイケル・ジョーダンスコッティ・ピッペンに続く第3の得点源として3連覇に貢献しました。ユーゴスラビア、クロアチア代表として国際大会でも活躍したヨーロッパを代表するバスケットボール選手の1人です。以下、トニー・クーコッチのプロフィール、スタッツ、キャリア概要をまとめました。

トニー・クーコッチの身長・プロフィール

トニー・クーコッチ
本名 Toni Kukoč
ポジション SF(スモールフォワード) / PF(パワーフォワード)
身長 210.8cm(6フィート 11インチ)
体重 106.6kg(235 lbs)
生年月日 1968年9月18日
出身地 ユーゴスラビア・スプリト
キャリア
2002-2006 ミルウォーキー・バックス
2000-2002 アトランタ・ホークス
1999-2000 フィラデルフィア・76ers
1993-1999 シカゴ・ブルズ
1991-1993 パラカネストロ・トレヴィーゾ
1985-1991 KK Jugoplastika
NBAドラフト 1990年29位
受賞歴・実績
NBAチャンピオン 3回(1996-1998)
シックスマン賞 1996
オールルーキー2ndチーム 1994
ユーロリーグチャンピオン 3回(1989-1991)
オリンピック 銀メダル2つ(1988, 1992)
FIBAワールドチャンピオンシップMVP 1990

参照
NBA.com/Stats | Toni Kukoc
TONI KUKOC | ESPN

キャリアの概要

旧ユーゴスラビア・スプリト出身のトニー・クーコッチは、早くからその才能を発揮し国際大会で活躍。ユーロリーグで3回の優勝を果たすなど、キャリア初期はヨーロッパで着実に実績を積み重ねていった。NBA入り前の1992年にはバルセロナオリンピックで後のチームメイトとなるジョーダン、ピッペンらを擁するドリームチームと決勝で対戦した(結果は85-117で敗れ銀メダル)。

1993年、マイケル・ジョーダン1度目の引退の時期にシカゴ・ブルズに入団。2年目には平均15.7得点、5.4リバウンド、4.6アシスト、1.3スティールとオールラウンドな活躍を見せる。ジョーダンが本格復帰しデニス・ロッドマンが加入した1995-96シーズンからはシックスマンの役割を担い3連覇に貢献した。1996年、シックスマン賞を受賞。

その後も貴重なベンチプレイヤーとしてフィラデルフィア、アトランタ、ミルウォーキーでプレイし、2006年に引退した。

まだヨーロッパ出身のNBA選手が少なかった時代に確かな足跡を残し、ブルズ時代のチームメイトであるスコッティ・ピッペンからは「トニー・クーコッチは間違いなく殿堂入りに値する」と評されている。

スタッツ(成績)

優勝シーズン 太字 キャリアハイ

※横にスクロールできます。

NBA(レギュラーシーズン)

シーズン チーム 試合 先発 時間 FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG 得点
93–94 CHI 75 8 24.1 .431 .271 .743 4.0 3.4 1.1 0.4 10.9
94–95 CHI 81 55 31.9 .504 .313 .748 5.4 4.6 1.3 0.2 15.7
95–96※ CHI 81 20 26.0 .490 .403 .772 4.0 3.5 0.8 0.3 13.1
96–97※ CHI 57 15 28.2 .471 .331 .770 4.6 4.5 1.1 0.5 13.2
97–98※ CHI 74 52 30.2 .455 .362 .708 4.4 4.2 1.0 0.5 13.3
98–99 CHI 44 44 37.6 .420 .285 .740 7.0 5.3 1.1 0.3 18.8
99–00 CHI 24 23 36.2 .381 .231 .761 5.4 5.2 1.8 0.8 18.0
99–00 PHI 32 8 28.6 .438 .289 .673 4.5 4.4 1.0 0.3 12.4
00–01 PHI 48 5 20.4 .458 .410 .591 3.4 1.9 0.7 0.1 8.0
00–01 ATL 17 14 36.4 .492 .481 .681 5.7 6.2 0.8 0.3 19.7
01–02 ATL 59 9 25.3 .419 .310 .712 3.7 3.6 0.8 0.3 9.9
02–03 MIL 63 0 27.0 .432 .361 .706 4.2 3.7 1.3 0.5 11.6
03–04 MIL 73 0 20.8 .417 .292 .729 3.7 2.7 0.8 0.3 8.4
04–05 MIL 53 6 20.7 .410 .362 .721 3.0 3.0 0.7 0.2 5.6
05–06 MIL 65 0 15.7 .389 .306 .714 2.3 2.1 0.5 0.3 4.9
通算 846 259 26.3 .447 .335 .729 4.2 3.7 1.0 0.3 11.6

NBA(プレイオフ)

シーズン チーム 試合 先発 時間 FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG 得点
1994 CHI 10 0 19.4 .448 .421 .735 4.0 3.6 0.5 0.3 9.3
1995 CHI 10 10 37.2 .477 .438 .692 6.8 5.7 1.0 0.2 13.8
1996※ CHI 15 5 29.3 .391 .191 .838 4.2 3.9 0.9 0.3 10.8
1997※ CHI 19 0 22.3 .360 .358 .707 2.8 2.8 0.7 0.2 7.9
1998※ CHI 21 17 30.3 .486 .377 .645 3.9 2.9 1.2 0.5 13.1
2000 PHI 10 0 25.7 .419 .324 .588 3.1 1.7 1.0 0.3 9.3
2003 MIL 6 0 30.7 .492 .379 .700 4.2 3.7 2.2 0.2 14.8
2004 MIL 5 0 21.0 .500 .333 .500 2.8 0.8 0.6 0.4 8.4
2006 MIL 3 0 17.7 .571 .625 .500 1.7 3.0 0.3 0.0 7.3
通算 99 32 26.9 .440 .342 .697 3.9 3.2 1.0 0.3 10.7

参照:Toni Kukoč Stats | Basketball-Reference.com

国際大会

大会 出場 時間 FGM FGA FG% 3PM 3PA 3P% FTM FTA FT% TRB AST STL BLK PF TOV 得点 順位
1996 アトランタオリンピック 8 36:37 4.6 12.0 .385 1.4 5.1 .268 5.5 7.2 .759 7.2 7.0 1.1 0.0 2.2 3.5 16.1 7位
1994 FIBA W杯 8 34:15 4.2 9.0 .472 0.9 2.2 .389 1.2 2.6 .476 5.9 6.8 1.8 0.0 1.4 4.1 11.0
1992 バルセロナオリンピック 8 31:59 4.1 8.9 .465 1.6 4.0 .406 1.6 2.4 .684 3.1 6.0 2.6 0.1 2.5 2.5 11.5
1988 ソウルオリンピック 6 19:10 1.8 5.2 .355 0.3 2.0 .167 0.7 1.3 .500 3.3 1.3 1.2 0.3 2.0 0.5 4.7
平均 30 31:15 3.8 9.0 .426 1.1 3.4 .320 2.4 3.5 .670 5.0 5.5 1.7 0.1 2.0 2.8 11.2
合計 30 937:57 115 270 .426 33 103 .320 71 106 .670 150 166 51 3 61 84 337

参照:RealGM

▼1997-98シーズンのシカゴ・ブルズとマイケル・ジョーダンに迫ったドキュメンタリー、「ラストダンス」についてはこちら。

the last dance マイケル・ジョーダンのドキュメンタリー「ラストダンス」を楽しむための予備知識