ジョエル・エンビード / バッシュ / スタッツ / 年俸

ジョエル・エンビード

ジョエル・エンビード(Joel Embiid 1994 – )のプロフィール、経歴、試合で着用しているバッシュ、スタッツ(NBA / 大学 / 高校)、年俸、NBA 2Kレーティングを紹介します。
Joel Embiid
愛称 ザ・プロセス
身長 / 体重 213cm / 127kg(
生年月日 1994年3月16日
出身 カメルーン共和国中央州ヤウンデ
ポジション C(センター)
シューズ アンダーアーマー(2020-)
SNS Twitter / Instagram
略歴
2014- フィラデルフィア・76ers
出身校 カンザス大学
NBAドラフト 2014年1巡目3位(PHI)

受賞歴・実績

  • 3 × オールスター
  • 2 × オールNBA2ndチーム
  • 2 × オールディフェンシブ2ndチーム
  • オールルーキー1stチーム

スタッツ(成績)

最終更新:2021年2月20日 / 最新スタッツ:StatMuse

NBA(レギュラーシーズン)

シーズン 所属 出場 先発 時間 FG FGA FG% 3P 3PA 3P% FT FTA FT% ORB DRB TRB AST STL BLK TOV PF 得点
2016-17 PHI 31 31 25.4 6.5 13.8 46.6 1.2 3.2 36.7 6.2 7.9 78.3 2.0 5.9 7.8 2.1 0.9 2.5 3.8 3.6 20.2
2017-18 PHI 63 63 30.3 8.1 16.8 48.3 1.0 3.4 30.8 5.7 7.4 76.9 2.3 8.7 11.0 3.2 0.6 1.8 3.7 3.3 22.9
2018-19 PHI 64 64 33.7 9.1 18.7 48.4 1.2 4.1 30.0 8.2 10.1 80.4 2.5 11.1 13.6 3.7 0.7 1.9 3.5 3.3 27.5
2019-20 PHI 51 51 29.5 7.5 15.7 47.7 1.1 3.4 33.1 6.9 8.5 80.7 2.8 8.9 11.6 3.0 0.9 1.3 3.1 3.4 23.0
2020-21 PHI 24 24 32.6 9.8 17.8 54.7 1.2 2.9 40.0 9.9 11.6 85.3 2.1 9.0 11.0 3.2 1.3 1.3 3.4 2.5 30.5
Career   233 233 30.6 8.2 16.8 48.7 1.1 3.5 32.6 7.1 8.9 80.1 2.4 9.0 11.4 3.1 0.8 1.7 3.5 3.3 24.6

NBA(プレイオフ)

シーズン 所属 出場 先発 時間 FG FGA FG% 3P 3PA 3P% FT FTA FT% ORB DRB TRB AST STL BLK TOV PF 得点
2017-18 PHI 8 8 34.8 7.5 17.3 43.5 1.0 3.6 27.6 5.4 7.6 70.5 2.9 9.8 12.6 3.0 0.9 1.8 3.6 3.9 21.4
2018-19 PHI 11 11 30.4 6.2 14.5 42.8 1.1 3.5 30.8 6.7 8.2 82.2 1.9 8.5 10.5 3.4 0.7 2.3 3.6 3.1 20.2
2019-20 PHI 4 4 36.3 8.5 18.5 45.9 1.0 4.0 25.0 12.0 14.8 81.4 2.8 9.5 12.3 1.3 1.5 1.3 3.8 4.5 30.0
Career   23 23 32.9 7.0 16.1 43.7 1.0 3.7 28.6 7.2 9.1 78.6 2.4 9.1 11.5 2.9 0.9 1.9 3.7 3.6 22.3

大学

シーズン 所属 Conf 試合 先発 時間 FG FGA FG% 2P 2PA 2P% 3P 3PA 3P% FT FTA FT% ORB DRB TRB AST STL BLK TOV PF 得点
2013-14 カンザス大 Big 12 28 20 23.1 3.8 6.1 .626 3.8 5.9 .639 0.0 0.2 .200 3.5 5.1 .685 2.3 5.8 8.1 1.4 0.9 2.6 2.4 3.4 11.2
通算 カンザス大   28 20 23.1 3.8 6.1 .626 3.8 5.9 .639 0.0 0.2 .200 3.5 5.1 .685 2.3 5.8 8.1 1.4 0.9 2.6 2.4 3.4 11.2

高校(招待試合)

イベント 出場 時間 FGM FGA FG% 3PM 3PA 3P% FTM FTA FT% TRB AST STL BLK PF TOV 得点
2013 Jordan Classic 1 19:00 1 6 .167 0 1 .000 2 4 .500 7 0 0 5 5 0 4
2013 Nike Hoop Summit 1 16:16 1 2 .500 0 0 .000 5 6 .833 7 2 0 1 4 0 7
参照スタッツ
NBA:Basketball-Reference.com
大学:College Basketball at Sports-Reference.com
招待試合:RealGM

ジョエル・エンビードの着用バッシュ

ジョエル・エンビードは2018年10月にアンダーアーマーと複数年契約を締結。アンダーアーマーにとってステフィン・カリーに続くビッグネームとの契約となった。2020年8月には、自身初のシグネチャーシューズとなるEmbiid One(エンビード1)をリリースし、NBAにおいてシグネチャーモデルを持つ数少ないビッグマンとなっている。なお、エンビードはアンダーアーマーとの契約以前にアディダスと契約していた。エンビードが着用するバッシュの一覧は以下の通り。

Under Armour Embiid One (エンビード1)

Under Armour Embiid One Origin

Under Armour Embiid One (エンビード1)は、エンビードが2020-21シーズンに着用しているローカット仕様のバッシュ。エンビード初のシグネチャーシューズとして2020年8月にリリースされた。ガードやフォワードのスター選手でなく、7フッターのビッグマンのシグネチャーモデルとして異彩を放っている。ただし、必ずしもインサイドプレイヤー向けのバッシュという位置づけではない。アンダーアーマーは、ビッグマンのプレイに耐えられる強さとガードプレイヤーに適した軽量さをアピールしており、特定のポジションに限定されない汎用性の高いモデルとなっている。

シグネチャーモデル以前

エンビード1が登場する以前、エンビードは「Under Armour Anatomix Spawn 2」、「Under Armour Anatomix Spawn Low 2019」、「Under Armour HOVR Havoc 2」などのアンダーアーマーのバッシュを着用している。アディダスと契約していたNBAキャリア初期は、「Adidas Mad Bounce」、「Adidas Light Em Up 2」などのバッシュを履いてプレイしていた。

▼画像タップで販売サイトに遷移します

年俸(サラリー)

2020-21シーズンのジョエル・エンビードの年俸(サラリー)は、29,542,010ドル。日本円にして約30億7千万円となっている。ジョエル・エンビード年俸の推移は下記の通り。

シーズン 所属 ドル
2020/21 PHI $29,542,010 30億7千万
2019/20 PHI $27,504,630 29億7千万
2018/19 PHI $25,467,250 27億7千万
2017/18 PHI $6,100,266 6億7千万
2016/17 PHI $4,826,160 5億4千万
2015/16 PHI $4,626,960 5億
2014/15 PHI $4,427,640 5億3千万
参照データ
年俸:HoopsHype
為替レート(年平均):MacroTrends

円換算の計算式
ドル年俸 × 当該年の為替レート(年平均)
※百万の位以下切り捨て

NBA 2K レーティング

ジョエル・エンビードNBA 2Kレーティングの推移は以下の通り。

タイトル シーズン チーム レーティング
2K 20 2019-20 PHI 94
2K 19 2018-19 PHI 93
2K 18 2017-18 PHI 90
2K 17 2016-17 PHI 77
2K 16 2015-16 PHI 76
2K 15 2014-15 PHI 77
最新レーティング:2KRATINGS
※2Kレーティングとは、ゲームソフト「NBA 2K」内において選手の能力を数値化した指標

経歴

バスケットボールとの出会い

ジョエル・エンビードは1994年3月16日、カメルーン共和国の首都ヤウンデに生まれる。子供の頃、ヨーロッパでプロのバレーボール選手としてプレイすることを思い描いていたエンビードだったが、ナイジェリア出身のレジェンド・センター、アキーム・オラジュワンに憧れて15歳からバスケットボールを始めた。その後に参加したバスケットボールキャンプで、同じカメルーン出身のNBA選手、ルック・バ・ア・ムーティにその才能を見出されたことでプロ選手になることを決意。翌年渡米し、アメリカの高校でプレイすることになった。

高校時代

エンビードはプレイタイムを求めて2年次に「The Rock School」へと転校。最終学年となったシニアイヤーには平均13.0得点、9.7リバウンド、1.9ブロックのスタッツを残す。主要リクルートサイトであるRivals.comで5つ星の評価を受けたエンビードは、カンザス大学への進学を決断した。

▼ジョエル・エンビード 高校時代のハイライト

カンザス大学

カンザス大学では1年間のみプレイし、平均11.2得点、8.1リバウンド、1.4アシスト、2.6ブロックのスタッツを記録。1年生ながらBig-12カンファレンスのディフェンシブ・プレイヤー・オブ・ザ・イヤーを獲得した。

NBA

キャリア初期

2014年のNBAドラフト1巡目3位でフィラデルフィア・76ersから指名を受け入団。怪我により最初の2シーズンを全休する。入団3年目にようやくNBAデビュー。シーズン途中の怪我により31試合の出場に留まったが、平均25.4分の出場ながら20.2得点、7.8ブロック、2.5ブロックのスタッツを残し能力の高さを示す。

2017-18シーズン

デビュー2年目となった2017-18シーズンには63試合の出場で平均22.9得点、11.0リバウンド、1.8ブロックでオールNBA2ndチームに選出され、NBAオールスターに初出場した。

2018-19シーズン

2018-19シーズンには、2018年の新人王ベン・シモンズとともにチームを牽引し平均27.5得点、13.6リバウンド、1.9ブロックを記録。優勝が狙えるタレントを揃えたシクサーズはカンファレンス・セミファイナルまで進出するもトロント・ラプターズとの第7戦でカワイ・レナードにブザービーターを沈められ敗退。あと一歩のところで勝利を逃したエンビードは試合後に涙を流した。

2019-20シーズン

2019-20シーズンは前シーズンに比べて得点、リバウンドなどの主要項目でスタッツを落とす。NBAバブルで開催されたプレイオフ1回戦ではボストン・セルティックスにスイープされ敗退。ベン・シモンズを欠く中、エンビードは攻守に奮闘するも勝負所でターンオーバーを犯すなど不完全燃焼のままシーズンを終えた。

▼2019-20シーズン ハイライト