NBAドラフトの歴史・歴代1位指名一覧

NBAドラフト2020

NBAドラフトの歴史、歴代1位指名選手、1位指名選手の新人王受賞確率、ドラフト指名を受けた日本人選手について紹介します。

歴代1位指名一覧

NBAドラフトの歴代1位指名の一覧および各選手のルーキーイヤーのスタッツは下記の通り。

太字は新人王受賞者。成績はルーキーシーズンの数字。リンク先で各年の指名一覧、選手プロフィールを掲載しています。
名前 チーム 得点 REB AST 国籍 ポジション 出身大学・前所属
2021 ケイド・カニングハム DET USA PG オクラホマ州立大学
2020 アンソニー・エドワーズ MIN 19.3 4.7 2.9 USA SG ジョージア大学
2019 ザイオン・ウィリアムソン NOP 22.5 6.1 2.1 USA PF デューク大学
2018 ディアンドレ・エイトン PHX 16.3 10.3 1.8 BHS C アリゾナ大学
2017 マーケル・フルツ PHI 7.1 3.1 3.8 USA G ワシントン大学
2016 ベン・シモンズ PHI 15.8 8.1 8.2 AUS SF/PF ルイジアナ州立大学
2015 カール=アンソニー・タウンズ MIN 18.3 10.4 2.0 DOM PF/C ケンタッキー大学
2014 アンドリュー・ウィギンス CLE 16.9 4.6 2.1 CAN SG/SF カンザス大学
2013 アンソニー・ベネット CLE 4.2 3.0 0.3 CAN F UNLV
2012 アンソニー・デイビス NOP 13.5 8.2 1.0 USA PF/C ケンタッキー大学
2011 カイリー・アービング CLE 18.5 3.7 5.4 USA G デューク大学
2010 ジョン・ウォール WAS 16.4 4.6 8.3 USA G ケンタッキー大学
2009 ブレイク・グリフィン LAC 22.5 12.1 3.8 USA F オクラホマ大学
2008 デリック・ローズ CHI 16.8 3.9 6.3 USA G メンフィス大学
2007 グレッグ・オデン POR 8.9 7.0 0.5 USA C オハイオ州立大学
2006 アンドレア・バルニャーニ TOR 11.6 3.9 0.8 ITA PF/C パラカネストロ・トレヴィーゾ
2005 アンドリュー・ボーガット MIL 9.4 7.0 2.3 AUS C ユタ大学
2004 ドワイト・ハワード ORL 12.0 10.0 0.9 USA C サウスウェスト・アトランタ・クリスチャン校
2003 レブロン・ジェームズ CLE 20.9 5.5 5.9 USA F セント・ビンセント=セント・メアリー高校
2002 姚明(ヤオ・ミン) HOU 13.5 8.2 1.7 中国 C シャンハイ・シャークス
2001 クワミ・ブラウン WAS 4.5 3.5 0.8 USA C グリン・アカデミー高
2000 ケニオン・マーティン NJN 12.0 7.4 1.9 USA F シンシナティ大学
1999 エルトン・ブランド CHI 20.1 10.0 1.9 USA F デューク大学
1998 マイケル・オロウォカンディ LAX 8.9 7.9 0.6 NGA C パシフィック大学
1997 ティム・ダンカン SAS 21.1 11.9 2.7 USA PF/C ウェイクフォレスト大学
1996 アレン・アイバーソン PHI 23.5 4.1 7.5 USA G ジョージタウン大学
1995 ジョー・スミス GSW 15.3 8.7 1.0 USA F メリーランド大学
1994 グレン・ロビンソン MIL 21.9 6.4 2.5 USA F パーデュー大学
1993 クリス・ウェバー ORL 17.5 9.1 3.6 USA F ミシガン大学
1992 シャキール・オニール ORL 23.4 13.9 1.9 USA C ルイジアナ州立大学
1991 ラリー・ジョンソン CHA 19.2 11.0 3.6 USA F UNLV
1990 デリック・コールマン NJN 18.4 10.3 2.2 USA PF/C シラキュース大学
1989 パービス・エリソン SAC 8.0 5.8 1.9 USA C ルイビル大学
1988 ダニー・マニング LAC 16.7 6.6 3.1 USA F カンザス大学
1987 デビッド・ロビンソン SAS 24.3 12.0 2.0 USA C 海軍兵学校
1986 ブラッド・ドアティー CLE 15.7 8.1 3.8 USA C ノースカロライナ大学
1985 パトリック・ユーイング NYK 20.0 9.0 2.0 USA C ジョージタウン大学
1984 アキーム・オラジュワン HOU 20.6 11.9 1.4 NGA C ヒューストン大学
1983 ラルフ・サンプソン HOU 21.0 11.1 2.0 USA C バージニア大学
1982 ジェームズ・ウォージー LAL 13.4 5.2 1.7 USA F ノースカロライナ大学
1981 マーク・アギューレ DAL 18.7 4.9 3.2 USA F デポール大学
1980 ジョー・バリー・キャロル GSW 18.9 9.3 1.4 USA C パーデュー大学
1979 マジック・ジョンソン LAL 18.0 7.7 7.3 USA SG/SF ミシガン州立大学
1978 マイカル・トンプソン POR 14.7 8.3 2.4 BHS PF/C ミネソタ大学
1977 ケント・ベンソン MIL 7.7 4.3 1.4 USA C インディアナ大学
1976 ジョン・ルーカス HOU 11.1 2.7 5.6 USA G メリーランド大学
1975 デビッド・トンプソン ATL 26.0 6.3 3.7 USA SG/SF ノースカロライナ州立大学
1974 ビル・ウォルトン POR 12.8 12.6 4.8 USA C UCLA
1973 ダグ・コリンズ PHI 8.0 1.8 1.6 USA SG/SF イリノイ州立大学
1972 ラルー・マーチン POR 4.4 4.6 0.5 USA C ロヨラ大学
1971 オースティン・カー CLE 21.2 3.5 3.4 USA G ノートルダム大学
1970 ボブ・レイニア DET 15.6 8.1 1.8 USA C セント・ボナベンチャー大学
1969 カリーム・アブドゥル=ジャバー
(ルー・アルシンド)
MIL 28.8 14.5 4.1 USA C UCLA
1968 エルヴィン・ヘイズ SDR 28.4 17.1 1.4 USA PF/C ヒューストン大学
1967 ジミー・ウォーカー DET 8.8 1.7 2.8 USA G プロビデンス大学
1966 カジー・ラッセル NYK 11.3 3.3 2.4 USA SG/SF ミシガン大学
1965 フレッド・ヘツェル GOS 6.8 5.2 0.5 USA PF/C デイビッドソン大学
1964 ジム・バーンズ NYK 15.5 9.7 1.2 USA PF/C テキサス大学エルパソ校
1963 アート・ヘイマン NYK 15.4 4.0 3.4 USA SG/SF デューク大学
1962 ビル・マギー CHIZ 7.4 2.7 0.6 USA PF/C ユタ大学
1961 ウォルト・ベラミー CHIZ 31.6 19.0 2.7 USA C インディアナ大学
1960 オスカー・ロバートソン CIN 30.5 10.1 9.7 USA SG/SF シンシナティ大学
1959 ボブ・ブーザー CIN 8.4 6.2 1.4 USA F カンザス州立大学
1958 エルジン・ベイラー MINL 24.9 15.0 4.1 USA F シアトル大学
1957 ホット・ロッド・ハンドリー CIN 7.0 2.9 1.9 USA G ウェストバージニア大学
1956 シューゴ・グリーン ROR 11.5 5.2 3.6 USA SG/SF デュケイン大学
1955 ディック・リケッツ STH 8.9 7.2 3.0 USA SG/SF デュケイン大学
1954 フランク・セルヴィ BAL 19.0 5.5 3.5 USA PF/C ファーマン大学
1953 レイ・フェリックス BAL 17.6 13.3 1.1 USA SG/SF ロングアイランド大学
1952 マークー・ワークマン MIH 5.1 3.0 0.6 USA C ウェストバージニア大学
1951 ジーン・メルショーレ BAL USA G ブラッドレー大学
1950 チャック・シェアー BOS 3.9 5.3 1.0 USA C ボーリング・グリーン州立大学
1949 ハウィ・シャノン PRO 13.4 2.3 USA C カンザス州立大学
1948 アンディー・トンコヴィッチ PRO 2.6 0.6 USA SG/SF マーシャル大学
1947 クリフトン・マクニーリィ PIT USA テキサスウェズリヤン大学

ドラフト1位の新人王受賞者

シャキール・オニール マジック時代

1992-93シーズンの新人王 シャキール・オニール via:@NBAHistory

ドラフト1位指名選手の中で新人王(ルーキー・オブ・ザ・イヤー)を獲得した選手は23人。1位指名選手が新人王を獲得する確率は36.5%(23/63)となっている。

※2019年ドラフトまでの人数で計算

ドラフト1位の殿堂入り選手

アレン・アイバーソン 殿堂入りスピーチ

2016年に殿堂入りしたアレン・アイバーソン(1996年ドラフト1位) via:@NBAcom

NBAドラフト1位指名選手の中でバスケットボール殿堂入りしている選手は2021年2月時点で15人。1位指名選手が殿堂入りする確率は、23.8%(15/63)となっている。

日本人のドラフト指名

八村塁 NBAドラフト

日本人初の1巡目指名を受けた八村塁 via:@NBCSWizards

NBAドラフトで指名を受けた日本人プレイヤーは岡山恭崇、八村塁の2人。

227cmと規格外の高さを誇り、日本代表としても活躍した岡山恭崇は、1981年のNBAドラフト8巡目10位でゴールデンステイト・ウォリアーズから指名を受けた(入団はせず)。

日本人として初めてドラフトを経てNBAプレイヤーとなった八村塁は、2019年のNBAドラフト1巡目9位でワシントン・ウィザーズから指名を受け入団。1巡目指名かつロッタリーピックでのNBA入という快挙であった。

日本にルーツを持つ選手としては、日系アメリカ人のワッツ・ミサカ(Wat Misaka 本名:Wataru Misaka, 三阪亙)が1947年のNBAドラフトでニューヨック・ニックスから指名を受けた。ワッツ・ミサカは非白人選手初のNBAプレイヤーとしても知られている。

ワッツ・ミサカ

ユタ大学で活躍しNBA入りしたワッツ・ミサカ via:@nyknicks