NBAの年俸をランキングで紹介。平均はどれくらい?

ステフィン・カリー

プロスポーツの中でも屈指の高年俸で知られるNBA。特にスター選手の受け取る金額は高騰を続けています。NBA選手の年俸ランキングトップ50+α、ポジション別ランキング、平均年俸をまとめました。
ステフィン・カリー

2020-21シーズンのNBA最高年俸はステフィン・カリー PHOTO BY TechCrunch

NBAの年俸ランキング(2020-21)

2020-21シーズンの年俸ランキングの1位はゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーで日本円にして約44億7千万

以下、クリス・ポール、ラッセル・ウェストブルック、ジェームズ・ハーデン、ジョン・ウォールとトップ5をガードの選手が占めた。

レブロン・ジェームズは約40億7千万で6位。7位のケビン・デュラントまでが40億円以上となっている。トップ10は以下の通り。

NBA年俸トップ10(2020-21)

NBA 年俸ランキング トップ10 2020-21シーズン

各選手のスタッツや年俸の推移はリンク先を参照してください。

※1ドル104円で計算

NBA年俸11位-50位+α(2020-21)

年俸ランキング11位から50位までは下記の通り(八村塁を含む注目選手を加えています)。

順位 選手 年俸(円)
11 マイク・コンリー 35億8千万
12 ケンバ・ウォーカー 35億7千万
12 カワイ・レナード 35億7千万
12 ジミー・バトラー 35億7千万
15 トバイアス・ハリス 35億7千万
16 カイリー・アービング 34億7千万
17 クリス・ミドルトン 34億3千万
18 アンソニー・デイビス 34億
19 デイミアン・リラード 32億8千万
20 ケビン・ラブ 32億5千万
21 ベン・シモンズ 31億7千万
21 パスカル・シアカム 31億7千万
23 カイル・ラウリー 31億7千万
24 ニコラ・ヨキッチ 30億7千万
24 アンドリュー・ウィギンス 30億7千万
24 ジョエル・エンビード 30億7千万
27 クリスタプス・ポルジンギス 30億6千万
27 カール・アンソニー・タウンズ 30億6千万
27 デビン・ブッカー 30億6千万
30 CJ・マッカラム 30億5千万
31 ブラッドリー・ビール 29億9千万
31 アンドレ・ドラモンド 29億9千万
33 ディアンジェロ・ラッセル 29億7千万
34 ゴードン・ヘイワード 29億6千万
35 オットー・ポーター 29億6千万
36 デマー・デローザン 28億8千万
37 ヤニス・アデトクンボ 28億6千万
37 スティーブン・アダムズ 28億6千万
39 アル・ホーフォード 28億6千万
40 ジャマール・マレー 28億3千万
40 ブランドン・イングラム 28億3千万
42 ニコラ・ブーチェビッチ 27億
43 ドリュー・ホリデー 26億9千万
44 ルディ・ゴベール 26億8千万
45 バディ・ヒールド 25億9千万
46 ラマーカス・オルドリッジ 24億9千万
47 ジェイレン・ブラウン 24億6千万
48 ドレイモンド・グリーン 23億1千万
49 ハリソン・バーンズ 23億1千万
50 フレッド・バンブリート 22億1千万
119 ザイオン・ウィリアムソン 10億6千万
123 ジェイソン・テイタム 10億2千万
138 ジャ・モラント 9億5千万
147 RJ・バレット 8億5千万
150 ルカ・ドンチッチ 8億3千万
172 トレイ・ヤング 6億8千万
197 ドノバン・ミッチェル 5億4千万
216 八村塁 4億8千万

上記のランキングを見て分かる通り、年俸がそのまま選手の実力を反映しているわけではない。2シーズン連続でシーズンMVPを受賞したヤニス・アデトクンボは37位の約28億6千万。マイク・コンリー(11位:約35億8千万)、オット・ポーター(35位:29億6千万)、チームメイトのクリス・ミドルトン(17:34億3千万)よりも低い金額となっている(※ヤニスは2020年12月にNBA史上最高額の5年2億2820万ドルのスーパーマックス契約を締結。この契約は2021-22シーズンから適用される)。

ルーキー契約のベースとなるサラリーは近年上昇を続けていたため、ザイオン・ウィリアムソン、ジャ・モラント、RJ・バレットら2019年ドラフトの上位選手は、2018年ドラフトのルカ・ドンチッチ、トレイ・ヤングよりも高い年俸を受け取っている。2019年ドラフト9位の八村塁は約4億8千万円で全体216位にランクインした。

参照データ
年俸:HoopsHype / spotrac
為替レート(年平均):MacroTrends

円換算の計算式
ドル年俸 × 当該年の為替レート(年平均)
※百万の位以下切り捨て

ポジション別トップ5(2020-21)

各ポジションごとのランキング上位5選手は以下の通り。ポイントガードにリーグの年俸上位選手が集中していることが分かる。

ポイントガード(PG)

  • 1.ステフィン・カリー|全体1位(44億7千万円)
  • 2.クリス・ポール|全体2位(43億円)
  • 2.ラッセル・ウェストブルック|全体2位(43億円)
  • 4.ジョン・ウォール|全体4位(42億9千万円)
  • 5.マイク・コンリー|全体11位(35億8千万円)

シューティングガード(SG)

  • 1.ジェームズ・ハーデン|全体4位(42億9千万円)
  • 2.クレイ・トンプソン|全体10位(36億4千万円)
  • 3.デビン・ブッカー|全体27位(30億6千万円)
  • 4.CJ・マッカラム|全体30位(30億5千万円)
  • 5.ブラッドリー・ビール|全体31位(29億9千万円)

スモールフォワード(SF)

  • 1.レブロン・ジェームズ|全体6位(40億7千万円)
  • 2.ケビン・デュラント|全体7位(40億6千万円)
  • 3.ポール・ジョージ|全体9位(36億8千万円)
  • 4.カワイ・レナード|全体12位(35億7千万円)
  • 4.ジミー・バトラー|全体12位(35億7千万円)

パワーフォワード(PF)

  • 1.ブレイク・グリフィン|全体8位(38億2千万円)
  • 2.トバイアス・ハリス|全体15位(35億7千万円)
  • 3.アンソニー・デイビス|全体18位(34億円)
  • 4.ケビン・ラブ|全体20位(32億5千万円)
  • 5.パスカル・シアカム|全体21位(31億7千万円)

センター(C)

  • 1.ニコラ・ヨキッチ|全体24位(30億7千万円)
  • 1.ジョエル・エンビード|全体24位(30億7千万円)
  • 3.カール・アンソニー・タウンズ|全体27位(30億6千万円)
  • 4.アンドレ・ドラモンド|全体31位(29億9千万円)
  • 5.スティーブン・アダムズ|全体37位(28億6千万円)

平均年俸(2020-21)

Basketball-Reference.comによると、2020-21シーズンのNBAの平均年俸は7,927,838ドル。日本円にして約8億2千万円となっている。

中央値約4億円(3,827,040ドル)であることから、高額年俸と言われるNBAにおいてトップ選手とそうでない選手との年俸格差はかなり大きいことが分かる。

【随時更新予定】

おすすめ記事

NBA平均身長の推移 NBAの平均身長の推移と低身長・高身長ランキング