八村モデル登場!エアジョーダン35特集 >>

マジック・ジョンソン / 経歴 / スタッツ / ハイライト

マジック・ジョンソン

華麗なプレイで多くのファンを魅了したアービン・”マジック”・ジョンソン(Earvin Johnson Jr.)。ロサンゼルス・レイカーズ一筋でプレイし、ボストン・セルティックスのラリー・バードとのライバル関係はNBA人気の礎を築きました。引退後はビジネスの世界で成功を収めるなど、多彩な才能を発揮しています。以下、マジック・ジョンソンのプロフィール、実績、キャリアの概要、スタッツ(NBA・大学・オリンピック)をまとめました。– Image:@espn

MAGIC JOHNSON
身長 / 体重 206cm / 100kg(
生年月日 1959年8月14日
出身地 アメリカ合衆国ミシガン州ランシング
ポジション PG / F
背番号 32
Career Stats
得点 リバウンド アシスト
19.5 7.2 11.2

マジック・ジョンソンの略歴・実績

略歴
1979-1991 ロサンゼルス・レイカーズ
1996 ロサンゼルス・レイカーズ
NBAドラフト 1979年1位
出身校 ミシガン州立大学
受賞歴・実績
NBAチャンピオン 5回(1980, 1982, 1985, 1987, 1988)
NBAファイナルMVP 3回(1980, 1982, 1987)
シーズンMVP 3回(1987, 1989, 1990)
NBAオールスター(1980, 1982–1992) 12回
NBAオールスターMVP 2回(1990, 1992)
オールNBA1stチーム) 9回(1983–1991)
アシスト王 4回(1983, 1984, 1986, 1987)
スティール王 2回(1981, 1982)
NCAAチャンピオン 1979
オリンピック 金メダル(1992バルセロナ)

参照
MAGIC JOHNSON | ESPN
MAGIC JOHNSON | NBA.com/Stats

キャリアの概要

生い立ち

1959年8月14日、アメリカ合衆国ミシガン州ランシング生まれ。9人の兄弟姉妹に囲まれて育つ。父親はゼネラルモーターズの工場で働き、母親は学校の管理人をしていた。

朝の7時30分から練習に励むなど、子供の頃からバスケットボールに熱中していた。

高校時代

エベレット高校では、その独創的で華麗なプレイスタイルから「マジック」という愛称で呼ばれるようになる。4年次にはチームを27勝1敗の成績に導き、ミシガン州のタイトル獲得に貢献した。

ミシガン州立大学

ミシガン州立大学に進学したマジックは、1年目から活躍しチームは25勝5敗の好成績を残す。2年次には平均17.1得点、7.3リバウンド、8.4アシストの成績を残し、チームはNCAAトーナメント決勝に進出。

決勝戦では、ラリー・バード擁するインディアナ州立大学と対戦。カレッジバスケのスーパースター同士の対決は大きな注目を集めた。結果はマジックのミシガン州立大学が75-64で勝利。同大にとって初めてのNCAAトーナメント制覇となった。

▼1979年NCAAトーナメント決勝 ミシガン州立大 vs インディアナ州立大 ハイライト

ロサンゼルス・レイカーズ

キャリア初期

マジックはミシガン州立大学を2年で中退しNBA入りを表明。1979年のNBAドラフト全体1位でロサンゼルス・レイカーズに入団した。

ルーキーイヤー(1979-80年)は、1試合平均18得点、7.7リバウンド、7.3アシストを記録。新人王争いでは21.3得点、10.4リバウンド、4.5アシストのスタッツを残したラリー・バードに敗れた。

カリーム・アブドゥル=ジャバーらを擁したレイカーズはレギュラーシーズン60勝22敗の好成績を挙げNBAファイナルに進出。フィラデルフィア76ersとの間で争われたファイナル第6戦では、怪我で欠場したカリームに代わってマジックがセンターとして起用され、42得点、15リバウンド、7アシストと活躍。4勝2敗で撃破し1年目にして優勝を果たすとともに、ジョンソンは史上唯一のファイナルMVPを獲得したルーキーとなった。

3年目のシーズン(1981-1982年)にレイカーズは再びNBAファイナルに進出しフィラデルフィア76ersと対戦。4勝2敗で下しジョンソンは2度目のファイナルMVPに選ばれた。

▼1980年のNBAファイナルでセンターとしてプレイしたマジック・ジョンソン

ラリー・バードとのライバル関係

1984年のNBAファイナルでは、ボストン・セルティックスのラリー・バードとの大学以来となる頂上決戦が実現。レイカーズはセルティックスに3勝4敗で敗れた。

翌1985年のファイナルでも同じ顔合わせとなり、今度はレイカーズがセルティックスを撃破した。

ジョンソンとバードは1987年のNBAファイナルで3度目となる頂上決戦に臨み、このときはレイカーズがシリーズを制し優勝。ジョンソンはキャリア3度目で最後となるファイナルMVPを受賞した。同シーズン、ジョンソンは平均23.9得点(キャリアハイ)、6.3リバウンド、12.2アシスト(リーグ1位)を記録し自身初のシーズンMVPを受賞している。

▼NBAファイナルで見せたマジックのスカイフック

最後の優勝〜突然の引退

1987-88シーズン、レイカーズはリーグ最高となる62勝20敗の成績を残し、プレイオフでは2年連続でファイナルに進出。アイザイア・トーマス擁するデトロイト・ピストンズを破り、ジョンソンは自身5度目、キャリア最後となる優勝を果たした。

その後もリーグのトップ選手として活躍したジョンソンは、1989年、1991年とファイナルに進出。1989年はバッドボーイズのピストンズに、1991年はマイケル・ジョーダンスコッティ・ピッペンを擁しその後90年代のNBAを支配することとなるシカゴ・ブルズに敗れた。

1991年11月、ジョンソンはエイズの原因となるHIVウイルスに感染していることを明らかにし引退を発表。トップアスリートのHIVウイルスへの感染と突然の引退発表は、HIVへの偏見が今以上に強い時代にあって大きな衝撃を与えた。

最後のオールスター

1992年のオールスターに引退中ながら最多得票で選出。アイザイア・トーマス、マイケル・ジョーダンと1on1をするなど会場を盛り上げ、試合終了間際には3ポイントを沈めた。

この試合、得点とアシストで出場選手中最多を記録したマジックはMVPに選出された。

▼最後のオールスターでMVPを獲得したマジック・ジョンソン

ドリームチーム

1992年のバルセロナオリンピックにアメリカ代表として出場。マイケル・ジョーダン、ラリー・バードらとともにドリームチームを結成し、圧倒的な強さで金メダルを獲得した。

現役復帰

1995-96シーズンに現役復帰し32試合に出場。パワーフォワードとしてプレイし、平均14.6得点、6.9リバウンド、5.7アシストの成績を残した。プレイオフ1回戦では平均15.3得点、8.5リバウンド、6.5アシストを記録するもヒューストン・ロケッツに敗れ敗退。コートに別れを告げた。

キャリア通算スタッツは17,707得点(平均19.5)、10,141アシスト(平均11.2)、6,559リバウンド(平均7.2)、1,724スティール(平均1.9)。キャリア平均11.2アシストは歴代1位。

▼マジック・ジョンソンのキャリアを振り返るハイライト集

引退後

引退後は主にビジネスの世界で活動し、2012年にはロサンゼルス・ドジャースの共同オーナーとなっている。

2017年、レイカーズのバスケットボール運営部門代表に就任。2018年7月にはレブロン・ジェームズの獲得に貢献するも、2018-19シーズン終了間際に辞任した。

スタッツ(個人成績)

NBA

※太字はリーグリーダー

レギュラーシーズン

シーズン 年齢 所属 試合 先発 時間 FG FGA FG% 3P 3PA 3P% 2P 2PA 2P% eFG% FT FTA FT% ORB DRB TRB AST STL BLK TOV PF 得点
1979-80 20 LAL 77 72 36.3 6.5 12.3 .530 0.1 0.4 .226 6.4 11.9 .540 .534 4.9 6.0 .810 2.2 5.6 7.7 7.3 2.4 0.5 4.0 2.8 18.0
1980-81 21 LAL 37 35 37.1 8.4 15.9 .532 0.1 0.5 .176 8.4 15.4 .542 .534 4.6 6.1 .760 2.7 5.9 8.6 8.6 3.4 0.7 3.9 2.7 21.6
1981-82 22 LAL 78 77 38.3 7.1 13.3 .537 0.1 0.4 .207 7.1 12.9 .546 .540 4.2 5.6 .760 3.2 6.4 9.6 9.5 2.7 0.4 3.7 2.9 18.6
1982-83 23 LAL 79 79 36.8 6.5 11.8 .548 0.0 0.3 .000 6.5 11.5 .560 .548 3.8 4.8 .800 2.7 5.9 8.6 10.5 2.2 0.6 3.8 2.5 16.8
1983-84 24 LAL 67 66 38.3 6.6 11.6 .565 0.1 0.4 .207 6.5 11.2 .579 .569 4.3 5.3 .810 1.5 5.9 7.3 13.1 2.2 0.7 4.6 2.5 17.6
1984-85 25 LAL 77 77 36.1 6.5 11.7 .561 0.1 0.5 .189 6.5 11.2 .577 .565 5.1 6.0 .843 1.2 5.0 6.2 12.6 1.5 0.3 4.0 2.0 18.3
1985-86 26 LAL 72 70 35.8 6.7 12.8 .526 0.1 0.6 .233 6.6 12.2 .541 .532 5.3 6.0 .871 1.2 4.7 5.9 12.6 1.6 0.2 3.8 1.8 18.8
1986-87 27 LAL 80 80 36.3 8.5 16.4 .522 0.1 0.5 .205 8.4 15.9 .532 .525 6.7 7.9 .848 1.5 4.8 6.3 12.2 1.7 0.5 3.8 2.1 23.9
1987-88 28 LAL 72 70 36.6 6.8 13.8 .492 0.2 0.8 .196 6.7 13.1 .510 .497 5.8 6.8 .853 1.2 5.0 6.2 11.9 1.6 0.2 3.7 2.0 19.6
1988-89 29 LAL 77 77 37.5 7.5 14.8 .509 0.8 2.4 .314 6.8 12.3 .548 .535 6.7 7.3 .911 1.4 6.4 7.9 12.8 1.8 0.3 4.1 2.2 22.5
1989-90 30 LAL 79 79 37.2 6.9 14.4 .480 1.3 3.5 .384 5.6 10.9 .510 .526 7.2 8.1 .890 1.6 5.0 6.6 11.5 1.7 0.4 3.7 2.1 22.3
1990-91 31 LAL 79 79 37.1 5.9 12.4 .477 1.0 3.2 .320 4.9 9.2 .532 .518 6.6 7.3 .906 1.3 5.6 7.0 12.5 1.3 0.2 4.0 1.9 19.4
1995-96 36 LAL 32 9 29.9 4.3 9.2 .466 0.7 1.8 .379 3.6 7.4 .487 .503 5.4 6.3 .856 1.3 4.5 5.7 6.9 0.8 0.4 3.2 1.5 14.6
通算 906 763 36.7 6.9 13.2 .520 0.4 1.2 .303 6.5 12.0 .541 .533 5.5 6.5 .848 1.8 5.5 7.2 11.2 1.9 0.4 3.9 2.3 19.5

プレイオフ

シーズン 年齢 所属 試合 先発 時間 FG FGA FG% 3P 3PA 3P% 2P 2PA 2P% eFG% FT FTA FT% ORB DRB TRB AST STL BLK TOV PF 得点
1979-80 20 LAL 16 16 41.1 6.4 12.4 .518 0.1 0.5 .250 6.3 11.9 .529 .523 5.3 6.6 .802 3.3 7.3 10.5 9.4 3.1 0.4 4.1 2.9 18.3
1980-81 21 LAL 3 3 42.3 6.3 16.3 .388 0.0 0.0 6.3 16.3 .388 .388 4.3 6.7 .650 2.7 11.0 13.7 7.0 2.7 1.0 3.7 4.7 17.0
1981-82 22 LAL 14 14 40.1 5.9 11.2 .529 0.0 0.3 .000 5.9 10.9 .542 .529 5.5 6.6 .828 3.9 7.4 11.3 9.3 2.9 0.2 3.1 3.6 17.4
1982-83 23 LAL 15 15 42.9 6.7 13.7 .485 0.0 0.7 .000 6.7 13.0 .513 .485 4.5 5.4 .840 3.4 5.1 8.5 12.8 2.3 0.8 4.3 3.3 17.9
1983-84 24 LAL 21 21 39.9 7.2 13.0 .551 0.0 0.3 .000 7.2 12.7 .566 .551 3.8 4.8 .800 1.2 5.4 6.6 13.5 2.0 1.0 3.8 3.4 18.2
1984-85 25 LAL 19 19 36.2 6.1 11.9 .513 0.1 0.4 .143 6.1 11.5 .525 .515 5.3 6.2 .847 1.0 6.1 7.1 15.2 1.7 0.2 4.0 2.5 17.5
1985-86 26 LAL 14 14 38.6 7.9 14.6 .537 0.0 0.8 .000 7.9 13.9 .567 .537 5.9 7.6 .766 1.5 5.6 7.1 15.1 1.9 0.1 3.2 3.1 21.6
1986-87 27 LAL 18 18 37.0 8.1 15.1 .539 0.1 0.6 .200 8.0 14.5 .552 .542 5.4 6.6 .831 1.6 6.2 7.7 12.2 1.7 0.4 2.8 2.1 21.8
1987-88 28 LAL 24 24 40.2 7.0 13.7 .514 0.3 0.6 .500 6.8 13.1 .514 .524 5.5 6.5 .852 1.3 4.1 5.4 12.6 1.4 0.2 3.5 2.5 19.9
1988-89 29 LAL 14 14 37.0 6.1 12.4 .489 0.7 2.5 .286 5.4 9.9 .540 .517 5.6 6.1 .907 1.1 4.9 5.9 11.8 1.9 0.2 3.8 2.1 18.4
1989-90 30 LAL 9 9 41.8 8.4 17.2 .490 0.6 2.8 .200 7.9 14.4 .546 .506 7.8 8.8 .886 1.3 5.0 6.3 12.8 1.2 0.1 4.0 3.1 25.2
1990-91 31 LAL 19 19 43.3 6.2 14.1 .440 1.1 3.7 .296 5.1 10.4 .492 .479 8.3 9.4 .882 1.2 6.9 8.1 12.6 1.2 0.0 4.1 2.3 21.8
1995-96 36 LAL 4 0 33.8 3.8 9.8 .385 0.8 2.3 .333 3.0 7.5 .400 .423 7.0 8.3 .848 2.0 6.5 8.5 6.5 0.0 0.0 3.0 0.8 15.3
通算 190 117 39.7 6.8 13.4 .506 0.3 1.1 .241 6.5 12.3 .530 .516 5.6 6.7 .838 1.8 5.9 7.7 12.3 1.9 0.3 3.7 2.8 19.5

参照:Magic Johnson Stats | Basketball-Reference.com

大学

シーズン 所属 Conf 試合 時間 FG FGA FG% FT FTA FT% REB AST PF PTS
1977-78 ミシガン州立大 Big Ten 30 5.8 12.7 .458 5.4 6.8 .785 7.9 7.4 2.6 17.0
1978-79 ミシガン州立大 Big Ten 32 36.2 5.4 11.6 .468 6.3 7.5 .842 7.3 8.4 17.1
通算 ミシガン州立大 Big Ten 62 36.2 5.6 12.1 .463 5.9 7.2 .816 7.6 7.9 1.2 17.1

参照:Magic Johnson College Stats | College Basketball at Sports-Reference.com

オリンピック

マジック・ジョンソンは1992年のバルセロナオリンピックにドリームチームの中心メンバーとして参加。6試合に出場して平均8得点、5.5アシストを記録している。

Year イベント 出場 時間 FGM FGA FG% 3PM 3PA 3P% FTM FTA FT% TRB AST STL BLK PF TOV 得点 順位
1992 オリンピック 6 18:04 2.8 5.0 .567 1.0 2.2 .462 1.3 1.7 .800 2.3 5.5 1.3 0.0 0.5 1.0 8.0

参照:Magic Johnson Player Profile, Stats | RealGM

おすすめ記事

ラリー・バード ラリー・バード / 経歴 / スタッツ / ハイライト