八村塁モデルも登場!エアジョーダン35特集

ジュリアス・アービング / 経歴 / スタッツ / 功績

ジュリアス・アービング(ドクターJ)

ジュリアス・アービング(1950 – )のプロフィール、キャリア概要、スタッツ(ABA / NBA / 大学)、NBA 2Kレーティングを紹介します。
Julius Erving
身長 / 体重 201cm / 91kg(
生年月日 1950年2月22日
出身地 ニューヨーク州イースト・メドウ
愛称 ドクターJ (Dr.J)
ポジション SF (スモールフォワード)
背番号 32 (ネッツ永久欠番) / 6 (76ers永久欠番)
SNS Twitter / Instagram
略歴
1971-1973 バージニア・スクワイアーズ
1973-1976 ニューヨーク・ネッツ
1976-1987 フィラデルフィア・76ers
NBAドラフト 1972年1巡目12位
出身校 マサチューセッツ大学

受賞歴・実績

  • バスケットボール殿堂(1993)
  • 1 × NBAチャンピオン
  • 2 × ABAチャンピオン
  • 1 × NBAシーズンMVP
  • 3 × ABAシーズンMVP
  • 11 × NBAオールスター
  • 5 × ABAオールスター
  • 2 × NBAオールスターMVP
  • 5 × オールNBA1stチーム
  • 2 × オールNBA2ndチーム
  • 4 × オールABA1stチーム
  • 1 × オールABA2ndチーム
  • 1 × ABAオールディフェンシブ1stチーム
  • 1 × ABAオールルーキー1stチーム
  • 3 × ABA得点王
  • 1 × ABAスラムダンクコンテスト優勝
ジュリアス・アービング – 通算成績(ABA+NBA)
得点 REB AST STL BLK
平均 24.2 8.5 4.2 2.0 1.7
合計 30,026 10,525 5,176 2,272 1,941

スタッツ(個人成績)

優勝シーズン 青色 リーグ1位

ABA・NBA(レギュラーシーズン)

ジュリアス・アービング(ドクターJ)は、ABAで5シーズン、NBAで11シーズンプレイした。ABA時代に3度の得点王に輝いている。高い得点力を誇り、キャリア晩年の2シーズンを除く全てのシーズンで平均20得点以上をマーク。ABAで2回、NBAで1回優勝を経験している。

※横にスクロールできます。

シーズン 年齢 所属 リーグ 試合 先発 時間 FG FGA FG% 3P 3PA 3P% 2P 2PA 2P% eFG% FT FTA FT% ORB DRB TRB AST STL BLK TOV PF 得点
1971-72 21 VIR ABA 84   41.8 10.8 21.7 .498 0.0 0.2 .188 10.8 21.5 .501 .499 5.6 7.5 .745 5.7 10.0 15.7 4.0     4.1 3.1 27.3
1972-73 22 VIR ABA 71   42.2 12.6 25.4 .496 0.1 0.3 .208 12.5 25.1 .499 .497 6.7 8.6 .776 3.7 8.5 12.2 4.2 2.5 1.8 4.6 2.8 31.9
1973-74※ 23 NYA ABA 84   40.5 10.9 21.3 .512 0.2 0.5 .395 10.7 20.7 .515 .517 5.4 7.1 .766 3.1 7.6 10.7 5.2 2.3 2.4 4.1 3.2 27.4
1974-75 24 NYA ABA 84   40.5 10.9 21.5 .506 0.3 1.0 .333 10.5 20.5 .515 .514 5.8 7.2 .799 3.4 7.5 10.9 5.5 2.2 1.9 3.6 3.0 27.9
1975-76※ 25 NYA ABA 84   38.6 11.3 22.3 .507 0.4 1.2 .330 10.9 21.1 .517 .516 6.3 7.9 .801 4.0 7.0 11.0 5.0 2.5 1.9 3.7 2.6 29.3
1976-77 26 PHI NBA 82   35.9 8.4 16.7 .499       8.4 16.7 .499 .499 4.9 6.3 .777 2.3 6.1 8.5 3.7 1.9 1.4   3.1 21.6
1977-78 27 PHI NBA 74   32.8 8.3 16.4 .502       8.3 16.4 .502 .502 4.1 4.9 .845 2.4 4.1 6.5 3.8 1.8 1.3 3.2 2.8 20.6
1978-79 28 PHI NBA 78   35.9 9.2 18.7 .491       9.2 18.7 .491 .491 4.8 6.4 .745 2.5 4.7 7.2 4.6 1.7 1.3 4.0 2.7 23.1
1979-80 29 PHI NBA 78   36.1 10.7 20.7 .519 0.1 0.3 .200 10.7 20.4 .523 .520 5.4 6.8 .787 2.8 4.6 7.4 4.6 2.2 1.8 3.6 2.7 26.9
1980-81 30 PHI NBA 82   35.0 9.7 18.6 .521 0.0 0.2 .222 9.6 18.4 .525 .522 5.1 6.5 .787 3.0 5.0 8.0 4.4 2.1 1.8 3.2 2.8 24.6
1981-82 31 PHI NBA 81 81 34.4 9.6 17.6 .546 0.0 0.1 .273 9.6 17.5 .548 .547 5.1 6.7 .763 2.7 4.2 6.9 3.9 2.0 1.7 2.6 2.8 24.4
1982-83※ 32 PHI NBA 72 72 33.6 8.4 16.3 .517 0.0 0.1 .286 8.4 16.2 .518 .518 4.6 6.0 .759 2.4 4.4 6.8 3.7 1.6 1.8 2.7 2.8 21.4
1983-84 33 PHI NBA 77 77 34.8 8.8 17.2 .512 0.1 0.3 .333 8.7 16.9 .515 .515 4.7 6.3 .754 2.5 4.4 6.9 4.0 1.8 1.8 3.0 2.8 22.4
1984-85 34 PHI NBA 78 78 32.5 7.8 15.8 .494 0.0 0.2 .214 7.8 15.7 .497 .495 4.3 5.7 .765 2.2 3.1 5.3 3.0 1.7 1.4 2.7 2.6 20.0
1985-86 35 PHI NBA 74 74 33.4 7.0 14.7 .480 0.1 0.4 .281 6.9 14.2 .486 .484 3.9 5.0 .785 2.3 2.7 5.0 3.4 1.5 1.1 2.9 2.6 18.1
1986-87 36 PHI NBA 60 60 32.0 6.7 14.2 .471 0.2 0.9 .264 6.4 13.3 .484 .479 3.2 3.9 .813 1.9 2.5 4.4 3.2 1.3 1.6 2.6 2.3 16.8
Career     合計 1243 442 36.4 9.5 18.8 .506 0.1 0.4 .298 9.4 18.4 .510 .509 5.0 6.5 .777 3.0 5.5 8.5 4.2 2.0 1.7 3.4 2.8 24.2
NBA通算       836 442 34.3 8.7 17.1 .507 0.1 0.3 .261 8.6 16.9 .510 .509 4.6 5.9 .777 2.5 4.2 6.7 3.9 1.8 1.5 3.1 2.7 22.0
ABA通算       407   40.7 11.3 22.3 .504 0.2 0.7 .322 11.0 21.7 .509 .509 5.9 7.6 .778 4.0 8.1 12.1 4.8 2.4 2.0 4.0 3.0 28.7

ABA・NBA(プレイオフ)

シーズン 年齢 所属 リーグ 試合 先発 時間 FG FGA FG% 3P 3PA 3P% 2P 2PA 2P% eFG% FT FTA FT% ORB DRB TRB AST STL BLK TOV PF 得点
1971-72 21 VIR ABA 11   45.8 13.4 25.8 .518 0.1 0.4 .250 13.3 25.5 .521 .519 6.5 7.7 .835     20.4 6.5     5.0 2.4 33.3
1972-73 22 VIR ABA 5   43.8 11.8 22.4 .527 0.0 0.6 .000 11.8 21.8 .541 .527 6.0 8.0 .750 2.8 6.2 9.0 3.2     3.4 3.2 29.6
1973-74※ 23 NYA ABA 14   41.4 11.5 21.8 .528 0.4 0.8 .455 11.1 21.0 .531 .536 4.5 6.1 .741 3.1 6.6 9.6 4.8 1.6 1.4 3.6 2.9 27.9
1974-75 24 NYA ABA 5   42.2 11.0 24.2 .455 0.0 1.6 .000 11.0 22.6 .487 .455 5.4 6.4 .844 2.4 7.4 9.8 5.6 1.0 1.8 3.8 3.6 27.4
1975-76※ 25 NYA ABA 13   42.4 12.3 23.1 .533 0.3 1.1 .286 12.0 22.0 .545 .540 9.8 12.2 .804 5.0 7.6 12.6 4.9 1.9 2.0 3.0 3.2 34.7
1976-77 26 PHI NBA 19   39.9 10.7 20.5 .523       10.7 20.5 .523 .523 5.8 7.1 .821 2.2 4.3 6.4 4.5 2.2 1.2   2.4 27.3
1977-78 27 PHI NBA 10   35.8 8.8 18.0 .489       8.8 18.0 .489 .489 4.2 5.6 .750 4.0 5.7 9.7 4.0 1.5 1.8 3.5 3.0 21.8
1978-79 28 PHI NBA 9   41.3 9.9 19.1 .517       9.9 19.1 .517 .517 5.7 7.4 .761 3.2 4.6 7.8 5.9 2.0 1.9 4.2 2.4 25.4
1979-80 29 PHI NBA 18   38.6 9.2 18.8 .488 0.1 0.5 .222 9.1 18.3 .495 .491 6.0 7.6 .794 1.7 5.8 7.6 4.4 2.0 2.1 3.1 3.1 24.4
1980-81 30 PHI NBA 16   37.0 8.9 18.8 .475 0.0 0.1 .000 8.9 18.8 .477 .475 5.1 6.7 .757 3.3 3.9 7.1 3.4 1.4 2.6 3.4 3.4 22.9
1981-82 31 PHI NBA 21   37.1 8.0 15.4 .519 0.0 0.3 .167 8.0 15.1 .525 .520 5.9 7.9 .752 2.7 4.7 7.4 4.7 1.8 1.8 3.2 2.6 22.0
1982-83※ 32 PHI NBA 13   37.9 7.3 16.2 .450 0.0 0.1 .000 7.3 16.2 .452 .450 3.8 5.2 .721 2.5 5.2 7.6 3.4 1.2 2.1 3.0 3.2 18.4
1983-84 33 PHI NBA 5   38.8 7.2 15.2 .474 0.0 0.2 .000 7.2 15.0 .480 .474 3.8 4.4 .864 1.8 4.6 6.4 5.0 1.6 1.2 4.2 2.8 18.2
1984-85 34 PHI NBA 13 13 33.4 6.5 14.4 .449 0.0 0.1 .000 6.5 14.3 .452 .449 4.2 4.8 .857 2.2 3.4 5.6 3.7 1.9 0.8 2.8 2.6 17.1
1985-86 35 PHI NBA 12 12 36.1 6.8 15.0 .450 0.2 0.9 .182 6.6 14.1 .467 .456 4.0 5.4 .738 2.2 3.7 5.8 4.2 0.9 1.3 3.3 2.7 17.7
1986-87 36 PHI NBA 5 5 36.0 6.8 16.4 .415 0.4 1.2 .333 6.4 15.2 .421 .427 4.2 5.0 .840 2.8 2.2 5.0 3.4 1.4 1.2 1.8 3.8 18.2
Career     合計 189 30 38.9 9.4 18.9 .496 0.1 0.5 .224 9.3 18.4 .502 .499 5.4 6.9 .784 2.8 5.0 8.5 4.4 1.7 1.7 3.4 2.9 24.2
NBA通算       141 30 37.5 8.4 17.3 .486 0.1 0.3 .194 8.4 17.1 .491 .488 5.0 6.4 .779 2.6 4.5 7.0 4.2 1.7 1.7 3.2 2.9 21.9
ABA通算       48   43.0 12.1 23.4 .519 0.2 0.8 .250 11.9 22.5 .529 .523 6.6 8.3 .795 3.6 7.0 12.9 5.1 1.6 1.7 3.8 2.9 31.1

NBAオールスター

ジュリアス・アービングはABA、NBAを通じてキャリアの全てのシーズンでオールスターに選出。1977年と1983年にオールスターMVPを受賞した。
チーム 出場 先発 時間 FGM FGA FG% 3P 3PA 3P% FTM FTA FT% OFF DEF TRB AST STL BLK PF TOV 得点
1977 East 1 32 12 20 .600 6 6 1.000 5 7 12 3 4 1 2 30
1978 East 1 27 3 14 .214 10 12 .833 2 6 8 3 0 1 1 2 16
1979 East 1 39 10 22 .455 9 12 .750 6 2 8 5 2 0 4 1 29
1980 East 1 20 4 12 .333 0 0 .000 3 4 .750 2 3 5 2 2 1 5 2 11
1981 East 1 29 6 15 .400 0 0 .000 6 7 .857 3 0 3 2 2 1 2 2 18
1982 East 1 1 32 7 16 .438 0 0 .000 2 4 .500 3 5 8 2 1 2 4 4 16
1983 East 1 1 28 11 19 .579 0 0 .000 3 3 1.000 3 3 6 3 1 2 1 2 25
1984 East 1 1 36 14 22 .636 0 0 .000 6 8 .750 4 4 8 5 2 2 4 1 34
1985 East 1 1 23 5 15 .333 0 0 .000 2 2 1.000 2 2 4 3 1 0 3 1 12
1986 East 1 1 19 4 10 .400 0 0 .000 0 2 .000 1 3 4 2 2 0 2 2 8
1987 East 1 1 33 9 13 .692 1 1 1.000 3 3 1.000 3 1 4 5 1 1 3 2 22
通算 11 11 318 85 178 .478 1 1 1.000 50 63 .794 34 36 70 35 18 11 31 19 221
平均 11 11 28.9 7.73 16.18 .478 0.09 0.09 1.000 4.55 5.73 .794 3.09 3.27 6.36 3.18 1.64 1.00 2.82 1.73 20.09

大学

アービングはマサチューセッツ大学で2シーズンプレイ。当時のNCAAはドクターJの代名詞であるダンクを禁止していたこともあり、全国的に名を馳せるプレヤーではなかったが、大学通算で平均26.3得点、20.2リバウンドというスタッツを残した。
シーズン 大学 Conf G MP FG FGA FG% FT FTA FT% TRB AST PF 得点
1969-70 マサチューセッツ Yankee 25 38.8 9.5 18.7 .509 6.7 9.2 .726 20.9 3.6 2.5 25.7
1970-71 マサチューセッツ Yankee 27 38.1 10.6 22.6 .470 5.7 7.6 .752 19.5 3.7 2.5 26.9
Career マサチューセッツ   52 38.4 10.1 20.7 .487 6.2 8.4 .739 20.2 3.6 2.5 26.3
参照スタッツ
NBA:Basketball-Reference.com
大学:College Basketball at Sports-Reference.com
オールスター:RealGM

NBA 2K レーティング

ジュリアス・アービングのNBA 2Kレーティングは以下の通り。

タイトル チーム レーティング
NBA2K21 1970年代オールスター 97
参照:2KRATINGS
※2Kレーティングとは、ゲームソフト「NBA 2K」内において選手の能力を数値化した指標。当該選手が複数チームに所属している場合は最高値を記載。

ジュリアス・アービング|キャリア概要

ジュリアス・アービングは1970年代から1980年代にかけてABA、NBAの両リーグで活躍した201cmのスモールフォワード。空中での華麗な身のこなしと芸術的なダンクでバスケットボールにエンターテイメント性を持ち込んだアイコン的存在であり、マイケル・ジョーダンをはじめとする後のスター選手に多大な影響を与えた。

ABA時代にはニューヨーク・ネッツを2度の優勝に導き、3年連続でシーズンMVPを受賞。ABAがNBAに吸収された1976年以降はフィラデルフィア・76ersでプレイし、当時の支配的なセンターであったカリーム・アブドゥル・ジャバーマジック・ジョンソンラリー・バードらとしのぎを削った。1983年にはモーゼス・マローンとの強力デュオでNBAキャリアで唯一となる優勝を果たす。晩年には、若き日のチャールズ・バークリーとチームメイトとなり、マイケル・ジョーダンとも対戦している。

スラムダンクコンテストで見せたフリースローラインから踏み切ってのダンクや、1980年のNBAファイナルでカリーム・アブドゥル・ジャバーを空中で交わして決めたリバースレイアップなど、長く語り継がれる多くのスーパープレイで観衆を魅了した。

▼1976年、ABAオールスターのスラムダンクコンテストで披露したレーンアップ(Lane-Up)。

▼1980年のNBAファイナル第4戦で見せたベースラインムーブ(Baseline Move)

▼ジュリアス・アービング Top10ダンク

おすすめ記事

マイケル・ジョーダン プロフィール マイケル・ジョーダン/ 経歴 / スタッツ カリーム・アブドゥル=ジャバー カリーム・アブドゥル・ジャバー / 経歴 / スタッツ / ハイライト ラリー・バード ラリー・バード / 経歴 / スタッツ / ハイライト マジック・ジョンソン マジック・ジョンソン / 経歴 / スタッツ / ハイライト