NBA 2K21 情報まとめ

NBAが新型コロナの影響でシーズンの中断を決定。選手たちの反応は?

観客のいない試合会場

観客のいない試合会場unsplash-logoAdam Bouse

3月12日(現地時間3月11日)、この日行われる試合以降、NBAがシーズンを中断するとの決定を下しました。

ユタ・ジャズの選手にCOVID-19の陽性反応。シーズン中断へ

ユタ・ジャズの選手の1人が、新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)の検査で陽性反応が出たためとのこと。当日行われる予定だったユタ・ジャズ対オクラホマ・サンダーの試合はすでに延期が発表されていました。なお、陽性となった選手は会場を訪れていなかったそうです。

▼当日、別会場で試合を行っていたマブスのオーナー、マーク・キューバンはコートサイドでのインタビューで「現実とは思えない。映画のようだ」とNBAが中断するという事実に対する衝撃を語っています。

▼ホークスのビンス・カーターにとっては、現地3月11日の対ニックス戦がラストゲームになってしまう可能性が。

八村、レブロンら各選手の反応

シーズン中断の決定に対する各選手の反応をまとめました。

八村塁

八村塁は「ありえない」とショックを隠しきれないツイート

渡邊雄太

渡邊雄太は「まじか。。。」とショックを受けつつ「でも健康第一ですしね」とツイート

レブロン・ジェームズ

レブロン・ジェームズは、「2020年という年をキャンセルしたい」と心の内を明かすとともに、皆の安全・無事を願うツイートをポスト

ステフ・カリー

ステフ・カリーは「こんな状況は初めてだ」と2020年という年が他と比較できないほどに特殊であると述べつつ、ファンの健康を気遣っています。「いつかバスケットボールは戻ってくる」という力強い言葉も

ヴィンス・カーター

▼ヴィンス・カーターは、この日の試合が急きょラストゲームになるかもしれないという状況に対し「奇妙な夜(weird night)」と表現しつつ、22年間の現役生活を支えてくれた人々への感謝の思いをツイート

ルカ・ドンチッチ

ルカ・ドンチッチは「2020年は最悪の年だ!」と嘆きつつファンの安全を祈るツイート

トレイ・ヤング

トレイ・ヤングは、「クレイジー」な状況に戸惑いながらも、大変な状況における人々に思いを馳せ祈りのツイート

NBAにおける緯新型コロナウイルスの影響。これまでの経緯

NBAは、アメリカ国内における新型コロナウイルス感染症の広がりを受けて、3月7日(現地時間3月6日)、各チームに無観客試合の準備を検討するようにとの通達を出していました。それ以前にも、ファンとのハイファイブの自粛やサインの際にペンやユニフォームの受け取りを避けてほしいとの通達を各チームに送っています。

レブロン・ジェームズはステイプルズセンターで行われた試合(113-103でバックスに勝利)後のインタビューで無観客試合の可能性について問われ、「観客なしで試合するなら自分はプレイしない。考えられない」と答えていましたが、のちに発言を修正し、NBAの決断を尊重すると明言。

カレッジバスケではすでに無観客での試合が行われており、NBAでも同様の対応が取られるのかどうかに注目が集まっていましたが、陽性反応を示した選手が出てしまったことにより、無観客試合ではなくシーズンの中断、延期という結論となりました。

シンガポールやオーストラリアなど、温暖な地域での感染が確認されている新型コロナウイルスは、北半球が4月、5月の暖かい時期になっても収束しないのではとの見方も出てきています。NBAのシーズン中断がどれだけ長引くのかは分かりません。

シーズンが後ろ倒しになれば、東京オリンピックへのNBA選手の出場にも影響が出てくるでしょう(東京オリンピック自体が延期・中止される可能性もあります)。

今後の動向を注視していきます。