八村モデル登場!エアジョーダン35特集 >>

【レジー・ミラー】プロフィール / スタッツ / 実績まとめ

レジー・ミラー

歴代屈指の3ポイントシューターとして知られ、18シーズンに渡りインディアナ・ペイサーズ一筋でプレイしたレジー・ミラー(Reggie Miller)。ペイサーズのエースとして90年代には東の強豪ニューヨーク・ニックス、マイケル・ジョーダンのシカゴ・ブルズとも凌ぎを削りました。

以下、レジー・ミラーのプロフィール、実績、キャリアの概要、スタッツ(大学・NBA)をまとめました。

レジー・ミラーの身長・プロフィール

レジー・ミラー
愛称 Uncle Reg, The Knick Killer, Mighty Mouth
ポジション シューティングガード(SG)
身長 200.7cm(6フィート 7インチ)
体重 88.5kg(195 lbs)
生年月日 1965年8月24日
出身地 アメリカ合衆国カリフォルニア州リバーサイド
キャリア
1988-2005 インディアナ・ペイサーズ
NBAドラフト 1987年11位
出身校 UCLA
受賞歴・実績
バスケットボール殿堂 2012年
NBAオールスター 5回
フリースロー成功率1位 5回
オールNBA3rdチーム 3回
オリンピック 金メダル(1996アトランタ)
FIBAワールドカップ 1994カナダ

参照
Reggie Miller | ESPN
Reggie Miller | NBA.com/Stats

レジー・ミラーのインスタ&Twitterアカウント

キャリアの概要

生い立ち〜高校

レジー・ミラーは1965年8月24日、カリフォルニア州リバーサイド生まれ。生まれつき歩行に困難を抱えており4歳まで脚に装具が必要だったが、5歳になる頃には問題なく歩けるようになった。姉シェリルはロサンゼルス・オリンピックで金メダルを獲得した女子バスケットボール界のレジェンド。兄・ダレルはメジャーリーグでプレイした野球選手(キャッチャー)、妹タミーは大学でバレーボール選手としてプレイするなど、ミラー家はハイレベルなスポーツ一家として知られる。

ミラーはリバーサイド・ポリテック高校で1979年から1983年までプレイ。スター選手として活躍した。

UCLA

高校卒業後、バスケットボールの名門UCLAに進学。4年間でカリーム・アブドゥル・ジャバーに次ぐ、同校史上2位の2,095得点を積み上げた。

NCAAで最初に3ポイントシュートが採用されたのはミラーが大学4年次の1986–87シーズン。このシーズン、ミラーは3ポイントを247本中69本沈め、成功率43.9%を記録している。

NBA

1987年ドラフト11位でインディアナ・ペイサーズに指名され入団。それまでプレイオフ進出経験のほとんどなかったペイサーズだったが、ミラーの加入により徐々に力をつけ、90年代にはイースタン・カンファレンスの強豪の一角へと成長する。プレイオフではニューヨーク・ニックス相手に印象的な活躍を見せ、「The Knick Killer」と呼ばれた。1995年のイースタン・カンファレンス準決勝第1戦では試合終了間際6点差を追う展開の中、わずか8.9秒間に8得点を挙げペイサーズを逆転勝利に導いている。

マイケル・ジョーダンのシカゴ・ブルズでの最後のシーズンとなった1997-98シーズンには、プレイオフのイースタン・カンファレンス決勝でブルズを第7戦まで追い込んだ。

最も優勝に近づいたのは1999-2000シーズン。NBAファイナルまで進出したが、シャック & コービーのレイカーズに2勝4敗で敗れ悲願の優勝はならなかった。

2005年を最後に現役を引退。NBA通算25,279得点(平均18.2得点)、4,182リバウンド(平均3.0)、4,141アシスト(平均3.0)を記録。通算3ポイント成功数2,560本は引退時点でダントツの歴代1位だった。

オリンピック

ドリームチームIIIのメンバーとして1996年のアトランタオリンピックに出場。シャキール・オニール、アキーム・オラジュワンスコッティ・ピッペンジョン・ストックトンカール・マローンらとともに金メダルを獲得した。ミラー家にとっては、シェリルに続いてレジーが2人目のオリンピック金メダリストとなった。

引退後

引退後、ミラーはTNTの解説者として活動。2012年にはバスケットボール殿堂(The Naismith Memorial Basketball Hall of Fame)入りした。

▼レジー・ミラー キャリアハイライト

スタッツ

NBA

レギュラーシーズン

※太字はリーグ1位。横にスクロールできます。

シーズン 年齢 チーム 試合 先発 時間 FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TOV 得点
1987-88 22 IND 82 1 22.4 .488 .355 .801 2.3 1.6 0.6 0.2 1.2 10.0
1988-89 23 IND 74 70 34.3 .479 .402 .844 3.9 3.1 1.3 0.4 1.9 16.0
1989-90 24 IND 82 82 38.9 .514 .414 .868 3.6 3.8 1.3 0.2 2.7 24.6
1990-91 25 IND 82 82 36.2 .512 .348 .918 3.4 4.0 1.3 0.2 2.0 22.6
1991-92 26 IND 82 82 38.0 .501 .378 .858 3.9 3.8 1.3 0.3 1.9 20.7
1992-93 27 IND 82 82 36.0 .479 .399 .880 3.1 3.2 1.5 0.3 1.8 21.2
1993-94 28 IND 79 79 33.4 .503 .421 .908 2.7 3.1 1.5 0.3 2.2 19.9
1994-95 29 IND 81 81 32.9 .462 .415 .897 2.6 3.0 1.2 0.2 1.9 19.6
1995-96 30 IND 76 76 34.5 .473 .410 .863 2.8 3.3 1.0 0.2 2.5 21.1
1996-97 31 IND 81 81 36.6 .444 .427 .880 3.5 3.4 0.9 0.3 2.0 21.6
1997-98 32 IND 81 81 34.5 .477 .429 .868 2.9 2.1 1.0 0.1 1.6 19.5
1998-99 33 IND 50 50 35.7 .438 .385 .915 2.7 2.2 0.7 0.2 1.5 18.4
1999-00 34 IND 81 81 36.9 .448 .408 .919 3.0 2.3 1.0 0.3 1.6 18.1
2000-01 35 IND 81 81 39.3 .440 .366 .928 3.5 3.2 1.0 0.2 1.6 18.9
2001-02 36 IND 79 79 36.6 .453 .406 .911 2.8 3.2 1.1 0.1 1.5 16.5
2002-03 37 IND 70 70 30.2 .441 .355 .900 2.5 2.4 0.9 0.1 0.9 12.6
2003-04 38 IND 80 80 28.2 .438 .401 .885 2.4 3.1 0.8 0.1 0.9 10.0
2004-05 39 IND 66 66 31.9 .437 .322 .933 2.4 2.2 0.8 0.1 1.2 14.8
通算 1389 1304 34.3 .471 .395 .888 3.0 3.0 1.1 0.2 1.7 18.2

プレイオフ

シーズン 年齢 チーム 試合 先発 時間 FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TOV 得点
1989-90 24 IND 3 3 41.7 .571 .429 .905 4.0 2.0 1.0 0.0 1.0 20.7
1990-91 25 IND 5 5 38.6 .486 .421 .865 3.2 2.8 1.6 0.4 2.4 21.6
1991-92 26 IND 3 3 43.3 .581 .636 .800 2.3 4.7 1.3 0.0 1.3 27.0
1992-93 27 IND 4 4 43.8 .533 .526 .947 3.0 2.8 0.8 0.0 2.5 31.5
1993-94 28 IND 16 16 36.0 .448 .422 .839 3.0 2.9 1.3 0.3 2.0 23.2
1994-95 29 IND 17 17 37.7 .476 .422 .860 3.6 2.1 0.9 0.2 2.3 25.5
1995-96 30 IND 1 1 31.0 .412 .333 .867 1.0 1.0 1.0 0.0 0.0 29.0
1997-98 32 IND 16 16 39.3 .426 .400 .904 1.8 2.0 1.2 0.2 1.7 19.9
1998-99 33 IND 13 13 37.0 .397 .333 .895 3.9 2.6 0.7 0.2 1.6 20.2
1999-00 34 IND 22 22 40.5 .452 .395 .938 2.4 2.7 1.0 0.5 1.3 24.0
2000-01 35 IND 4 4 44.3 .456 .429 .933 5.0 2.5 0.8 0.5 2.8 31.3
2001-02 36 IND 5 5 39.6 .506 .419 .875 3.2 2.8 1.6 0.2 2.8 23.6
2002-03 37 IND 6 6 29.3 .283 .160 .913 2.3 2.3 0.2 0.2 1.2 9.2
2003-04 38 IND 16 16 28.4 .402 .375 .922 2.3 2.8 1.1 0.2 1.8 10.1
2004-05 39 IND 13 13 33.1 .434 .318 .941 3.1 1.5 0.8 0.1 1.6 14.8
通算 144 144 36.9 .449 .390 .893 2.9 2.5 1.0 0.2 1.8 20.6

参照:Reggie Miller Stats | Basketball-Reference.com

大学

シーズン チーム Conf 試合 先発 時間 FG% 3P% FT% RB AST STL BLK TOV 得点
1983-84 UCLA Pac-10 28 0 13.7 .509 .643 1.5 0.8 0.3 0.1 0.9 4.6
1984-85 UCLA Pac-10 33 32 35.6 .553 .804 4.3 2.6 1.5 0.2 1.9 15.2
1985-86 UCLA Pac-10 29 29 38.3 .556 .882 5.3 2.4 1.2 0.2 2.4 25.9
1986-87 UCLA Pac-10 32 32 36.4 .543 .439 .832 5.4 2.2 2.0 0.2 1.9 22.3
通算 UCLA 122 93 31.4 .547 .439 .836 4.2 2.0 1.3 0.2 1.8 17.2

参照:Reggie Miller College Stats | College Basketball at Sports-Reference.com

おすすめ記事

the last dance マイケル・ジョーダンのドキュメンタリー「ラストダンス」を楽しむための予備知識