adidas デイム7 レビューまとめ

アレン・アイバーソンの歴代バッシュ、シグネチャーまとめ

アレン・アイバーソン 歴代バッシュ

アレン・アイバーソンの歴代バッシュ、シグネチャーモデル(Question, Answerシリーズ)を彼の歩んできたキャリアとともに紹介します。

選手別シグネチャーはこちら ※スクロールできます→

  • Kobe 1 Protro 2005
    Nike コービー
  • Nike レブロン
  • Harden Vol. 4
    adidas ハーデン
  • UNDER ARMOUR カリー
  • カイリーシリーズ
    Nike カイリー
  • Nike KD 11
    Nike KD

契約ブランド

Reebok ロゴ
1996年、ジョージタウン大学の人気選手だったアレン・アイバーソンとの契約を勝ち取ったのは、当時バスケットボールシューズのシェアでNIKEと大きく水を開けられていたReebok(リーボック)

同年のドラフト1位でNBA入りして以降、アイバーソンの鮮烈な活躍と相まって彼のシグネチャーシューズは有数の人気モデルとなった。現在、アイバーソンはReebokと巨額の生涯契約を結んでいる。

アレン・アイバーソンのバッシュ一覧

Reebok Question|1996

Reebok Question Mid Red Toe 25th Anniversary

Photo:Reebok Question Mid Red Toe 25th Anniversary

アレン・アイバーソンがルーキーシーズンの1996-97シーズンに着用したのが、Reebok Qusestion(リーボック クエスチョン)。大学でスター選手だったものの、約180cmと小柄な体格からNBAでの活躍を疑問視する声が多かったことを逆手に取り、最初のシグネチャーは「Qusestion」とネーミングされた。ルーキーイヤーのアイバーソンは平均23.5得点、4.1リバウンド、7.5アシスト、2.1スティールのスタッツを残し、新人王に選出。周囲の疑念を払拭する活躍を見せた。

Questionはアイバーソンのシグネチャーの中でも特に高い人気を誇り、現在でもNBAのコートで見かけることが珍しくない。どのシューズブランドとも契約していなかった2002-03シーズンのコービー・ブライアントコービー仕様のQuestionを履いてプレイしたことがある。

Reebok Question Mid Red Toe 25th Anniversary

Reebok Question

▼価格・在庫をチェック
Stock X

Reebok Answer 1|1997

Reebok Answer 1

Photo:Reebok Answer 1 【LIMITED EDITION】 BLACK/GOLD

新人王を獲得し、周囲の疑問に満額回答を示したアイバーソン2作目のシグネチャーは名称を「Ansewer」に変更。その後のアイバーソンのシグネチャーラインは「Answerシリーズ」として毎シーズン新たなモデルがリリースされるようになる。

Reebok Answer 2|1998

Reebok Answer 2

Reebok Answer 2は1998年にリリース。NBA3年目となった1998-99シーズンにアイバーソンは平均26.8得点で初の得点王を獲得。プレイオフにも初めて進出した。

Reebok Answer 3|1999

Reebok Answer 3

Image via : Sole Collector

Reebok Answer 3は1999年にリリース。アッパー全体にレザーが使用されている。1999-00シーズン、アイバーソンは初のオールスターに選出された。

Reebok Answer 4|2000

Reebok Answer IV Stepover

Photo:Reebok Answer IV Stepover

Reebok Answer 4は、Answerシリーズの中で特に人気の高いモデル。アイバーソンがキャリア唯一となるNBAファイナルへと進出し、シーズンMVPに輝いた2000-01シーズンに着用した。同シーズン、アイバーソンは得点王とスティール王にも輝いている。

Reebok Answer IV Stepover

Reebok Answer 4

▼価格・在庫をチェック
Stock X

Reebok Answer 5|2001

Reebok Answer 5 White Red (2019)

Photo:Reebok Answer 5 White Red (2019)

Reebok Answer 5は2001年にリリースされたバッシュ。2001-02シーズンのアイバーソンは、平均31.4得点、2.8スティールで3度目の得点王、2度目のスティール王に輝いた。前シーズンファイナルに進んだ76ersだったが、同シーズンはプレイオフ1回戦でボストン・セルティックスに1勝4敗で敗れた。

Reebok Answer 5 White Red (2019)

Reebok Answer 5

▼価格・在庫をチェック
Stock X

Reebok Answer 6|2002

Reebok Answer 6

前足部に「IVERSON」の文字が刻まれたReebok Answer 6は、2002-03シーズンに着用。アイバーソンは平均2.7スティールで3シーズン連続のスティール王を獲得した。プレイオフではカンファレンス準決勝でデトロイト・ピストンズに敗れている。

Reebok Answer 7|2003

Reebok Answer 7

Reebok Answer 7を着用した2003-04シーズン、アイバーソンは怪我により34試合に欠場。キャリアワーストとなるFG成功率(38.7%)を記録し、チームはプレイオフ進出を逃した。

Reebok Answer 8|2004

Reebok Answer 8

アンサーシリーズ8作目のReebok Answer 8は、レザー素材のアッパーに数字の「8」を散りばめたデザインとなっている。2004-05シーズンのアイバーソンは、平均30.7得点で4度目の得点王を獲得したほか、キャリアハイとなる平均7.9アシストをマークした。

Reebok Question 2|2004

Reebok Question 2

Reebok Question 2は、ルーキーイヤー以来のリリースとなったクエスチョンシリーズの2作目。Question 2を履いてアテネオリンピックに臨んだアイバーソンだったが、チームUSAは過去最低となる3位(銅メダル)で大会を終えた。

Reebok Answer 9|2005

Reebok Answer 9

Reebok Answer 9はポイントガードのアイバーソンに似つかわしくない重量感のあるモデル。アイバーソンはキャリアハイとなる平均33.0得点をマークしたものの、76ersはプレイオフ進出を逃した。

Reebok Answer 10|2006

Reebok Answer 10

Reebok Answer 10はAnswerシリーズ10作目のシグネチャーモデル。アイバーソンは2006-07シーズン途中にデンバー・ナゲッツへと移籍する。

Reebok Answer 11|2007

Reebok Answer 11

Reebok Answer 11はナゲッツでプレイしていた2007年に発売。2007-08シーズンのアイバーソンは全82試合に先発し、平均26.4得点(リーグ3位)、7.1アシスト、2.0スティールをマーク。リーグ屈指のオフェンス能力が健在であることを示した。アイバーソンとカーメロ・アンソニーという強力デュオにより躍進が期待されたナゲッツだったが、かろうじて進出したプレイオフでは、1回戦でコービー・ブライアント、パウ・ガソル擁するロサンゼルス・レイカーズにスウィープされ敗退。同シーズンは、アイバーソンが年間通してプレイした最後のシーズンとなった。

Reebok Question 3|2007

Reebok Question 3

ナゲッツ時代の2007年には、Questionシリーズの第3作目となるQuestion3が発売。Reebok Answer 11に初代Questionのクッショニングを取り入れたバッシュとなっている。

Reebok Answer 12|2008

Reebok Answer 12

Reebok Answer 12は2008年にリリース。アイバーソンは2008-09シーズン途中にデトロイト・ピストンズに移籍。背番号が3から1に変わったため、シュータンに配置されていたI3ロゴがaiアイコンへと変更になった。

Reebok Answer 13|2009

Reebok Answer 13

Reebok Answer 13はアイバーソンが現役中にリリースされた最後のシグネチャーモデル。2009-10シーズン、アイバーソンはメンフィス・グリズリーズからフィラデルフィア・76ersへ移籍。NBAでのラストシーズンを古巣でプレイした。

Reebok Q96|2013

Reebok Q96 Cross Examine Black

Photo:Reebok Q96 Cross Examine Black

Reebok Q96は現役引退後の2013年にリリース。初代Questionに現代的なテクノロジーを加えたモデルとなっている。

Reebok Answer 14|2014

Reebok Answer 14

Reebok Answer 14は、5年ぶりに登場したアンサーシリーズ14作目。2014年にリリースされた。

Reebok IVERSON LEGACY|2018

Reebok Iverson Legacy Black White

Photo:Reebok Iverson Legacy Black White

2018年にリリースされたReebok IVERSON LEGACYは、アイバーソンのシグネチャーシューズの歴史をトリビュートしたモデル。Question Mid、Answer 1、Answer 2、Answer 3、Answer 4の特徴を組み合わせたバッシュとなっている。

Reebok Iverson Legacy Black White

Reebok Iverson Legacy

▼価格・在庫をチェック
Stock X

Reebok Question Iverson x Harden|2020

Reebok Question Mid Iverson x Harden Silver

Photo:Reebok Question Mid Iverson x Harden Silver

Reebok Question Iverson x Hardenは、アイバーソンのファーストシグネチャーであるQuestionとジェームズ・ハーデンの最初のシグネチャー、HARDEN VOL.1のスペシャルコラボレーションモデル。類まれなスコアリング能力を誇る新旧の得点王がバッシュのコラボレーションという形で融合した。

※Reebokは2006年にadidasに買収され、adidasグループ傘下となっている。
Reebok Question Mid Iverson x Harden Silver

Reebok Question Iverson x Harden

▼価格・在庫をチェック
Stock X

選手データ|アレン・アイバーソン

アレン・アイバーソンは、1996年のNBAドラフト1位でNBA入りした稀代のスコアリング・ガード。180cmほど(実際はさらに低かったとも言われる)の身長ながら長いウイングスパンと驚異的な跳躍力、屈指のハンドリングスキルによって得点を量産。シーズンMVP(2001)、4度の得点王、11度のオールスター選出とNBAで輝かしい足跡を残した。キャリアを通じてチャンピオンリング獲得はならなかったものの、コービー・ブライアント、シャキール・オニールティム・ダンカンビンス・カーターらとともにマイケル・ジョーダン引退後のNBA人気を牽引した。

他の選手のシグネチャーはこちら ※スクロールできます→

  • Kobe 1 Protro 2005
    Nike コービー
  • Nike レブロン
  • Harden Vol. 4
    adidas ハーデン
  • UNDER ARMOUR カリー
  • カイリーシリーズ
    Nike カイリー
  • Nike KD 11
    Nike KD