adidas デイム7 レビューまとめ

ステフィン・カリーの歴代バッシュ、シグネチャーまとめ

カリー7

ステフィン・カリーの歴代バッシュ、シグネチャーモデル(Curryシリーズ)を彼のキャリアとともに紹介します。

契約ブランド

2009年のNBAドラフト1巡目7位でゴールデンステイト・ウォリアーズに入団したステフィン・カリーは、Nikeと契約するバスケットボール選手の1人としてキャリアをスタートする。

2013年、当時のNBAでは存在感の小さかったアンダーアーマー(Under Armour)と契約。以降、バスケットボール市場における新興ブランドの顔として毎年シグネチャーシューズを発表している。

※Nikeと契約更新に至らなかった経緯は後述。

ステフィン・カリーのバッシュ一覧

ステフィン・カリーが着用してきたバッシュ、シグネチャーシューズを新しいモデルから順に紹介していきます。

Curry 7|2019

Under Armour Curry 7 Dub Nation

Photo:Under Armour Curry 7 Dub Nation

Under Armour Curry 7は2019年11月にリリース。メッシュとテキスタイルのアッパーが採用され、ミッドソールにはアンダーアーマ独自のMicro G(マイクロG)とHOVRを搭載している。

2019-20シーズン、ステフィン・カリーは開幕当初の負傷により長期離脱を余儀なくされ、キャリア最小の5試合のみの出場となった。同シーズン、Curry 7は弟のセス・カリーや義弟のダミアン・リーが着用している。

Under Armour Curry 7 Dub Nation

Under Armour Curry 7

▼価格・在庫をチェック
Stock X

Curry 6|2019

Under Armour Curry 6 Underrated

Photo:Under Armour Curry 6 Underrated

ステフィン・カリーが2018-19シーズンに着用したバッシュは、2019年1月にリリースされたCurry 6。1試合平均3.7kmを走行するカリーのプレイスタイルに合わせてランニングシューズに近いデザインとなっている。同シーズン、ゴールデンステイト・ウォリアーズは5年連続でNBAファイナルに進出するもケビン・デュラントクレイ・トンプソンの負傷離脱が響き、カワイ・レナード擁するトロント・ラプターズに敗れ3連覇はならなかった。

Under Armour Curry 6 Underrated

Under Armour Curry 6

▼価格・在庫をチェック
Stock X

Curry 3Zer0 2|2018

Curry 3Zer0 2

Photo:Under Armour Curry 3Zer0 2

2018年8月にリリースされたCurry 3Zer0 2は、ステフィン・カリーのもう1つのシグネチャーライン「Curry 3Zer0」シリーズ2作目となるバッシュ。Curry 5のセカンダリーシューズという位置づけとなる。

Curry 3Zer0 2

Under Armour Curry 3Zer0 2

▼価格・在庫をチェック
Amazon

Curry 5|2018

Under Armour Curry 5 Pi Day

Photo:Under Armour Curry 5 Pi Day

Curry 5はPi Day(円周率の日)の3月14日にリリースされたバッシュ。この日はカリーの誕生日でもある。2017-18シーズン、ウォリアーズはNBAファイナルでキャブスをスウィープし2連覇を果たした。

Under Armour Curry 5 Pi Day

Under Armour Curry 5

▼価格・在庫をチェック
Stock X

Curry 4|2017

Under Armour Curry 4 White Black

Photo:Under Armour Curry 4 White Black

2017年にリリースされたCurry 4は、売上が低迷していたカリーのシグネチャーラインに再び注目を集めるため、大胆なハイトップニットのアッパーを採用するなど前作からデザイン面で大きな変更が加えられた。カリーが実戦で初めて着用したのは2017年6月のNBAファイナル第1戦。同ファイナルでカリーは26.8得点、8.0リバウンド、9.4アシストをマークし優勝に貢献した。

Under Armour Curry 4 White Black

Under Armour Curry 4

▼価格・在庫をチェック
Stock X

Curry 3Zer0|2017

Under Armour Curry 3Zer0 Warriors Away

Photo:Under Armour Curry 3Zer0 Warriors Away

Curry 3Zer0はUnder Armourがカリーのもう1つのシグネチャーラインとして2017年3月にリリース。2016-17シーズンのプレイオフでカリーが着用したCurry 3を元にしたモデルとなる。

Under Armour Curry 3Zer0 Warriors Away

Under Armour Curry 3Zer0

▼価格・在庫をチェック
Stock X

Curry 3|2016

UA Curry 3 Dub Nation Heritage

Photo:UA Curry 3 Dub Nation Heritage

2016年10月にリリースされたCurry 3は、ステフィン・カリーが2016-17シーズンに着用したバッシュ。ウォリアーズは、オフに前シーズンのプレイオフで激闘を演じたOKCのエースでリーグ最高のスコアラー、ケビン・デュラントを獲得。ファイナルではキャバリアーズにリベンジを果たした。

UA Curry 3 Dub Nation Heritage

▼価格・在庫をチェック
Stock X

Curry 2.5|2016

UA Curry 2.5 73-9

Photo:UA Curry 2.5 73-9

Curry 2.5はCurry 3の発売に先駆けて2016年4月にリリースされたバッシュとなる。2015-16シーズンのウォリアーズは1995-96シーズンのシカゴ・ブルズが記録した72勝10敗のNBA記録を更新する73勝9敗でレギュラーシーズンをフィニッシュ。2連覇を目指したNBAファイナルでは、レブロン・ジェームズカイリー・アービングの活躍により、キャバリアーズに3勝1敗から3連敗し連覇はならず。

UA Curry 2.5 73-9

Under Armour Curry 2.5

▼価格・在庫をチェック
Stock X

Curry 2|2015

UA Curry 2 Haight Street

Photo:UA Curry 2 Haight Street

ステフィン・カリー2作目のシグネチャーモデルとなるCurry 2はカリーが初優勝を果たしたNBAファイナルから約3ヶ月後の2015年9月にリリース。カリーシリーズの中でも機能面での評価が特に高い一足となっている。

UA Curry 2 Haight Street

Under Armour Curry 2

▼価格・在庫をチェック
Stock X

Curry 1|2015

UA Curry 1 Father to Son

Photo:UA Curry 1 Father to Son

2015年1月、ステフィン・カリー初のシグネチャーモデルCurry1がお披露目された。リーグ最高のスリーポイントシューターとしての評価を受け、その革新的なプレイスタイルでスーパースターの仲間入りをしていたカリーは、初シグネチャーがリリースされた年に初のNBAチャンピオンに輝き、さらにシーズンMVPを初めて受賞。Curry1の登場は奇しくもカリーとウォリアーズを中心とした新たな時代の幕開けと時を同じくした。

▼俳優ジェイミー・フォックスと共演したCMも話題となった。

UA Curry 1 Father to Son

Under Armour Curry 1

▼価格・在庫をチェック
Stock X

シグネチャー登場以前

シグネチャーシューズがリリースされる前、カリーはUnder Armour Anatomix SpawnやUnder Armour Clutchfit Drive 1などのバッシュを履いてプレイしていた。

ナイキと契約していた時期には、Nike Hyperfuseシリーズや、Hyperdunkシリーズ、Nike Zoom BBなどを着用している。

カリーがNikeを離れた理由

デビュー以来ナイキと契約していたカリーが、2013年に当時スタープレイヤーとの契約がなかったアンダーアーマーに移籍する決断をした背景には、契約更新の際の屈辱的とも言えるミーティングがあったと言われている。

同席していたカリーの父、デル・カリーの話によると、ナイキの役員はカリーはファーストネーム「Stephen」を間違えて発音し、訂正することもなかったという。さらにプレゼン資料として使用されたパワーポイントのスライドにはカリーではなく、ケビン・デュラントの名前が映し出されていた。このようなリスペクトを欠く対応がカリーのナイキに対する不信感につながったことは想像に難くない。

対して新興ブランドであるアンダーアーマーはカリーにナイキ以上の契約金を提示し、彼が望んだシグネチャーシューズの製作も約束。ブランドの顔としての唯一無二の役割を与えられることはカリーにとって大きな魅力であった。

これら自身に対する評価の違いに加えて、当時のチームメイトでアンダーアーマーと契約していたケント・ベイズモアの勧誘もあり、カリーは2013年にアンダーアーマーとの契約を発表。ナイキは自らの失態により、その後レブロン・ジェームズと人気を二分するほどのスーパースターへと上り詰めるステフィンカリーという大物を取り逃がした。

選手データ|ステフィン・カリー

NBA史上最高のシューターであると同時に革新的なプレイスタイルでNBAの戦術を変えたゲームチェンジャー。ウォリアーズ王朝の中心選手として2015年から5年連続でファイナルに進出し3度の優勝を飾る。2015年、2016年と2年連続でシーズンMVPを受賞(2016年は史上初の満票での受賞)。

アンダーアーマーの顔として毎年シグネチャーモデル「カリーシリーズ」を発表しており、数あるバスケットシューズの中でも屈指の人気を誇っている。

おすすめのバッシュ記事

Kobe 1 Protro 2005 コービー・ブライアントの歴代バッシュ、シグネチャーまとめ Lebron 17 レブロン・ジェームズの歴代バッシュ、シグネチャーまとめ Nike KD 11 ケビン・デュラントの歴代バッシュ、シグネチャーまとめ カイリーシリーズ カイリー・アービングの歴代バッシュ、シグネチャーモデルまとめ adidas-dame6-pride-via-brkicks200803 デイミアン・リラードの歴代バッシュ、シグネチャーモデルまとめ Air Jordan 34 Hachiko PE 八村塁のバッシュを特集!シグネチャーモデルは? エアジョーダン34 エアジョーダン34 / 特徴 / レビュー / 着用選手紹介