八村モデル登場!エアジョーダン35特集 >>

アレン・アイバーソン / 経歴 / スタッツ / 年俸総額

アレン・アイバーソン

アレン・アイバーソン(1975 – )のプロフィール、キャリア概要、エピソード、スタッツ(NBA / 大学 / 国際大会)、年俸、NBA 2Kレーティングを紹介します。
Allen Iverson
身長 / 体重 183cm / 75kg(
生年月日 1975年6月7日
出身地 バージニア州ハンプトン
ポジション PG / SG
背番号 3(76ers永久欠番) / 1
シューズ Reebok
SNS Twitter / Instagram
略歴
1996-2006 フィラデルフィア・76ers
2006-2008 デンバー・ナゲッツ
2008-2009 デトロイト・ピストンズ
2009 メンフィス・グリズリーズ
2009-2010 フィラデルフィア・76ers
2010-2011 ベシクタシュJK(トルコ)
NBAドラフト 1996年1巡目1位
出身校 ジョージタウン大学

受賞歴・実績

  • 1 × シーズンMVP
  • 11 × オールスター
  • 2 × オールスターMVP
  • 3 × オールNBA1stチーム
  • 3 × オールNBA2ndチーム
  • 1 × オールNBA3rdチーム
  • 4 × 得点王
  • 3 × スティール王
  • 新人王(1997)
  • オールルーキー1stチーム
  • バスケットボール殿堂(2016)
アレン・アイバーソン – 通算成績
アレン・アイバーソン 得点 REB AST STL BLK
平均 26.7 3.7 6.2 2.2 0.2
合計 24,368 3,394 5,624 1,983 164

スタッツ(個人成績)

NBA(レギュラーシーズン)

※横にスクロールできます。
※太字はリーグ1位

シーズン 年齢 所属 試合 先発 時間 FG FGA FG% 3P 3PA 3P% 2P 2PA 2P% eFG% FT FTA FT% ORB DRB TRB AST STL BLK TOV PF 得点
1996-97 21 PHI 76 74 40.1 8.2 19.8 .416 2.0 6.0 .341 6.2 13.8 .448 .467 5.0 7.2 .702 1.5 2.6 4.1 7.5 2.1 0.3 4.4 3.1 23.5
1997-98 22 PHI 80 80 39.4 8.1 17.6 .461 0.9 2.9 .298 7.2 14.7 .494 .486 4.9 6.7 .729 1.1 2.6 3.7 6.2 2.2 0.3 3.1 2.5 22.0
1998-99 23 PHI 48 48 41.5 9.1 22.0 .412 1.2 4.1 .291 7.9 17.9 .440 .439 7.4 9.9 .751 1.4 3.5 4.9 4.6 2.3 0.1 3.5 2.0 26.8
1999-00 24 PHI 70 70 40.8 10.4 24.8 .421 1.3 3.7 .341 9.1 21.0 .435 .446 6.3 8.9 .713 1.0 2.8 3.8 4.7 2.1 0.1 3.3 2.3 28.4
2000-01 25 PHI 71 71 42.0 10.7 25.5 .420 1.4 4.3 .320 9.4 21.2 .441 .447 8.2 10.1 .814 0.7 3.1 3.8 4.6 2.5 0.3 3.3 2.1 31.1
2001-02 26 PHI 60 59 43.7 11.1 27.8 .398 1.3 4.5 .291 9.8 23.4 .419 .422 7.9 9.8 .812 0.7 3.8 4.5 5.5 2.8 0.2 4.0 1.7 31.4
2002-03 27 PHI 82 82 42.5 9.8 23.7 .414 1.0 3.7 .277 8.8 20.0 .440 .436 7.0 9.0 .774 0.8 3.4 4.2 5.5 2.7 0.2 3.5 1.8 27.6
2003-04 28 PHI 48 47 42.5 9.1 23.4 .387 1.2 4.1 .286 7.9 19.3 .408 .412 7.1 9.5 .745 0.7 3.0 3.7 6.8 2.4 0.1 4.4 1.8 26.4
2004-05 29 PHI 75 75 42.3 10.3 24.2 .424 1.4 4.5 .308 8.9 19.7 .451 .453 8.7 10.5 .835 0.7 3.3 4.0 7.9 2.4 0.1 4.6 1.9 30.7
2005-06 30 PHI 72 72 43.1 11.3 25.3 .447 1.0 3.1 .323 10.3 22.2 .465 .467 9.4 11.5 .814 0.6 2.6 3.2 7.4 1.9 0.1 3.4 1.7 33.0
2006-07 31 ▼合計 65 64 42.5 8.9 20.2 .442 1.0 3.0 .315 8.0 17.2 .465 .466 7.5 9.4 .795 0.4 2.6 3.0 7.2 1.9 0.2 4.1 1.5 26.3
2006-07 31 PHI 15 15 42.7 10.1 24.4 .413 0.8 3.5 .226 9.3 20.9 .444 .429 10.3 11.6 .885 0.5 2.3 2.7 7.3 2.2 0.1 4.4 1.4 31.2
2006-07 31 DEN 50 49 42.4 8.6 18.9 .454 1.0 2.9 .347 7.6 16.1 .473 .480 6.6 8.7 .759 0.3 2.7 3.0 7.2 1.8 0.2 4.0 1.5 24.8
2007-08 32 DEN 82 82 41.8 8.7 19.0 .458 1.2 3.4 .345 7.5 15.6 .482 .488 7.9 9.7 .809 0.6 2.4 3.0 7.1 2.0 0.1 3.0 1.3 26.4
2008-09 33 ▼合計 57 53 36.7 6.1 14.6 .417 0.5 1.7 .283 5.6 12.9 .435 .434 4.8 6.1 .781 0.5 2.5 3.0 5.0 1.5 0.1 2.6 1.5 17.5
2008-09 33 DEN 3 3 41.0 6.0 13.3 .450 0.7 2.7 .250 5.3 10.7 .500 .475 6.0 8.3 .720 1.0 1.7 2.7 6.7 1.0 0.3 3.3 1.0 18.7
2008-09 33 DET 54 50 36.5 6.1 14.7 .416 0.5 1.7 .286 5.6 13.0 .432 .432 4.7 6.0 .786 0.5 2.6 3.1 4.9 1.6 0.1 2.5 1.5 17.4
2009-10 34 ▼合計 28 24 30.9 4.9 11.3 .430 0.3 0.9 .360 4.5 10.4 .436 .445 3.7 4.7 .794 0.6 2.3 2.8 4.0 0.7 0.1 2.3 1.7 13.8
2009-10 34 MEM 3 0 22.3 5.0 8.7 .577 0.3 0.3 1.000 4.7 8.3 .560 .596 2.0 4.0 .500 0.3 1.0 1.3 3.7 0.3 0.0 2.3 1.7 12.3
2009-10 34 PHI 25 24 31.9 4.8 11.6 .417 0.3 1.0 .333 4.5 10.6 .425 .431 3.9 4.8 .824 0.6 2.4 3.0 4.1 0.7 0.1 2.3 1.7 13.9
通算 914 901 41.1 9.3 21.8 .425 1.2 3.7 .313 8.1 18.1 .448 .452 7.0 8.9 .780 0.8 2.9 3.7 6.2 2.2 0.2 3.6 1.9 26.7

NBA(プレイオフ)

シーズン 年齢 所属 試合 先発 時間 FG FGA FG% 3P 3PA 3P% 2P 2PA 2P% eFG% FT FTA FT% ORB DRB TRB AST STL BLK TOV PF 得点
1998-99 23 PHI 8 8 44.8 11.0 26.8 .411 1.9 6.6 .283 9.1 20.1 .453 .446 4.6 6.5 .712 1.8 2.4 4.1 4.9 2.5 0.3 3.0 2.4 28.5
1999-00 24 PHI 10 10 44.4 9.1 23.7 .384 1.2 3.9 .308 7.9 19.8 .399 .409 6.8 9.2 .739 1.4 2.6 4.0 4.5 1.2 0.1 3.2 2.4 26.2
2000-01 25 PHI 22 22 46.2 11.7 30.0 .389 2.2 6.5 .338 9.5 23.6 .403 .425 7.3 9.5 .774 0.7 4.0 4.7 6.1 2.4 0.3 2.9 2.5 32.9
2001-02 26 PHI 5 5 41.8 9.0 23.6 .381 1.8 5.4 .333 7.2 18.2 .396 .419 10.2 12.6 .810 0.2 3.4 3.6 4.2 2.6 0.0 2.4 1.6 30.0
2002-03 27 PHI 12 12 46.4 11.4 27.4 .416 1.6 4.6 .345 9.8 22.8 .431 .445 7.3 9.8 .737 0.9 3.4 4.3 7.4 2.4 0.1 3.9 2.1 31.7
2004-05 29 PHI 5 5 47.6 11.8 25.2 .468 2.4 5.8 .414 9.4 19.4 .485 .516 5.2 5.8 .897 0.0 2.2 2.2 10.0 2.0 0.4 4.2 2.4 31.2
2006-07 31 DEN 5 5 44.6 8.4 22.8 .368 1.0 3.4 .294 7.4 19.4 .381 .390 5.0 6.2 .806 0.0 0.6 0.6 5.8 1.4 0.0 3.0 2.2 22.8
2007-08 32 DEN 4 4 39.5 9.0 20.8 .434 0.8 3.5 .214 8.3 17.3 .478 .452 5.8 8.3 .697 1.0 2.0 3.0 4.5 1.0 0.3 1.8 0.8 24.5
通算 71 71 45.1 10.6 26.5 .401 1.7 5.3 .327 8.9 21.2 .420 .434 6.7 8.8 .764 0.8 3.0 3.8 6.0 2.1 0.2 3.1 2.2 29.7

NBAオールスター

シーズン Tm 出場 先発 時間 FGM FGA FG% 3PM 3PA 3P% FTM FTA FT% OFF DEF TRB AST STL BLK PF TOV 得点
2000 East 1 1 28 10 18 .556 2 2 1.000 4 5 .800 2 0 2 9 2 0 0 5 26
2001 East 1 1 27 9 21 .429 1 1 1.000 6 6 1.000 0 2 2 5 4 0 0 4 25
2002 East 1 1 25 2 9 .222 0 0 .000 1 2 .500 1 3 4 3 0 0 0 2 5
2003 East 1 1 41 13 23 .565 1 3 .333 8 9 .889 3 2 5 7 5 0 2 6 35
2004 East 1 1 23 1 6 .167 0 0 .000 1 4 .250 0 1 1 11 0 0 3 4 3
2005 East 1 1 32 4 13 .308 0 0 .000 7 7 1.000 0 4 4 9 5 0 0 7 15
2006 East 1 1 26 5 14 .357 0 0 .000 2 4 .500 0 2 2 2 0 0 0 3 12
2008 West 1 1 21 3 7 .429 0 0 .000 1 2 .500 1 1 2 6 4 1 0 6 7
2009 East 1 1 15 1 4 .250 0 0 .000 0 0 .000 0 1 1 3 1 0 1 1 2
合計 9 9 238 48 115 .417 4 6 .667 30 39 .769 7 16 23 55 21 1 6 38 130
平均 9 9 26.4 5.33 12.78 .417 0.44 0.67 .667 3.33 4.33 .769 0.78 1.78 2.56 6.11 2.33 0.11 0.67 4.22 14.44

大学

シーズン 大学 Conf 出場 先発 時間 FG FGA FG% 2P 2PA 2P% 3P 3PA 3P% FT FTA FT% TRB AST STL BLK TOV PF 得点
1994-95 ジョージタウン Big East 30 32.2 6.8 17.3 .390 5.6 12.3 .455 1.2 5.0 .232 5.7 8.3 .688 3.3 4.5 3.0 0.2 4.4 2.6 20.4
1995-96 ジョージタウン Big East 37 37 32.8 8.4 17.6 .480 6.1 11.1 .546 2.4 6.4 .366 5.8 8.6 .678 3.8 4.7 3.4 0.4 3.8 2.4 25.0
Career ジョージタウン Big East 67 37 32.5 7.7 17.5 .440 5.9 11.7 .503 1.8 5.8 .314 5.8 8.5 .683 3.6 4.6 3.2 0.3 4.1 2.5 23.0

国際大会

開催地 出場 時間 FGM FGA FG% 3PM 3PA 3P% FTM FTA FT% TRB AST STL BLK PF TOV 得点 順位
2004 アテネ 8 27:07 4.2 11.2 .378 1.9 5.1 .366 3.4 4.8 .711 1.8 2.5 1.4 0.1 1.2 1.5 13.8 銅メダル
参照スタッツ
NBA:Basketball-Reference.com
大学:College Basketball at Sports-Reference.com
オールスター / 国際大会:RealGM

年俸(サラリー)

アレン・アイバーソンの年俸(サラリー)総額は、154,494,445ドル。日本円にして約171億6千万円となっている。

アレン・アイバーソンの年俸の推移は下記の通り。

シーズン 所属 ドル
2009/10 MEM $161,386 1千4百万
2009/10 PHI $1,029,794 9千万
2008/09 DET $20,840,625 19億5千万
2007/08 DEN $19,012,500 19億5千万
2006/07 DEN $17,184,375 20億2千万
2005/06 PHI $16,453,125 19億
2004/05 PHI $14,625,000 16億
2003/04 PHI $13,500,000 14億5千万
2002/03 PHI $12,375,000 14億3千万
2001/02 PHI $11,250,000 14億
2000/01 PHI $10,130,000 12億3千万
1999/00 PHI $9,000,000 9億7千万
1998/99 PHI $3,537,000 4億
1997/98 PHI $3,128,640 4億
1996/97 PHI $2,267,000 2億7千万
総額   $154,494,445 171億6千万
参照データ
年俸:HoopsHype
為替レート(年平均):MacroTrends

円換算の計算式
ドル年俸 × 当該年の為替レート(年平均)
※百万の位以下切り捨て

NBA 2K レーティング

アレン・アイバーソンのNBA 2Kレーティングは以下の通り。

タイトル チーム レーティング
NBA2K21 2000年代オールスター 97
参照:2KRATINGS / HoopsHype
※2Kレーティングとは、ゲームソフト「NBA 2K」内において選手の能力を数値化した指標。当該選手が複数チームに所属している場合は最高値を記載。

アレン・アイバーソン|キャリア概要

高校時代

アレン・アイバーソンは1975年6月7日バージニア州ハンプトン生まれ。高校時代からフットボールとバスケットボールの両方で才能を発揮し、スター選手として注目を集めるが、17歳の時にボウリング場で起こった乱闘に参加した罪で投獄。最終的に証拠不十分のために有罪判決は覆された(事件の背景には人種差別があったとされる)。

ジョージタウン大学

アイバーソンはワシントンD.C.のジョージタウン大学から奨学金を得て入学。2年間で平均23.0得点、4.6アシスト、3.2スティールのスタッツを残し1996年のオールアメリカン1stチームに選出された。

▼アレン・アイバーソン 1996年NCAAトーナメントのハイライト

NBA

キャリア初期〜全盛期

1996年のNBAドラフト1位でフィラデルフィア・76ersに指名を受け契約。ルーキーイヤーはPGとしてプレイし平均23.5得点、4.1リバウンド、7.5アシスト、2.1スティールをマーク。新人王を受賞する。シカゴ・ブルズ戦ではマイケル・ジョーダンをクロスオーバードリブルで左右に揺さぶりジャンパーを沈めるなど、新たなスター誕生を印象づけた。

▼ルーキーのアイバーソンがクロスオーバーでジョーダンを交わした瞬間

1998-99シーズン、アイバーソンはSGとしてプレイし平均26.8得点を記録。NBA史上最低身長の得点王となった。

76ersはプレイオフでなかなか勝ち上がれずにいたが、2000-01シーズンはイースタンカンファレンスを制しNBAファイナルに進出。シャック & コービーのレイカーズにプレイオフ唯一の黒星を付けるもその後4連敗し優勝はならず。同シーズン、アイバーソンはシーズンMVP、オールスターMVP、得点王(平均31.1得点)、スティール王(平均2.5)に輝き、キャリアの絶頂にあった。

キャリア晩年

アイバーソンは2006-07年シーズンの途中でデンバー・ナゲッツにトレードされる。若きスコアラー、カーメロ・アンソニーとデュオを結成し期待されたがプレイオフで勝ち進むことはできなかった。

その後、デトロイト・ピストンズ、メンフィス・グリズリーズと渡り歩き、2009-10シーズンに76ersに復帰。この年がNBAでの最後のシーズンとなった。

2010-11シーズンはトルコのベシクタシュJKと契約するも出場は限られ、2013年10月30日に正式に引退を表明。キャリア通算24,368得点(平均26.7)、3,394リバウンド(平均3.7)、5,624アシスト(平均6.2)、1,983スティール(平均2.2)を記録した。

国際大会

福岡ユニバーシアード

アイバーソンは1995年の福岡ユニバーシアードにティム・ダンカンレイ・アレンらとともに参加。決勝戦で高橋マイケル、長谷川誠、佐古賢一らを擁した日本代表を141対81で破り優勝を飾った。

アテネ・オリンピック

国際大会への参加に強いモチベーションを抱いていたアイバーソンは、2004年のアテネ・オリンピックに参加。ティム・ダンカン、レブロン・ジェームズドウェイン・ウェイド、カーメロ・アンソニーらを擁したアメリカ代表だったが、準決勝でマヌ・ジノビリのアルゼンチン代表に敗れ銅メダルに終わった。

アイバーソンは平均13.8得点、4.6アシスト、3.2スティールを記録した。

引退後

アレン・アイバーソンは引退後の2016年、シャキール・オニール、ヤオ・ミンらとともにネイスミス記念バスケットボール殿堂入りを果たす。

2017年には3on3のプロリーグBig3にコーチ兼選手として参加し、9分間のみプレイした(2得点)。

▼アレン・アイバーソン キャリアTop10プレイ

エピソード

  • 2018年のインタビューにて、歴代ベスト5にマイケル・ジョーダン、シャキール・オニール、コービー・ブライアント、レブロン・ジェームズ、ステフィン・カリーを選んだ。
  • コービー・ブライアントと1996年ドラフトの同期である。コービーが2020年1月26日に事故死した際、アイバーソンはインスタグラム上で追悼のメッセージを投稿した(@theofficialai3)。