NBA 2K21 情報まとめ

シェーファーアヴィ幸樹の身長・経歴・スタッツまとめ

205cmの身長と強靭なフィジカルを持つ日本期待のインサイドプレイヤー、シェーファーアヴィ幸樹。NCAAディビジョン1の強豪、ジョージア工科大学を休学し、2018年からBリーグでプレイしています。

以下、シェーファーアヴィ幸樹のプロフィールや経歴、スタッツをまとめました。

シェーファーアヴィ幸樹の身長・プロフィール

シェーファーアヴィ幸樹のプロフィール
  • 名前:シェーファーアヴィ幸樹(Avi Koki Schafer)
  • 生年月日:1998年1月28日
  • 出身:兵庫県
  • 高校:セントメリーズ・インターナショナルスクール
  • 大学:ジョージア工科大学
  • 所属:滋賀レイクスターズ←アルバルク東京
  • 身長:205cm
  • 体重:107kg
  • ポジション:PF(パワーフォワード) / C(センター)

参照:シェーファー アヴィ幸樹 | B.LEAGUE(Bリーグ)公式サイト

シェーファーアヴィ幸樹のInstagram、Twitter

経歴

高校以前|サッカークラブに所属

大阪府吹田市生まれ、兵庫県育ち。父はアメリカ人、母は日本人。もともとはサッカーをしており、元日本代表の香川真司が小学生時代に所属していた神戸の強豪サッカークラブ、センアーノ神戸(元・神戸NKサッカークラブ)に所属しフォワード、センターバックを兼任していた。

高校1年のはじめに父親の転勤に伴い東京に転居。セントメリーズ・インターナショナルスクールに入学しサッカー部に入部するも求めていたレベルとの相違からモチベーションを失う。高校2年次の2014年11月、誘われていたバスケ部に入部しサッカーに別れを告げる。

ブリュースター・アカデミー|年代別の日本代表に選出

所属していたクラブチームがU16日本代表と試合をした際に、代表コーチのトーステン・ロイブルにその才能を見出され、2015年11月にU18のトップエンデバーに選出。同い年の八村塁と出会う。

その後、アメリカの大学進学を目指してプレップスクールの強豪でドノバン・ミッチェルらを輩出しているブリュースター・アカデミーに入学。チームは2016-2017シーズンに33勝0敗の成績を挙げてNEPSACのAAAタイトル獲得。出場機会は限られたものの、NCAAディビジョン1でデューク大やノースカロライナ大が所属する強豪カンファレンス(ACC)のジョージア工科大学から声をかけられる。奨学金はなかったものの専攻していた物理がトップレベルであることなどもあり入学することを選択した。

2016年FIBAアジアU18選手権に出場し、1試合平均4.9得点4.5リバウンドのスタッツを記録。2017年夏、FIBA U19バスケットボールワールドカップに出場。エース八村塁のバックアッパーとして堅実なプレイを見せ、史上最高の10位フィニッシュに貢献した。

ジョージア工科大学

ジョージア工科大学ではなかなか出場機会を得られず、シーズンでのプレイは2試合にとどまる。

当時のチームメイトにはNBAドラフト2018で1巡目20位指名を受けNBA入りしたジョシュ・オコーギーがいた。

Bリーグ

ジョージア工科大学を休学し、2018年12月にBリーグのアルバルク東京と契約。2018-19シーズンは14試合に出場(平均出場時間3分)。

2019-20シーズンに滋賀レイクスターズへ移籍。平均15分の出場で4.1得点、4.5リバウンドのスタッツを残し、河村勇輝らと共に新人賞ベストファイブに選出された。

2019年夏に中国で行われたFIBAバスケットボールワールドカップでは八村塁とともにチーム最年少として2試合に出場。大敗したアメリカ戦後には、同じブリュースター・アカデミー出身のドノバン・ミッチェルと言葉を交わした。

▼前所属のアルバルク東京戦で16点、14リバウンド、6アシストの活躍を見せたシェーファー

スタッツ

Bリーグ

※横にスクロールできます。

シーズン チーム 試合 先発 時間 FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG 得点
18-19 アルバルク東京 14 0 3 35.7% 0.0% 70.0% 0.7 0.1 0.1 0.1 1.2
19-20 滋賀レイクスターズ 41 9 15 49.7% 0.0% 53.8% 4.5 0.8 0.3 0.3 4.1

参照:シェーファー アヴィ幸樹 | B.LEAGUE(Bリーグ)公式サイト

プレイスタイル

205cm、107kgのフィジカルを活かしたゴール下での体を張ったプレイが持ち味。リバウンドやルーズボールに飛び込むハッスルプレイも見せます。オフェンスでの得点パターンはまだ多くありませんが、高さと体の強さを兼ね備えたシェーファーの存在は日本代表でも貴重な戦力となるでしょう。高校2年次にバスケットボールを始めたことから、伸び代はまだまだあるはずです。

強豪ジョージア工科大学を休学し、Bリーグに挑戦した理由の1つとして東京オリンピックの存在を挙げたシェーファーアヴィ幸樹。2021年のオリンピックの日本代表に選ばれる可能性は高いでしょう。今後も彼の活躍に注目していきます。

こちらもおすすめ

八村塁 八村塁 / 経歴 / スタッツ / プレイスタイル Yuta Watanabe 【渡邊雄太】の身長 / 経歴 / スタッツ〜NBAに定着するために 馬場雄大 馬場雄大 / 経歴 / スタッツ / プレイスタイル テーブス海 テーブス海 / 経歴 / スタッツ / プレイスタイル 富永啓生 富永啓生の身長やスタッツまとめ。NBAの可能性は? 河村勇輝 プロフィール スタッツ 河村勇輝の経歴・スタッツまとめ。NBAの可能性は?