田中力の経歴・身長は?大学進学やNBAの可能性はどれくらい?

アメリカのIMGアカデミーでプレイする田中力。史上最年少の15歳で日本代表候補に選ばれるなど、将来を嘱望される才能豊かなポイントガードです。

NBAを目指していると公言する田中力の身長などの基本情報、経歴をまとめました。

田中力の生年月日・身長・SNSアカウント

田中力の生年月日や出身地、所属、SNSアカウントは以下の通りです。

  • 生年月日:2002年5月4日
  • 出身:神奈川県横須賀市
  • 身長:187cm
  • 所属:IMGアカデミー(フロリダ)

SNSアカウント

田中力の経歴

小学4年生でバスケを始める

田中力は2002年5月4日、アメリカ人の父と日本人の母の間に生まれました。幼少期にはハワイとミシシッピにも住んでいたことがあり、英語が堪能。

横須賀市立諏訪小学校4年生の時にバスケットボールを始めました。小学校のミニバスに所属。

6年生でスタメンになり、1試合で85得点(チーム総得点は87点)を挙げるなど、早くからその才能を発揮しています。

小学校時代は一日に7〜8時間ほど練習をしていたとのこと。

ハーフということで練習試合で目立つことから、試合に出ていないと「威圧感だけか」などと言われることもあったそうです。それが悔しくて「絶対に勝ってやろう」という気持ちになったとインタビューで答えています。

横須賀市立坂本中学校時代

2015年、横須賀市立坂本中学校に入学。

2017年6月、オーストラリアでのNBAグローバルアカデミーキャンプに参加。

バスケットボール部では、中学3年次に関東大会1回戦で梅丘中学校に敗れて引退しました。

2018年3月(中学3年次)、U15横浜ビー・コルセアーズに所属し、「B.LEAGUE U15 CHALLENGE CUP 2018」に出場。大会MVPに選出されました。

IMGアカデミー

中学卒業後の進路としてアメリカのIMGアカデミーを選択。Youtubeで見た動画がきっかけで12歳の頃からIMGでプレイしたいと夢見ていたとのこと。

IMGへはSophomore(2年生※)からの編入となります。最初の頃はチームメイトのレベルの高さに驚いたそうですが、徐々に適応してプレイタイムを獲得。

日本ではスコアラーとして活躍していましたが、IMGではパス主体のポイントガードとしてプレイスタイルに変化が見られます。

※アメリカの高校は4年生で、1年生=Freshman 2年生=Sophomore 3年生=Junior 4年生=Seniorと呼ばれます。

田中力の目標はNBA

田中力は将来の目標をNBAと明言しています。IMGアカデミーはこれまでに多くのNBA選手を輩出している全米屈指の強豪校です。田中がIMGでプレイタイムを得ていることから考えれば、NBA入りは決して無謀な目標とは言えないでしょう。

当面は、試合で活躍してNCAA D1の強豪チームからのオファーを待つことになりそうです。

参考

1試合85点、史上最年少で代表候補入り…「最高の素材」田中力が描く米国での成長プラン|BASKETBALL KING

【インタビュー】田中力、激動の1年間を経て新たな挑戦へ「八村さんみたいにNBAを目指して」|BASKETBALL KING

15歳田中力、NBA入り目指して米国IMG留学へ|日刊スポーツ

16歳で米国でプレー、東京五輪も……。田中力はバスケの夢を叶えている!|Number Web

平成28年度(2016年度)男子U16日本代表|JBA

【日本バスケの未来を担う男】スーパー中学生・田中力、その素顔に迫るインタビュー!&スキル集|Youtube