八村塁着用 Air Jordan 34 特集 >>

田中力の経歴・身長は?大学進学やNBAの可能性はどれくらい?

田中力

アメリカのIMGアカデミーでプレイする田中力。史上最年少の15歳で日本代表候補に選ばれるなど、将来を嘱望される才能豊かなポイントガードです。NBAを目指していると公言する田中力の身長などの基本情報、経歴をまとめました。
田中力
身長 / 体重 188cm / 86kg(
生年月日 2002年5月4日
出身地 神奈川県横須賀市
ポジション PG(ポイントガード)
出身校 横須賀市立坂本中学校
所属 IMGアカデミー(フロリダ)

田中力の経歴

小学4年生でバスケを始める

田中力は2002年5月4日、アメリカ人の父と日本人の母の間に生まれた。幼少期にはハワイとミシシッピにも住んでいたことがあり、英語が堪能である。

横須賀市立諏訪小学校4年生の時にバスケットボールを始める。小学校ではミニバスのチームに所属。

6年生でスターターになり、1試合で85得点(チーム総得点は87点)を挙げるなど、早くからその才能を発揮。小学校時代は一日に7〜8時間ほど練習をしていた。

「ハーフ」ということで練習試合で目立つことから、試合に出ていないと「威圧感だけか」などと言われることもあったという。それが悔しく「絶対に勝ってやろう」という気持ちになったと、過去のインタビューで答えている。

横須賀市立坂本中学校時代

2015年、横須賀市立坂本中学校に入学。

2017年6月、オーストラリアでのNBAグローバルアカデミーキャンプに参加する。

バスケットボール部では、中学3年次に関東大会1回戦で梅丘中学校に敗れて引退した。

2018年3月(中学3年次)、U15横浜ビー・コルセアーズに所属し、「B.LEAGUE U15 CHALLENGE CUP 2018」に出場。大会MVPに選出された。

IMGアカデミー

中学卒業後の進路としてアメリカのIMGアカデミーを選択。Youtubeで見た動画がきっかけで12歳の頃からIMGでプレイしたいと夢見ていた。

IMGへはSophomore(2年生※)からの編入となった。当初はチームメイトのレベルの高さに驚いたが、徐々に適応してプレイタイムを獲得。

日本ではスコアラーとして活躍していたが、IMGではパス主体のポイントガードとしてプレイスタイルに変化が見られる。

※アメリカの高校は4年制。1年生=Freshman 2年生=Sophomore 3年生=Junior 4年生=Seniorと呼ばれる。

田中力の目標はNBA

田中力は将来の目標をNBAと明言している。IMGアカデミーはこれまでに多くのNBA選手を輩出している全米屈指の強豪校。田中がIMGでプレイタイムを得ていることから考えれば、NBA入りは決して無謀な目標とは言えないだろう。

当面は、試合で活躍してNCAA D1の強豪チームからのオファーを待つことになりそうだ。

関連記事

田中力 Tweet #BLM 田中力がBlack Lives Matter運動に連帯の意志を示す