NBA 2K21 情報まとめ

八村塁の弟、八村阿蓮の身長やプロフィールを紹介。代表での共演は?

八村阿蓮

NBAで活躍する八村塁の弟、八村阿蓮。明成高校3年次にエースとしてチームを牽引しウィンターカップで優勝。東海大学では1年次から主力としてインカレ優勝に貢献するなど、大学バスケ界屈指のプレイヤーとして将来を嘱望されています。

今回は、日本代表での兄弟共演も期待される八村阿蓮の身長やプロフィール、経歴、スタッツ、プレイスタイルをまとめました。

八村阿蓮の身長・プロフィール

八村阿蓮のプロフィール
  • 名前:八村阿蓮(Aren Hachimura)
  • 生年月日:1999年12月20日
  • 出身:富山県
  • 中学:梅丘中学校
  • 高校:明成高校
  • 大学:東海大学
  • 身長:198cm
  • 体重:98kg
  • 足のサイズ:31cm
  • ポジション:C(センター) / PF(パワーフォワード)

参照:東海大学男子バスケットボール部公式ホームページ

▼兄・八村塁と弟・八村阿蓮の2ショット(NBAドラフト2019にて)

弟・八村阿蓮の身長は兄・八村塁より5cmほど低い198cm。高校3年の時から2cm伸びているそうなので、今後さらに伸びるかもしれません。フィジカル・トレーニングにより体重も高校時代から10kg増加して98kgとなっています。

八村阿蓮のInstagram、Twitter

経歴

まずは、八村阿蓮の経歴を振り返っていきます。

小学6年からバスケットボールを始める

1999年12月20日生まれ。兄、八村塁の2学年下にあたる。子供の頃の夢はサッカー選手。小学6年生の時に兄がやっていたバスケットボールを始める。中学は東京都世田谷区にあるバスケットボールの強豪、梅丘中学でプレイ。全中(全国中学校バスケットボール大会)出場を果たす。

明成高校|ウィンターカップで優勝

高校は兄と同じ宮城県の明成高校に進学。1年次には当時3年生の塁とともにウィンターカップで優勝。

兄の代が達成したウィンターカップ3連覇の次の年、阿蓮が2年次のウィンターカップでは1回戦敗退。エースとして迎えた3年次のインターハイでは決勝で福岡大附属大濠高校に1点差で敗れたが、冬のウィンターカップで優勝し昨年の雪辱を果たす。当時、ゴンザガ大学でプレイしていた八村塁は弟・阿蓮ら後輩たちの優勝に対して自分が3連覇した時よりも嬉しいと語った。

東海大学|インカレで優勝

明成高校を卒業した八村塁は東海大学に進学。大学初年度から北陸学院高校出身の大倉颯太とともに1年生コンビとして活躍する。関東大学リーグ9位とシード枠に入れなかったものの、前評判を覆してインカレで優勝を果たす(東海大学は5年ぶり5回目の優勝)。

2年次はインカレ準決勝で昨年決勝で対戦した専修大学に敗れて2連覇はならず。

3年生シーズンには河村勇輝(高校生Bリーガーとして活躍し大きな注目を集めた)が入学しチームメイトとなる。

▼八村阿蓮 東海大学2年次(2019-20シーズン)のハイライト動画

スタッツ

東海大学(関東リーグ)でのスタッツ

※横にスクロールできます。

シーズン チーム 試合 時間 FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG 得点
2018 東海大 22 23.0 61.0% 12.5% 66.1% 7.0 0.4 0.2 1.0 11.2
2019 東海大 22 23.3 41.7% 24.4% 70.6% 7.0 0.5 0.3 0.7 9.6

※関東大学バスケットボール連盟のサイトに記載されているトータルスタッツから1試合平均を計算しています。

【元データ】
個人スタッツ(2018) | 一般社団法人関東大学バスケットボール連盟
個人スタッツ(2019) | 一般社団法人関東大学バスケットボール連盟

プレイスタイル

高校時代から現在に至るまでゴール下を主戦場とするインサイドプレイヤー。身長は兄・八村塁よりも5cm低く体重も軽いですが、兄同様体が強く、ゴール近辺で高い得点力を発揮します。リバウンドやブロックも大きな持ち味です。

本人はアウトサイドのプレイを伸ばしていきたいと語っており、大学の試合では3ポイントシュートを決める場面も見られます。

大学に入学してからジャンプ力が向上しており、今では簡単にダンクができるようになったとインタビューで語っています。

▼ダンクを披露する八村阿蓮

兄・八村塁との日本代表での共演は?

八村阿蓮は将来の目標としてBリーグで活躍すること、兄・八村塁と日本代表でともにプレイすることの2つを挙げています。阿蓮は各年代の日本代表に選出されており、同世代で日本トップレベルの実力があることは間違いありません。将来的に日本代表に入ってくることも十分に考えられるでしょう。

日本代表ではインサイドの戦力が手薄です(ここ数年、随分とレベルアップしましたが)。国際大会に出場できる帰化選手(ライアン・ロシターが有力でしょうか)は1人だけですから、インサイドで体を張ったプレイのできる八村阿蓮がメンバーに割って入る可能性はあると思います。今後は竹内兄弟やシェーファーアヴィ幸樹、渡辺飛勇、張本天傑らとポジション争いをしていくことになるでしょう。

まずは本人の目標であるBリーグで実績を残し、多くのバスケファンが待ち望む日本代表での八村兄弟の共演を期待したいところです。

おすすめ記事

▼八村阿蓮の兄・塁のプロフィールやスタッツを紹介した記事はこちら
八村塁 八村塁 / 経歴 / スタッツ / プレイスタイル

▼東海大学のチームメイト・河村勇輝の経歴、スタッツまとめ
河村勇輝 プロフィール スタッツ 河村勇輝の経歴・スタッツまとめ。NBAの可能性は?