テーブス海の経歴とプレイスタイル|NBA入りも夢ではない逸材

テーブス海 プロフィール

高校2年次に海を渡り、アメリカで着実に実力をつけてきたテーブス海(Kai Toews)。プレップスクールでの活躍が認められ6校来たオファーの中からNCAAディヴィジョン1のノースカロライナ大学ウィルミントン校(UNCW)への進学を決断しました。

大学ではフレッシュマン(1年生)「ながらスタートPGとして活躍を見せNCAAディビジョン1全体で2場面の平均アシストを記録。2年目のシーズン途中でUNCWを離れ、日本のBリーグ宇都宮ブレックスに入団することになりました。

以下、渡邊雄太や八村塁とともに日本代表の将来を担う一人と期待されるポイントガード、テーブス海の経歴、スタッツ、プレイスタイルを紹介していきます。

テーブス海の生年月日・身長・ポジション

  • 生年月日:1998/09/17
  • 出身地:兵庫県
  • 身長: 188cm (6’2ft)
  • 体重:82kg (180lb)
  • ポジション:ポイントガード

参照:OFFICIAL HOME OF THE UNCW SEAHAWKS

テーブス海の経歴|中学・高校・大学

生い立ち|中学時代にU15日本代表に選出

テーブス海は1998年、日本人の母と元プロバスケットボール選手で指導者として日本でのコーチングのキャリアを持つカナダ人の父BT・テーブスの下、兵庫県で生まれました。

競技としてバスケットボールを始めたのは小学校4年生の頃。地元兵庫県にある神戸市立本庄中学校時代にはU15日本代表に選ばれています。

中学時代に指導を受けた牧浦朋教諭からパスのタイミングやコースを教わり、以降、自分の武器はパスだと自覚しているとのこと。

参照:19歳バスケ界の新星、米強豪大へ 五輪へ腕磨く 神戸新聞NEXT

京北高校時代|高2年の夏に渡米の決断

中学卒業後は東京のバスケット強豪校、京北高校(現・東洋大学京北高校)に進学。一年生の頃からベンチ入りし、2年次にはエースとして活躍しました。

高校2年の夏に行われたインターハイ1回戦、北陸学院戦ではチームトップの24得点を挙げる活躍を見せるも68-83で敗れて初戦敗退。

そして、テーブス海は京北高校を退学し渡米するという大きな決断をします。

この決断には京北高校の先輩でNCAAディビジョン2でプレイした田渡凌(京北高の監督田渡優の三男・帰国後はBリーグでプレイ)の成長を目の当たりにした経験や日本代表PGの富樫勇樹から受けたアドバイスが影響したそうです。

「テーブスはアメリカでチャレンジすべき。僕らは言葉の問題、コミュニケーションで苦労が多く、そこでつまづくもあったけど、テーブスにはその心配がない。練習に専念できるはずだ」

参照:海を越える“海”の夢。東洋大学京北、テーブス海

▼テーブス海をアメリカへ送り出す心境を綴った父BT・テーブス氏の言葉(Twitterより)

テーブス海

僕は決して彼にバスケを勧めなかった、彼自身がバスケの楽しさを発見した。

それから、彼と僕はたくさんの苦しい、そして楽しい時間を体育館で過ごしてきた。彼は独自のスタイルのプレーをする。インターハイで、彼は京北のために全てを出し切るだろう。

そして、その後は夢を追ってたった一人でアメリカへ旅立つ。いつものように、僕は遠くから応援している。

ブリッジトン・アカデミー

京北高校を退学し、アメリカに渡ったテーブス海が最初に入学したのはメイン州ブリッジトンにあるブリッジトン・アカデミー(Bridgton Academy)。進学先を選ぶ際には出場時間が確保できるかどうかも考慮したとのこと。

ノースフィールド・マウント・ハーモン

ブリッジトンでは1年だけプレイし、マサチューセッツ州の強豪校ノースフィールド・マウント・ハーモン(Northfield Mount Hermon )に転校。

そこでの活躍が認められ2016年7月には世界から選抜された高校生たちが集まる『アディダス・ネーションズ』に招待されます。

ジェレミー・リンと話す機会があり「ミスを犯すことを恐れるな」というアドバイスを受けました。

参照:バスケ修行のために高2で渡米・・・。テーブス海の強みは“英語圏”思考。

ノースフィールド・マウント・ハーモンではシニアシーズンに1試合平均10.0pt、5.0アシスト、3.0リバウンドを記録。

リクルート|D1の6大学からオファーを受ける

NCAAディビジョン1の6大学(バックネル大、ノースカロライナ大学ウィルミントン校、デラウェア大、ブラウン大、ウォフォード大、プレスビテリアン大)からオファーを受け、ノースカロライナ大学ウィルミントン校(UNCW)へ進学を決断します。

ノースカロライナ大学ウィルミントン校

テーブス海が進学したノースカロライナ大学ウィルミントン校は、NCAAトーナメントに2016年、2017年と2年連続出場するなどディビジョン1の中堅校です。

テーブス海はフレッシュマンながらチームのスタートPGとして活躍。特にアシストのスタッツはNCAAディビジョン1全体2位に入る数字を残しました。

UNCWが所属するCAAカンファレンスのルーキー・オブ・ザ・ウィークも受賞しています。

Bリーグ「宇都宮ブレックス」入団

UNCWでの2年目のシーズン途中で、日本への帰国を決断します。新たなチームは、Bリーグの初代王者である宇都宮ブレックス(前栃木ブレックス)。

日本代表の比江島慎や日本人初のNBAプレイヤー田臥勇太が所属しています。

NCAA D1でプレイするテーブスがBリーグでプロになる決断をしたことには驚きの声が上がりました。アメリカでプレイし続けて欲しいと思っていた人も多かったようです。

本人曰く、「もっと高いレベルでやりたい」との思いがあってBリーグ入りを決断したとのこと。ブレックス入団が決まってから行われたインタビューで以下のように答えています。

もっと高いレベルでやりたいと思いました。もちろんディビジョン1はレベルが高いですけど、カンファレンスによって大きく差があります。もっと良い大学に移ることも考えたのですが、そうなると1年間プレーできなくなります。21歳という一番成長できる時期に1年プレーできないのは、自分の成長に良くないと考えました。そこでBリーグに行くことを検討したんです。アメリカから見ていて、僕が日本にいた頃のリーグとは全然違うレベルになっているし、すごく盛り上がっていると感じていました。

(引用元:テーブス海はレベルの高いバスケを目指して宇都宮ブレックスへ(後編)「Bリーグを経由してNBAの夢を追う」|Basket Count

同じインタビューでは、まだ自分がNBAレベルの選手ではないこと、今もNBAのサマーリーグやGリーグへの挑戦を視野に入れていることが本人の口から語られています。NBAのコートに立つという夢を諦めたわけではないようです。

Bリーグで活躍した馬場雄大がマーベリックスと契約(その後、Gリーグでプレイ)したように、Bリーグ経由でNBAに挑戦する選手も今後増えてくるかもしれません。

テーブス海のスタッツ

大学入学前のスタッツ

テーブス海の大学入学前まで(渡米後)のスタッツをまとめました。やはりアシスト(APG)の多さが目立ちます。

テーブスは複数のチームでプレイしており、下記の数字はそれらを合わせたものです。

※右端が切れている場合はスクロールしてください。

Year 学年 GP MPG RPG APG SPG BPG PPG
16-17 Junior 38 1.9 4.5 0.5 1.1 1.3
17-18 Senior 35 3.6 6.1 1.3 1.2 9.5

参照:Kai Toews’ Basketball Stats(maxpreps.com)

UNCWでのスタッツ

Year 学年 GP MPG RPG APG SPG BPG PPG
18-19 Freshman 33 30.7 2.6 7.7 0.5 0.0 8.8
19-20 Sophomore 13 26.5 2.1 4.3 0.8 0.0 5.5

参照:Kai Toews College Stats | College Basketball at Sports-Reference.com

※GP(出場試合)MPG(平均出場時間)RPG(平均リバウンド数)APG(平均アシスト数)SPG(平均スティール数)BPG(平均ブロック数)PPG(平均得点)

テーブス海のプレイスタイル

テーブス海の特筆すべき点は本人がかつてインタビューでも語っているようにパス能力の高さです。心がけているのは、パスファーストのポイントガードとしてチームを勝たせること。自分より高確率でシュートを決められる選手がフリーであれば、躊躇なくボールを渡します。NBAではスコアリングポイントガード全盛の時代ですが、彼のようなクラシカルなプレイスタイルのPGを必要とするチームは少なくないでしょう。

ドライブから決め切る力もあり、まだ強みと言えるレベルではないですが、3ptも打てます。

身体はがっしりとしていて、NCAAディビジョン1レベルであってもフィジカル面で見劣りしませんでした。

身体能力も決して低くなく、身長180cm台ですが練習ではダンクをする姿も見られます。

日本代表のPGはどうしてもサイズ面でミスマッチを起こすことが多いですが、テーブスほどの身長とフィジカルがあればディフェンス面でも穴にはならないでしょう。

日本代表のPGとして2020年東京オリンピックでの活躍も期待されます。

おすすめ記事

>>八村塁の経歴・スタッツ・プレイスタイル