八村塁がライジングスターズチャレンジ2020に出場!メンバー一覧

八村塁がオールスターウィークエンドに開催されるライジングスターズチャレンジ2020(日本時間2月14日)のメンバーに選出されました。

鼠蹊部の負傷で12月中旬から戦線を離脱していた八村塁ですが、日本時間2月4日のゴールデンステイト・ウォリアーズ戦で復帰。なんとかオールスターウィークエンドに間に合いました。

ルカ・ドンチッチRJ・バレットらと共にチーム・ワールドの一員として、ザイオン・ウィリアムソンジャ・モラントトレイ・ヤングらのチームUSAと対戦します。

▼試合結果・内容はこちら

八村塁、世界選抜の一員として14得点!

ライジング・スターズ・チャレンジとは?

ラジング・スターズ・チャレンジとは、オールスター開催期間中に行われるNBA1年目、2年目の選手たちによるエキシビジョンゲームです。

前身は、1994年から始まった「ルーキー・チャレンジ」、2012年からスペインのバスク自治州ビルバオに本拠を構える銀行グループ「ビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア銀行」(通称BBVA)がスポンサーとなり、「ライジングスターズチャレンジ」に名称が変更。

かつては、1年目(Freshman)と2年目(Sophomore)の選手の対戦でしたが、2015年からは、チームUSA、チームワールドに分かれて試合する形式になっています。

国際化が顕著な近年のNBAだからこそ成立する試合と言えそうです。

過去の対戦成績は?

チームUSA vs チームワールドの形式になって以降の対戦成績(2015年〜2019年)は、チームワールドの3勝2敗

完全な真剣勝負といった試合ではありませんが、実力は拮抗しています。

歴代MVPにはスター選手の名前が揃う

前身のルーキーチャレンジを含めると、歴代のMVPにはアレン・アイバーソン、カーメロ・アンソニー、ケビン・デュラントなど、スター選手の名前が揃っています。

ルーキーチャレンジ、ライジングスターズチャレンジの主なMVP選手は下記の通りです。

  • アンファニー・ハーダウェイ(1994)
  • アレン・アイバーソン(1997)
  • アマーレ・スタウダマイアー(2004)
  • カーメロ・アンソニー(2005)
  • アンドレ・イグダーラ(2006)
  • ケビン・デュラント(2009)
  • ジョン・ウォール(2011)
  • カイリー・アービング(2012)
  • アンドレ・ドラモンド(2014)
  • アンドリュー・ウィギンス(2015)
  • ザック・ラビーン(2016)
  • ジャマール・マレー(2017)
  • カイル・クーズマ(2019)

ライジングスターズチャレンジ2020出場選手一覧

チームUSA

  • マイルズ・ブリッジズ(ホーネッツ)
  • ザイオン・ウィリアムソン(ペリカンズ)
  • ディボンテ・グラハム(ホーネッツ)
  • コリン・セクストン(キャバリアーズ)
  • ジャレン・ジャクソンJr.(グリズリーズ)
  • ジャ・モラント(グリズリーズ)
  • ケンドリック・ナン(ヒート)
  • エリック・パスカル(ウォリアーズ)
  • PJ・ワシントン(ホーネッツ)
  • トレイ・ヤング(ホークス)
  • ウェンデル・カーターJr.(ブルズ・負傷欠場)
  • タイラー・ヒーロー(ヒート・負傷欠場)

チームワールド

  • ニキール・アレクサンダー・ウォーカー(ペリカンズ・カナダ)
  • ニコロ・メリ(ペリカンズ・イタリア)
  • RJ・バレット(ニックス・カナダ)
  • ブランドン・クラーク(グリズリーズ・カナダ)
  • ルカ・ドンチッチ(マーベリックス・スロベニア)
  • シェイ・ギルジャス アレクサンダー(サンダー・カナダ)
  • 八村塁(ウィザーズ・日本)
  • スビ・ミハイリュク(ピストンズ・ウクライナ)
  • ジョシュ・オコーギー(ティンバーウルブズ・ナイジェリア)
  • モリッツ・バグナー(ウィザーズ・ドイツ)
  • ディアンドレ・エイトン(サンズ・バハマ・負傷欠場)

八村塁は日本出身者初の選出となります。

国別出場選手数

ライジングスターズチャレンジ2020に出場する選手を国別に集計してみました。

アメリカ、カナダ以外の各国は、1人ずつの選出となっています。

  • アメリカ:10人
  • カナダ:4人
  • イタリア・スロベニア・日本・ナイジェリア・ウクライナ・ドイツ:各1人

ライジング・スターズ・チャレンジ2020の見どころ

オールスターに選ばれたルカ・ドンチッチがこの試合に出場するかは微妙なところですが、数分でも良いので八村との共演が見たいところ。

チームワールドとして共に選出されたゴンザガ大時代のチームメイトであるブランドン・クラーク(グリズリーズ・カナダ)とのコンビも注目です。

他には、大学時代に対戦しマッチアップしたデューク出身のRJ・バレットと同じチームとしてプレイするのも見どころになるでしょう。

八村はもちろん、ザイオン、ジャ・モラント、ブランドン・クラークなど素晴らしいダンカーが揃っているので、ダンク祭りになることは必至。2020年のライジングスターズチャレンジは例年以上の盛り上がりが予想されます。

ライジング・スターズ・チャレンジ2020の日程

ライジングスターズチャレンジは、日本時間2月15日(現地2月14日)、オールスターウィークエンドの初日にシカゴのユナイテッドセンターで行われます。

ライジング・スターズ・チャレンジを観るには?

ライジングスターズチャレンジは、NBA Rakutenで生中継されます。

NBA Rakuten公式サイト