八村塁モデルも登場!エアジョーダン35特集

今野紀花 / 経歴 / スタッツ / ハイライト

今野紀花

今野紀花(2000 – )のプロフィール、キャリア概要、エピソード、スタッツ(大学 / 国際大会)を紹介します。
今野紀花 – Norika Konno
身長 178cm(
生年月日 2000年5月1日
出身地 宮城県
ポジション SG(シューティングガード)
SNS Instagram
略歴
中学 仙台市立七北田中学校
高校 聖和学園高等学校
大学 ルイビル大学(University of Louisville)

受賞歴・実績

  • U18アジア選手権 銀メダル
  • 3×3アジア大会 銀メダル

今野紀花|キャリア概要

聖和学園高等学校

聖和学園高等学校で1年次から試合に出場し、2年次にはエースとしてチームを牽引した。高校3年次にインターハイでベスト16に進出。ウィンターカップでは3回戦で岐阜女子に敗れ日本一はならなかった。

▼今野紀花|高校時代のプレイ集

年代別日本代表

今野紀花は年代別の日本代表に選出され、2018年にインドで開かれたU18アジア選手権では1試合平均13得点、4リバウンド、2.4アシストをマークし日本の銀メダル獲得に貢献。

2019年、タイで開催されたU19 W杯で平均8.3得点、3.7リバウンド、1.9アシストを記録しチームはベスト8に進出した。

2018年8月にインドネシアで開催された3×3アジア大会の日本代表にも選出され、銀メダルを獲得している。

ルイビル大学

高校卒業後はアメリカNCAAディビジョン1の強豪、ルイビル大学(ケンタッキー州)に進学。全米トップレベルの大学において1年次からローテーションに入り16試合に出場。平均15.1分の出場で4.6得点、1.9アシスト、1.6リバウンドのスタッツを記録。

全米ランキング1位のオレゴン大との対戦では、当時の大学ナンバー1プレヤー、サブリナ・イオネスクとマッチアップする機会を得る。

シーズン後半は膝の怪我により14試合を欠場した。

▼今野紀花|2019-20シーズン ハイライト

プレイスタイル

178cmと日本の女子選手の中では高身長ながら機動力があり、シュート力、ハンドリング能力も兼ね備えるオールラウンダー。得意とするユーロステップを筆頭に、ロールターンからのレイアップやプルアップジャンパーなど多彩な得点パターンを持つ。

視野の広さ、パスセンスに定評があり、ルイビル大のジェフ・ウォルツコーチからはバスケットボールIQの高さを評価されている。

エピソード

  • ミニバス時代からユーロステップを使っていたが、当時は呼称を知らなかった。中学・高校になってからその技が「ユーロステップ」と呼ばれていること、NBA選手も使用していることを知ったという()。
  • 2020年7月、レンジャー短大に所属する富永啓生とともにJBAの公式Youtubeチャンネルに出演し、アメリカでの生活について語った。

スタッツ(個人成績)

今野紀花の大学、国際大会におけるスタッツは以下の通り。

最終更新:2020年7月9日
※横にスクロールできます。

大学

シーズン 大学 出場 先発 時間 FG% FT% 3P% ORB TRB AST STL BLK 得点
2019-20 ルイビル大 16 0 15.1 .408 .857 .125 0.8 1.6 1.9 0.2 0.1 4.6

国際大会

大会 出場 時間 FG% 2P% 3P% FT% ORB DRB TRB AST PF TO STL BLK +/- 得点
2018 U18アジア選手権 5 26.4 .551 .533 .750 .889 2 2 4 2.4 1.6 1 1.4 0.8 12.8 13
2019 U19 W杯 7 26.7 0.431 .500 .167 .600 1.3 2.4 3.7 1.9 1.6 1.6 0.6 0 -6 8.3