八村塁モデルも登場!エアジョーダン35特集

ジェイソン・キッド / 経歴 / スタッツ / 年俸総額

ジェイソン・キッド

ジェイソン・キッド(1973 – )のプロフィール、キャリア概要、エピソード、スタッツ(NBA / 大学 / 高校 / 国際大会)、年俸、NBA 2Kレーティングを紹介します。
Jason Kidd
身長 / 体重 193cm / 95kg(
生年月日 1973年3月23日
出身地 カリフォルニア州サンフランシスコ
ポジション PG(ポイントガード)
背番号 5(ネッツ永久欠番) / 32 / 2
シューズ Nike / Peak
SNS Twitter
略歴
1994–1996 ダラス・マーベリックス
1996-2001 フェニックス・サンズ
2001-2008 ニュージャージー・ネッツ
2008-2012 ダラス・マーベリックス
2012-2013 ニューヨーク・ニックス
NBAドラフト 1994年1巡目2位
出身校 カリフォルニア大学

受賞歴・実績

  • バスケットボール殿堂(2018)
  • 1 × NBAチャンピオン
  • 10 × オールスター
  • 5 × オールNBA1stチーム
  • 1 × オールNBA2ndチーム
  • 4 × オールディフェンシブ1stチーム
  • 5 × オールディフェンシブ2ndチーム
  • 5 × アシスト王
  • 新人王(1995)
  • オールルーキー1stチーム(1995)
  • 2 × NBAスポーツマンシップ賞
  • NCAAアシスト王(1994)
  • NCAAスティール王(1993)
  • 2 × オリンピック金メダル
ジェイソン・キッド – 通算成績
ジェイソン・キッド 得点 REB AST STL BLK
平均 12.6 6.3 8.7 1.9 0.3
合計 17,529 8,725 12,091 2,684 450

スタッツ(個人成績)

NBA(レギュラーシーズン)

※横にスクロールできます。

シーズン 所属 出場 先発 時間 FG FGA FG% 3P 3PA 3P% FT FTA FT% ORB DRB TRB AST STL BLK TOV PF 得点
1994-95 DAL 79 79 33.8 4.2 10.8 38.5 0.9 3.3 27.2 2.4 3.5 69.8 1.9 3.5 5.4 7.7 1.9 0.3 3.2 1.8 11.7
1995-96 DAL 81 81 37.5 6.1 16.0 38.1 1.6 4.9 33.6 2.8 4.1 69.2 2.5 4.3 6.8 9.7 2.2 0.3 4.0 1.9 16.6
1996-97 DAL 22 22 36.0 3.4 9.2 36.9 1.0 3.0 32.3 2.1 3.1 66.7 1.4 2.7 4.1 9.1 2.0 0.4 3.0 1.9 9.9
1996-97 PHX 33 23 35.5 4.2 9.9 42.3 1.2 3.0 40.0 2.0 2.9 68.8 1.0 3.8 4.8 9.0 2.4 0.4 2.3 2.2 11.6
1996-97 合計 55 45 35.7 3.9 9.6 40.3 1.1 3.0 37.0 2.0 3.0 67.9 1.2 3.4 4.5 9.0 2.3 0.4 2.6 2.1 10.9
1997-98 PHX 82 82 38.0 4.4 10.5 41.6 0.9 2.8 31.3 2.0 2.5 79.9 1.3 4.9 6.2 9.1 2.0 0.3 3.2 1.7 11.6
1998-99 PHX 50 50 41.2 6.2 14.0 44.4 0.9 2.5 36.6 3.6 4.8 75.7 1.7 5.0 6.8 10.8 2.3 0.4 3.0 2.2 16.9
1999-00 PHX 67 67 39.0 5.2 12.8 40.9 0.8 2.5 33.7 3.0 3.7 82.9 1.4 5.8 7.2 10.1 2.0 0.4 3.4 2.2 14.3
2000-01 PHX 77 76 39.8 5.9 14.2 41.1 0.9 3.0 29.7 4.3 5.2 81.4 1.2 5.2 6.4 9.8 2.2 0.3 3.7 2.2 16.9
2001-02 NJN 82 82 37.3 5.4 13.9 39.1 1.4 4.4 32.1 2.5 3.0 81.4 1.6 5.7 7.3 9.9 2.1 0.2 3.5 1.7 14.7
2002-03 NJN 80 80 37.4 6.4 15.6 41.4 1.6 4.6 34.1 4.2 5.0 84.1 1.4 4.9 6.3 8.9 2.2 0.3 3.7 1.6 18.7
2003-04 NJN 67 66 36.6 5.5 14.3 38.4 1.4 4.4 32.1 3.1 3.7 82.7 1.3 5.1 6.4 9.2 1.8 0.2 3.2 1.6 15.5
2004-05 NJN 66 65 36.9 5.2 13.0 39.8 2.0 5.4 36.0 2.2 2.9 74.0 1.4 6.0 7.4 8.3 1.9 0.1 2.5 1.7 14.4
2005-06 NJN 80 80 37.2 4.6 11.3 40.4 1.7 4.9 35.2 2.4 3.1 79.5 1.1 6.2 7.3 8.4 1.9 0.4 2.4 2.0 13.3
2006-07 NJN 80 80 36.7 4.6 11.4 40.6 1.6 4.5 34.3 2.2 2.9 77.8 1.7 6.5 8.2 9.2 1.6 0.3 2.7 1.8 13.0
2007-08 NJN 51 51 37.2 3.9 10.8 36.6 1.6 4.6 35.6 1.8 2.2 82.0 1.1 6.9 8.1 10.4 1.5 0.3 3.6 1.8 11.3
2007-08 DAL 29 29 34.9 3.6 8.4 42.6 1.2 2.6 46.1 1.5 1.9 81.5 1.2 5.2 6.5 9.5 2.1 0.4 2.8 2.6 9.9
2007-08 合計 80 80 36.3 3.8 9.9 38.5 1.5 3.9 38.1 1.7 2.1 81.8 1.2 6.3 7.5 10.1 1.7 0.3 3.3 2.1 10.8
2008-09 DAL 81 81 35.6 3.2 7.6 41.6 1.6 4.0 40.6 1.1 1.3 81.9 1.0 5.1 6.2 8.7 2.0 0.5 2.3 2.1 9.0
2009-10 DAL 80 80 36.0 3.6 8.4 42.3 2.2 5.2 42.5 1.0 1.2 80.8 0.6 5.0 5.6 9.1 1.8 0.4 2.4 1.8 10.3
2010-11 DAL 80 80 33.2 2.7 7.5 36.1 1.7 4.9 34.0 0.8 1.0 87.0 0.4 4.0 4.4 8.2 1.7 0.4 2.2 1.5 7.9
2011-12 DAL 48 48 28.7 2.1 5.7 36.3 1.6 4.6 35.4 0.5 0.6 78.6 0.3 3.8 4.1 5.5 1.7 0.2 1.9 1.7 6.2
2012-13 NYK 76 48 26.9 2.0 5.4 37.2 1.5 4.3 35.1 0.5 0.6 83.3 0.7 3.6 4.3 3.3 1.6 0.3 1.0 1.6 6.0
Career   1,391 1,350 36.0 4.5 11.2 40.0 1.4 4.1 34.9 2.2 2.8 78.5 1.3 5.0 6.3 8.7 1.9 0.3 2.9 1.8 12.6

NBA(プレイオフ)

シーズン 所属 出場 先発 時間 FG FGA FG% 3P 3PA 3P% FT FTA FT% ORB DRB TRB AST STL BLK TOV PF 得点
1996-97 PHX 5 5 41.4 4.2 10.6 39.6 1.6 4.4 36.4 2.0 3.8 52.6 0.8 5.2 6.0 9.8 2.2 0.4 2.6 2.2 12.0
1997-98 PHX 4 4 42.8 5.5 14.5 37.9 0.0 1.8 0.0 3.3 4.0 81.3 1.3 4.5 5.8 7.8 4.0 0.5 3.0 3.3 14.3
1998-99 PHX 3 3 42.0 6.0 14.3 41.9 1.3 5.3 25.0 1.7 2.3 71.4 0.3 2.0 2.3 10.3 1.7 0.3 3.0 4.0 15.0
1999-00 PHX 6 6 38.2 3.7 9.2 40.0 1.3 3.7 36.4 1.2 1.5 77.8 1.3 5.3 6.7 8.8 1.8 0.2 3.8 2.3 9.8
2000-01 PHX 4 4 41.5 5.5 17.3 31.9 1.0 4.3 23.5 2.3 3.0 75.0 2.3 3.8 6.0 13.3 2.0 0.0 3.0 3.3 14.3
2001-02 NJN 20 20 40.2 7.4 17.7 41.5 0.9 4.5 18.9 4.0 5.0 80.8 2.1 6.1 8.2 9.1 1.7 0.4 3.4 2.0 19.6
2002-03 NJN 20 20 42.6 6.9 17.1 40.2 1.7 5.2 32.7 4.7 5.7 82.5 1.8 5.9 7.7 8.2 1.8 0.2 4.0 2.3 20.1
2003-04 NJN 11 11 43.1 3.9 11.7 33.3 0.9 4.4 20.8 3.9 4.8 81.1 1.5 5.2 6.6 9.0 2.3 0.5 3.9 1.4 12.6
2004-05 NJN 4 4 45.5 6.5 16.8 38.8 2.8 7.5 36.7 1.5 2.8 54.5 2.5 6.5 9.0 7.3 2.5 0.0 2.3 4.0 17.3
2005-06 NJN 11 11 40.9 4.5 12.0 37.1 1.4 4.5 30.0 1.7 2.1 82.6 2.0 5.6 7.6 9.6 1.5 0.2 2.2 2.8 12.0
2006-07 NJN 12 12 40.3 5.3 12.3 43.2 2.8 6.8 42.0 1.1 2.1 52.0 1.9 9.0 10.9 10.9 1.8 0.4 3.4 2.6 14.6
2007-08 DAL 5 5 36.0 3.2 7.6 42.1 1.2 2.6 46.2 1.0 1.6 62.5 1.6 4.8 6.4 6.8 1.4 0.4 1.8 2.4 8.6
2008-09 DAL 10 10 38.6 3.8 8.3 45.8 2.1 4.7 44.7 1.7 2.0 85.0 0.7 5.1 5.8 5.9 2.2 0.3 2.0 2.4 11.4
2009-10 DAL 6 6 40.5 2.3 7.7 30.4 1.5 4.7 32.1 1.8 2.0 91.7 1.0 5.8 6.8 7.0 2.3 0.2 1.5 2.5 8.0
2010-11 DAL 21 21 35.4 3.0 7.7 39.8 2.0 5.5 37.4 1.1 1.4 80.0 0.5 4.0 4.5 7.3 1.9 0.5 2.7 1.7 9.3
2011-12 DAL 4 4 36.0 3.5 10.3 34.1 2.3 6.5 34.6 2.3 2.5 90.0 0.8 5.3 6.0 6.0 3.0 0.3 2.8 1.8 11.5
2012-13 NYK 12 0 20.6 0.3 2.1 12.0 0.3 1.4 17.6 0.2 0.2 100.0 0.6 2.9 3.5 2.0 1.0 0.3 1.1 1.0 0.9
Career   158 146 38.5 4.6 11.7 39.1 1.5 4.6 32.2 2.3 3.0 78.1 1.4 5.3 6.7 8.0 1.9 0.3 2.8 2.2 12.9

NBAオールスター

チーム 出場 先発 時間 FGM FGA FG% 3P 3PA 3P% FTM FTA FT% OFF DEF TRB AST STL BLK PF TOV 得点
1996 West 1 1 22 3 4 .750 1 2 .500 0 0 .000 2 4 6 10 2 0 1 2 7
1998 West 1 0 19 0 1 .000 0 0 .000 0 0 .000 0 1 1 9 0 0 2 2 0
2000 West 1 1 34 4 9 .444 3 6 .500 0 0 .000 0 5 5 14 4 0 0 6 11
2001 West 1 1 30 4 6 .667 3 4 .750 0 0 .000 0 4 4 2 5 0 3 5 11
2002 East 1 1 18 1 2 .500 0 1 .000 0 0 .000 0 1 1 3 1 0 0 1 2
2003 East 1 0 33 4 9 .444 1 4 .250 2 2 1.000 1 4 5 10 5 0 0 2 11
2004 East 1 0 22 4 6 .667 3 4 .750 3 4 .750 0 3 3 10 2 0 1 3 14
2008 East 1 1 25 1 2 .500 0 1 .000 0 0 .000 0 4 4 10 4 0 0 1 2
2010 West 1 0 6 0 1 .000 0 1 .000 0 0 .000 0 2 2 1 1 0 0 1 0
通算 9 5 209 21 40 .525 11 23 .478 5 6 .833 3 28 31 69 24 0 7 23 58
平均 9 5 23.2 2.33 4.44 .525 1.22 2.56 .478 0.56 0.67 .833 0.33 3.11 3.44 7.67 2.67 0.00 0.78 2.56 6.44

大学

シーズン 大学 Conf 出場 時間 FG FGA FG% 2P 2PA 2P% 3P 3PA 3P% FT FTA FT% TRB AST STL BLK TOV PF 得点
1992-93 カリフォルニア Pac-10 29 31.8 4.6 9.9 .463 3.8 7.0 .537 0.8 2.9 .286 3.0 4.6 .657 4.9 7.7 3.8 0.3 3.9 2.5 13.0
1993-94 カリフォルニア Pac-10 30 35.1 5.5 11.7 .472 3.8 7.0 .545 1.7 4.7 .362 3.9 5.6 .692 6.9 9.1 3.1 0.3 4.3 2.6 16.7
Career カリフォルニア   59 33.5 5.1 10.8 .468 3.8 7.0 .541 1.3 3.8 .333 3.5 5.1 .677 5.9 8.4 3.5 0.3 4.1 2.5 14.9

高校(招待試合)

イベント 出場 3PM 3PA 3P% FTM FTA FT% TRB AST STL BLK PF TOV 得点
1992 マクドナルドオールアメリカン 1 0 0 .000 0 0 .000 0 6 5 0 0 0 12

国際大会

大会 出場 時間 FGM FGA FG% 3PM 3PA 3P% FTM FTA FT% TRB AST STL BLK PF TOV 得点 順位
2008 北京五輪 8 13:30 0.8 0.9 .857 0.1 0.2 .500 0.0 0.0 .000 2.6 2.0 0.6 0.2 1.6 1.5 1.6
2007 FIBAアメリカ杯 10 15:54 0.6 1.0 .600 0.5 0.8 .625 0.1 0.2 .500 3.3 4.6 1.3 0.5 1.6 0.5 1.8
2000 シドニー五輪 8 20:07 2.0 3.9 .516 0.5 1.0 .500 1.5 1.9 .800 5.2 4.4 1.1 0.1 2.4 2.6 6.0
平均 26 16:27 1.1 1.8 .583 0.4 0.7 .556 0.5 0.7 .765 3.7 3.7 1.0 0.3 1.8 1.5 3.0
通算 26 428:00 28 48 .583 10 18 .556 13 17 .765 96 97 27 8 48 38 79
参照スタッツ
NBA:Basketball-Reference.com
大学:College Basketball at Sports-Reference.com
オールスター / 招待試合 / 国際大会:RealGM

年俸(サラリー)

ジェイソン・キッドの年俸(サラリー)総額は、187,675,468ドル。日本円にして約200億円となっている。ジェイソン・キッドの年俸の推移は下記の通り。

シーズン 所属 ドル
2012/13 NYK $3,090,000 3億
2011/12 DAL $10,121,000 8億
2010/11 DAL $8,610,500 6億8千万
2009/10 DAL $8,000,000 7億
2008/09 DAL $21,372,000 20億
2007/08 DAL $19,728,000 20億3千万
2006/07 BKN $18,084,000 21億3千万
2005/06 BKN $16,440,000 19億
2004/05 BKN $14,796,000 16億2千万
2003/04 BKN $13,152,000 14億2千万
2002/03 BKN $9,265,000 10億7千万
2001/02 BKN $8,447,500 10億5千万
2000/01 PHX $7,680,000 9億3千万
1999/00 PHX $6,858,335 7億4千万
1998/99 PHX $6,041,000 6億8千万
1997/98 PHX $5,223,333 6億8千万
1996/97 PHX $4,408,000 5億3千万
1995/96 DAL $3,588,000 3億9千万
1994/95 DAL $2,770,800 2億6千万
総額   $187,675,468 200億
参照データ
年俸:HoopsHype
為替レート(年平均):MacroTrends

円換算の計算式
ドル年俸 × 当該年の為替レート(年平均)
※百万の位以下切り捨て

NBA 2K レーティング

ジェイソン・キッドのNBA 2Kレーティングは以下の通り。

タイトル チーム Rating
NBA2K21 All-Time BKN 96
参照:2KRATINGS
※2Kレーティングとは、ゲームソフト「NBA 2K」内において選手の能力を数値化した指標。当該選手が複数チームに所属している場合は最高値を記載。

ジェイソン・キッド|キャリア概要

生い立ち・高校

ジェイソン・キッド(Jason Kidd)は1973年3月23日、カリフォルニア州サンフランシスコ生まれ。母はアイルランド系アメリカ人、父はアフリカ系アメリカ人。

高校時代から世代トップクラスのポイントガードとの評価を受け、マクドナルド・オールアメリカンに選出。多くの名門大学から勧誘を受けるが、自宅に近かったカリフォルニア大学バークレー校への進学を決断した。

カリフォルニア大学バークレー校

カリフォルニア大学バークレー校では、1年次から主力を務め平均13.0得点、4.9リバウンド、7.7アシスト、3.8スティールを記録。NCAAのスティール王に輝く活躍を見せ、チームをNCAAトーナメントのスウィート16に導いた。

2年次、チームはNCAAトーナメント1回戦で敗れたものの、キッドは個人成績を向上させ、平均16.7得点、6.9リバウンド、9.1アシスト、3.1スティールをマーク。NCAAのアシスト王を獲得するとともに、オールアメリカン1stチームに選出された。

NBA

新人王を同時受賞

大学で2シーズンプレイしたのちNBAドラフトにアーリーエントリーしたジェイソン・キッドは、1994年のドラフト1巡目2位でダラス・マーベリックスに入団。1年目は出場した79試合全てに先発し、平均11.7得点、5.4リバウンド、7.7アシスト、1.9スティールのスタッツを記録。デトロイト・ピストンズのグラント・ヒルとともに新人王を同時受賞した。

ダラスではチームをプレイオフに導くことができず、3年目の1996-97シーズンにフェニックス・サンズに移籍。サンズでは毎年プレイオフに進出するもののファイナルまで勝ち上がることはできなかった。

ネッツで2年連続ファイナル進出

2001年にニュージャージー・ネッツに移籍。タレントが豊富とは言えなかったチームの中、ポイントガードとしてゲームをコントロールし、2年連続でNBAファイナルに進出した。初めてのファイナルとなった2002年はシャックコービーのロサンゼルス・レイカーズにスウィープされる。翌2003年はティム・ダンカン擁するサンアントニオ・スパーズの前に2勝4敗で敗れ、チャンピオンリング獲得はならなかった。

念願のNBAチャンピオンに

2007-08シーズン途中、キッドはかつて在籍したダラス・マーベリックスに移籍。2010-11シーズン、ダーク・ノビツキー、ジェイソン・キッド、ショーン・マリオン、ジェイソン・テリーらベテランが主力を占めたマブスは大方の予想を覆してNBAファイナルに進出。レブロン・ジェームズドウェイン・ウェイドクリス・ボッシュのスリーキングスを擁し、優勝候補筆頭だったマイアミ・ヒートを4勝2敗で下し、優勝を果たした。当時38歳だったキッドは全盛期に比べて衰えを見せていたものの、6試合全てで先発ポイントガードを務め勝利に貢献した。

引退

キッドは2012-13シーズンにニューヨーク・ニックスへ移籍。同シーズンを最後に現役を引退した。

キャリア通算で17,529得点(平均12.6)、8,725リバウンド(6.3)、12,091アシスト(8.7)、2,684スティール(1.9)、107回のトリプルダブルを記録した。

殿堂入り

ジェイソン・キッドは2018年にレイ・アレングラント・ヒルスティーブ・ナッシュらとともにバスケットボール殿堂入りを果たした。セレモニーのプレゼンターは、少年時代に同じプレイグラウンドで過ごしたゲイリー・ペイトンが務めている。

アメリカ代表

ジェイソン・キッドはアメリカ代表として、2000年のシドニーオリンピック、2008年の北京オリンピックの2大会に出場。共に金メダルを獲得している。

指導者として

現役引退直後の2013年6月、ジェイソン・キッドはブルックリン・ネッツのヘッドコーチに就任。チームをプレイオフに導いたものの1シーズンのみで退任する。

2014年から3年半に渡りミルウォーキー・バックスのヘッドコーチを務め、キャリア初期のヤニス・アデトクンボを指導した。

2019-20シーズンには、ロサンゼルス・レイカーズのアシスタントコーチを務めている。