adidas デイム7 レビューまとめ

クリス・ボッシュ / 経歴 / スタッツ / 年俸総額

クリス・ボッシュ

クリス・ボッシュ(1984 – )のプロフィール、キャリア概要、スタッツ(NBA / 大学 / 高校 / 国際大会)、年俸総額、NBA 2Kレーティングを紹介します。
クリス・ボッシュ

via:@BR_NBA

Chris Bosh
身長 / 体重 211cm / 106kg(
生年月日 1984年3月24日
出身地 テキサス州ダラス
ポジション PF / C
背番号 4 / 1(マイアミ・ヒート永久欠番)
シューズ Nike
SNS Twitter / Instagram
略歴
2003-2010 トロント・ラプターズ
2010-2017 マイアミ・ヒート
NBAドラフト 2003年1巡目4位
出身校 ジョージア工科大学

受賞歴・実績

  • 2 × NBAチャンピオン
  • 11 × NBAオールスター
  • 1 × オールNBA2ndチーム
  • オールルーキー1stチーム(2004)
  • 1 × オリンピック金メダル(2008)
  • 1 × FIBA W杯 銅メダル(2006)
クリス・ボッシュ – 通算成績
クリス・ボッシュ 得点 REB AST STL BLK
平均 19.2 8.5 2.0 0.8 1.0
合計 17,189 7,592 1,795 730 932

スタッツ(個人成績)

NBA(レギュラーシーズン)

※横にスクロールできます。

シーズン 所属 出場 先発 時間 FG FGA FG% 3P 3PA 3P% FT FTA FT% ORB DRB TRB AST STL BLK TOV PF 得点
2003-04 TOR 75 63 33.5 4.4 9.5 45.9 0.1 0.2 35.7 2.7 3.8 70.1 2.5 4.9 7.4 1.0 0.8 1.4 1.4 2.9 11.5
2004-05 TOR 81 81 37.2 5.8 12.4 47.1 0.0 0.1 30.0 5.1 6.7 76.0 2.4 6.5 8.9 1.9 0.9 1.4 2.3 2.8 16.8
2005-06 TOR 70 70 39.3 7.8 15.5 50.5 0.0 0.2 0.0 6.8 8.3 81.6 2.9 6.3 9.2 2.6 0.7 1.1 2.2 3.0 22.5
2006-07 TOR 69 69 38.5 7.9 15.9 49.6 0.2 0.5 34.3 6.7 8.6 78.5 2.7 8.0 10.7 2.5 0.6 1.3 2.6 2.4 22.6
2007-08 TOR 67 67 36.2 7.6 15.3 49.4 0.1 0.4 40.0 7.0 8.3 84.4 2.6 6.1 8.7 2.6 0.9 1.0 2.3 2.3 22.3
2008-09 TOR 77 77 38.0 8.0 16.4 48.7 0.2 0.6 24.5 6.5 8.0 81.7 2.8 7.2 10.0 2.5 0.9 1.0 2.3 2.5 22.7
2009-10 TOR 70 70 36.1 8.6 16.5 51.8 0.1 0.3 36.4 6.7 8.4 79.7 2.9 7.9 10.8 2.4 0.6 1.0 2.4 2.4 24.0
2010-11 MIA 77 77 36.3 6.8 13.7 49.6 0.1 0.3 24.0 5.0 6.1 81.5 1.8 6.5 8.3 1.9 0.8 0.6 1.8 2.2 18.7
2011-12 MIA 57 57 35.2 6.9 14.2 48.7 0.2 0.6 28.6 4.0 4.9 82.1 1.6 6.3 7.9 1.8 0.9 0.8 2.1 2.2 18.0
2012-13 MIA 74 74 33.2 6.6 12.3 53.5 0.3 1.0 28.4 3.3 4.1 79.8 1.8 5.0 6.8 1.7 0.9 1.4 1.7 2.3 16.6
2013-14 MIA 79 79 32.0 6.2 12.1 51.6 0.9 2.8 33.9 2.8 3.4 82.0 1.2 5.4 6.6 1.1 1.0 1.0 1.6 2.4 16.2
2014-15 MIA 44 44 35.4 7.8 16.9 46.0 1.4 3.8 37.5 4.1 5.3 77.2 1.0 6.0 7.0 2.2 0.9 0.6 2.2 1.6 21.1
2015-16 MIA 53 53 33.5 6.8 14.5 46.7 1.5 4.2 36.5 4.0 5.1 79.5 0.9 6.5 7.4 2.4 0.7 0.6 1.5 1.9 19.1
Career   893 881 35.8 7.0 14.1 49.4 0.3 1.0 33.5 5.0 6.3 79.9 2.2 6.3 8.5 2.0 0.8 1.0 2.0 2.4 19.2

NBA(プレイオフ)

シーズン 所属 出場 先発 時間 FG FGA FG% 3P 3PA 3P% FT FTA FT% ORB DRB TRB AST STL BLK TOV PF 得点
2006-07 TOR 6 6 37.0 6.0 15.2 39.6 0.2 0.8 20.0 5.3 6.3 84.2 1.2 7.8 9.0 2.5 0.8 1.8 2.0 3.2 17.5
2007-08 TOR 5 5 39.8 8.4 17.8 47.2 0.2 1.4 14.3 7.0 8.4 83.3 4.0 5.0 9.0 3.6 1.6 0.4 2.6 3.8 24.0
2010-11 MIA 21 21 39.7 6.6 13.9 47.4 0.0 0.2 0.0 5.4 6.7 81.4 2.2 6.2 8.5 1.1 0.7 0.9 1.9 2.3 18.6
2011-12 MIA 14 10 31.4 5.2 10.6 49.3 0.5 0.9 53.8 3.1 3.7 82.7 2.6 5.2 7.8 0.6 0.4 1.0 1.4 1.4 14.0
2012-13 MIA 23 23 32.7 4.8 10.4 45.8 0.7 1.6 40.5 1.9 2.6 73.3 1.7 5.6 7.3 1.5 1.0 1.6 1.2 2.9 12.1
2013-14 MIA 20 20 34.3 5.8 11.5 50.7 1.5 3.7 40.5 1.8 2.4 75.0 1.2 4.4 5.6 1.1 0.9 1.0 0.7 2.6 14.9
Career   89 85 35.2 5.8 12.2 47.3 0.6 1.6 38.6 3.4 4.3 80.0 1.9 5.5 7.5 1.3 0.8 1.1 1.4 2.5 15.6

NBAオールスター

チーム 時間 FGM FGA FG% 3P 3PA 3P% FTM FTA FT% OFF DEF TRB AST STL BLK PF TOV 得点
2006 East 16 3 7 0.429 0 0 0 2 3 0.667 2 6 8 2 0 0 1 1 8
2007 East 22 5 7 0.714 0 0 0 1 12 0.083 3 4 7 1 0 0 0 0 11
2008 East 22 7 15 0.467 0 0 0 0 2 0 2 5 7 1 0 0 1 1 14
2010 East 29 9 16 0.562 0 0 0 5 7 0.714 2 8 10 1 2 0 0 3 23
2011 East 20.9 7 10 0.7 0 1 0 0 1 0 2 3 5 2 0 1 0 3 14
2012 East 20.1 3 9 0.333 1 2 0.5 0 0 0 1 1 2 1 2 1 2 1 7
2013 East 23.4 3 9 0.333 0 3 0 0 0 0 0 2 2 1 1 0 3 3 6
2014 East 10.1 2 3 0.667 1 2 0.5 0 0 0 0 2 2 0 2 0 1 1 5
2015 East 10.9 4 6 0.667 2 4 0.5 0 0 0 1 2 3 1 2 0 0 1 10
合計   174.5 43 82 0.524 4 12 0.333 8 25 0.32 13 33 46 10 9 2 8 14 98
平均   19.4 4.78 9.11 0.524 0.44 1.33 0.333 0.89 2.78 0.32 1.44 3.67 5.11 1.11 1 0.22 0.89 1.56 10.89

大学

シーズン 大学 Conf 出場 先発 時間 FG FGA FG% 2P 2PA 2P% 3P 3PA 3P% FT FTA FT% ORB DRB TRB AST STL BLK TOV PF 得点
2002-03 ジョージア工科大 ACC 31 31 31.0 5.4 9.7 .560 4.7 8.2 .575 0.7 1.5 .478 4.1 5.6 .730 3.1 5.9 9.0 1.2 1.0 2.2 2.3 2.4 15.6
Career ジョージア工科大   31 31 31.0 5.4 9.7 .560 4.7 8.2 .575 0.7 1.5 .478 4.1 5.6 .730 3.1 5.9 9.0 1.2 1.0 2.2 2.3 2.4 15.6

高校(招待試合)

イベント 出場 時間 FGM FGA FG% 3PM 3PA 3P% FTM FTA FT% TRB AST STL BLK PF TOV 得点
2002 マクドナルド・オールアメリカン 1 23:00 5 7 .714 0 0 .000 4 7 .571 7 0 1 2 3 1 14

国際大会

大会 出場 時間 FGM FGA FG% 3PM 3PA 3P% FTM FTA FT% TRB AST STL BLK PF TOV 得点 順位
2008 北京オリンピック 8 17:15 3.0 3.9 .774 0.0 0.0 .000 3.1 3.6 .862 6.1 0.2 0.6 0.8 1.9 0.5 9.1
2006 FIBA W杯 8 13:37 2.1 3.2 .654 0.2 0.6 .400 2.2 3.5 .643 4.0 0.4 0.2 0.5 1.5 0.5 6.8
平均 16 15:26 2.6 3.6 .719 0.1 0.3 .400 2.7 3.6 .754 5.1 0.3 0.4 0.6 1.7 0.5 7.9
合計 16 247:00 41 57 .719 2 5 .400 43 57 .754 81 5 7 10 27 8 127
参照スタッツ
NBA:Basketball-Reference.com
大学:College Basketball at Sports-Reference.com
オールスター / 招待試合 / 国際大会:RealGM

年俸(サラリー)

クリス・ボッシュの年俸(サラリー)総額は、242,110,053ドル。日本円にして約250億3千万円となっている。

クリス・ボッシュの年俸の推移は下記の通り。

シーズン 所属 ドル
2018/19 MIA 26,837,720 29億2千万
2017/18 MIA 25,289,390 27億8千万
2016/17 MIA 23,741,060 26億5千万
2015/16 MIA 22,192,730 24億1千万
2014/15 MIA 20,644,400 24億9千万
2013/14 MIA 19,067,500 20億2千万
2012/13 MIA 17,545,000 17億1千万
2011/12 MIA 16,022,500 12億8千万
2010/11 MIA 14,500,000 11億6千万
2009/10 TOR 15,779,912 13億8千万
2008/09 TOR 14,410,581 13億5千万
2007/08 TOR 12,455,000 12億8千万
2006/07 TOR 4,235,220 4億9千万
2005/06 TOR 3,348,000 3億8千万
2004/05 TOR 3,129,720 3億4千万
2003/04 TOR 2,911,320 3億1千万
総額   242,110,053 250億3千万
参照データ
年俸:HoopsHype
為替レート(年平均):MacroTrends

円換算の計算式
ドル年俸 × 当該年の為替レート(年平均)
※百万の位以下切り捨て

NBA 2K レーティング

クリス・ボッシュのNBA 2Kレーティングの推移は以下の通り。

タイトル チーム レーティング
2K21 オールタイム TOR 90
2K17 MIA 86
2K16 MIA 84
2K15 MIA 84
2K14 MIA 84
参照:2KRATINGS / HoopsHype
※2Kレーティングとは、ゲームソフト「NBA 2K」内において選手の能力を数値化した指標。当該選手が複数チームに所属している場合は最高値を記載。

クリス・ボッシュ|キャリア概要

高校・大学時代

クリス・ボッシュは1984年3月24日、テキサス州ダラス生まれ。高校時代にテキサス州のミスターバスケットボールに選ばれ、ジョージア工科大学に進学。大学では1シーズンプレイし、平均15.6得点、9.0リバウンド、2.2ブロックのスタッツをマークした。

NBA

トロント・ラプターズのエースとして

2003年のNBAドラフト1巡目4位でトロント・ラプターズから指名を受け入団。1年目からスターターとして試合に出場し、平均11.5得点、7.4リバウンド、1.4ブロックのスタッツを記録。レブロン・ジェームズカーメロ・アンソニードウェイン・ウェイドらとともにオールルーキー1stチームに選出された。

3年目の2005-06シーズンに平均22.5得点、9.2リバウンドをマーク。初のオールスターに選出される。その後5シーズン連続で平均20得点以上をマークし、エースとしてラプターズを牽引したが、2度出場したプレイオフではいずれも初戦敗退となった。

▼クリス・ボッシュ、ラプターズ時代のハイライト

マイアミ・ヒートで2連覇を達成

2010年の夏、レブロン・ジェームズとともにマイアミ・ヒートに移籍。レブロン、ウェイド、ボッシュというリーグ最強のBig3を形成する。

ボッシュはトロント時代に比べスタッツを落としたが、チーム3番手の得点源としてチームに貢献。Big3が揃ってプレイした4シーズン全てでNBAファイナルに進出し、2度のチャンピオンに輝いた。

肺血栓を発症し引退

レブロンがキャバリアーズに移籍した後はウェイドとともにチームを牽引したが、2015年に肺血栓 (静脈血栓塞栓症)を発症。治療のための休養を経て2015-16シーズンに一度は復帰したものの病気が再発。その後は治療に専念する。

治療を続けながら復帰を目指したが、2019年2月、今後のNBAでのプレイを断念すると発表。2019年3月26日にアメリカン・エアラインズ・アリーナで行われた背番号1の永久欠番セレモニーをもって正式に現役引退となった。

▼永久欠番セレモニーの最後には会場に向けて雄叫びをあげた。

国際大会

クリス・ボッシュは2006年に日本で開催されたFIBA世界選手権にアメリカ代表として出場。レブロン・ジェームズ、カーメロ・アンソニー、ドウェイン・ウェイド、クリス・ポールドワイト・ハワードなど、若手スターを揃えたが、チームは準決勝でギリシャに敗れ銅メダルに終わった。ボッシュは同大会で平均6.8得点、4.0リバウンド、FG成功率65.4%のスタッツを残している。

ボッシュは2008年の北京オリンピックにも出場。2006年の世界選手権のメンバーにコービー・ブライアント、ジェイソンキッドらを加えたチームは2000年のシドニーオリンピック以来となる金メダルを獲得した。ボッシュは平均9.1得点、6.1リバウンド、FG成功率77.4%をマークし優勝に貢献した。

プレイスタイル

平均20得点10リバウンドをキャリアで3度記録した左利きのパワーフォワード。211cmの長身ながら高い機動力とハンドリング、シュート力を兼ね備え、インサイドはもちろんミドルレンジからも得点を量産した。マイアミ・ヒートではときにセンターを務め、その後のNBAでスタンダードとなるストレッチ5を先取りするようなプレイを見せた。

キャリア終盤には3ポイントシュートを積極的に放つようになり、現役ラストイヤーとなった2015-16シーズンの3P試投数は平均4.2本、成功率36.5%をマークしている。

▼クリス・ボッシュ、ヒート時代のハイライト