八村塁着用 Air Jordan 34 特集 >>

リーニン(LI-NING)と契約しているNBA選手は?バッシュも紹介!

li-ning リーニン リニング

近年、日本でも注目が高まってきた中国のスポーツ用品メーカー、リーニン(Li-Ning・李寧)。

2012年には、ドウェイン・ウェイドが契約を結んだことでNBAファンの間でも一気に認知度を高めました。

リーニンとはどんなブランドなのか、概要を紹介すると共に、リーニンと契約しているNBA選手の一覧やバッシュのラインナップを紹介します。

リーニン(Li-Ning・李寧)のブランド名の由来

リーニンは、体操選手として1980年代に活躍し1984年のロサンゼルスオリンピックで6つのメダルを獲得した伝説的体操選手、李寧(リーニン)が創業したスポーツ用品メーカーです。

日本では、「リニング」と表記されることもあります。

中国国内でダントツの人気

バスケットボール、バドミントン、卓球の中国代表チームと契約するなど、中国国内においてスポーツブランドとして高い地位を得ています。

中国国内のスポーツメーカー市場のシェアはナイキ、アディダスに次ぐ第3位。国産メーカーとしてはダントツの人気です。

▼ウェイドのシグニチャーモデル「Way of Wade7」発売直後の様子

バスケットボールのアルゼンチン代表、スペイン代表のスポンサーになるなど、国際的にも知られる存在となってきています。

ドウェイン・ウェイドとの契約

リーニンがバスケファンの間で広く認知されるきっかけとなったのは、2012年のドウェイン・ウェイド(Dwyane Wade)との契約です。

マイアミヒートで活躍し、2019年に引退したドウェイン・ウェイドですが、2012年以前はジョーダンブランドと契約していました(さらにその前はコンバース)。

シカゴ出身でもあるウェイドにとって、ジョーダンブランドとの契約は特別な名誉であったと想像できます。そんなウェイドがジョーダンブランドに別れを告げ、リーニンとの契約を発表したことは驚きを持って報じられました。以降、シグニチャーモデル「Way of Wade」シリーズがリーニンから出ています。

2018年にはリーニンと生涯契約を締結。引退後も中国ツアーを行うなど、広告塔としての役割を果たしています。

近い将来の殿堂入りが確実視されるレジェンドとの生涯契約は、リーニンが世界展開を進めていく上で大きな意味を持つでしょう。

ドウェイン・ウェイド
長くNBAの第一線で活躍したスーパースター。NBAドラフト史上最高の当たり年の1つと言われる2003年組(ウェイドの他に、レブロン、カーメロ、ボッシュなど)の一人。入団3年目の2005-2006シーズンには、シャキール・オニールとのコンビでNBAファイナル制覇。ファイナルMVPに輝く。

2010-11シーズン、レブロン・ジェームズ、クリス・ボッシュと共にビッグ3を形成し、以降4年連続でファイナル出場。2回の優勝を飾り一時代を築く。

故郷であるシカゴ、レブロンと再タッグを組んだクリーブランドでのプレイを経て2017年、シーズン途中にマイアミに復帰。2019年に引退。

  • NBAチャンピオン:3回(2006, 2012, 2013)
  • NBAファイナルMVP:1回(2006)
  • 得点王:1回(2009)
  • NBAオールスターMVP:1回(2010)
  • NBAオールスター:12回選出(2005-2016)

リーニンと契約しているNBA選手

リーニンと契約している主なNBA選手の一覧は以下の通りです。CJ・マッカラムディアンジェロ・ラッセルなどのビッグネームも含まれています。

  • ドウェイン・ウェイド(Dwyane Wade・2019年引退)
  • CJ・マッカラム(CJ McCollum)
  • ディアンジェロ・ラッセル(D’Angelo Russell)
  • グレン・ロビンソン3世(Glenn Robinson III)
  • フランク・メイソン3世(Frank Mason III)

日本での販売は?

日本国内ではatmos(アトモス)がリーニンのスニーカーを展開しています。

2019年11月には、atmosとリーニンがコラボレーションしたスニーカー「TITAN for atmos」が販売されました。

バスケットシューズに関しては、Amazonや楽天などの大手通販サイトでも購入可能です。

他の競技では、バドミントン用品を主に扱う株式会社FUNPORTがリーニンの正規の代理店となっており、バドミントンウェアやラケットなどを販売しています。

リーニンのバッシュ

リーニンのバッシュで最もポピュラーなのは、ドウェイン・ウェイドのシグニチャーモデル「Way of Wade」シリーズです。Way of Wade(WOW)はリーニン内で独立したブランドとして展開されており、専用のWebサイトも設けられています。

Way of Wade

現役選手の中では、ディアンジェロ・ラッセルが「Way of Wade」を履いてプレイしており、注目を集めています。

Way of Wade7(WOW7)

「Way of Wade 7」はウェイドがラストシーズンに履いてたバッシュ。2020年3月現在、Amazonで購入可能です。


[リニング] WOW 7 ‘Announcement’ Wade ハイトップバスケシューズ エアクッションサテン プロ スニーカー ブラック ホワイト ABAN079-1 30CM

Amazonのサイト内でカラーやサイズが選択できます。


Speedシリーズ

リーニン契約選手の中でディアンジェロと並ぶ大物であるCJ・マッカラムが着用しているのは、「Li-Ning Speed VI」。こちらもAmazonのサイト内でカラーやサイズを選択できます。


マッカラムがリーニンと契約したのは2017年。以前は、「Li-Ning Sonic 7」、「Li-Ning YuShuai 12」などを着用していました。

バスケットボールシューズ以外では、アトモス(atmos)からスニーカー「TITAN」(タイタン)が販売されています。ゴツい見た目から受ける印象とは異なる軽い履き心地が特徴です。


以上、中国の人気ブランド「リーニン(LI-NING)」の紹介でした。今後も新たな契約選手や新商品が発売され次第、更新していく予定です。

おすすめ記事

Jordan Jumpman Diamond Luka PEルカ・ドンチッチのバッシュを特集!シグネチャーモデルは?adidas N3XT L3V3Lトレイ・ヤングのバッシュを紹介。シグネチャーモデルは?