八村モデル登場!エアジョーダン35特集 >>

セス・カリー / 経歴 / スタッツ / 年俸

セス・カリー

セス・カリー(1990 – )のプロフィール、スタッツ(NBA / Dリーグ / 大学 / 国際大会)、年俸、NBA 2Kレーティング、キャリア概要、プレイスタイル、家族、エピソードを紹介します。
Seth Curry
身長 / 体重 188cm / 83.9kg(
生年月日 1990年8月23日
出身地 ノースカロライナ州シャーロット
ポジション SG / PG
シューズ アンダーアーマー
SNS Twitter / Instagram
略歴
2013-2014 メンフィス・グリズリーズ
2014 クリーブランド・キャバリアーズ
2015 フェニックス・サンズ
2015-2016 サクラメント・キングス
2016-2018 ダラス・マーベリックス
2018-2019 ポートランド・トレイルブレイザーズ
2019- ダラス・マーベリックス
NBAドラフト 2013年ドラフト外入団
出身校 デューク大学

受賞歴・実績

  • 2 × NBA Dリーグ オールスター
  • 1 × オールNBA Dリーグ1stチーム
  • NBA Dリーグ オールルーキー1stチーム
  • U19 W杯 金メダル

スタッツ(個人成績)

NBA(レギュラーシーズン)

最終更新:2020年9月2日
※横にスクロールできます。

シーズン 年齢 所属 出場 先発 時間 FG FGA FG% 3P 3PA 3P% 2P 2PA 2P% eFG% FT FTA FT% ORB DRB TRB AST STL BLK TOV PF 得点
2013-14 23 MEM 1 0 4.0 0.0 0.0   0.0 0.0   0.0 0.0     0.0 0.0   0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0
2013-14 23 CLE 1 0 9.0 1.0 3.0 .333 1.0 1.0 1.000 0.0 2.0 .000 .500 0.0 0.0   0.0 1.0 1.0 0.0 2.0 0.0 0.0 0.0 3.0
2014-15 24 PHO 2 0 4.0 0.0 1.5 .000 0.0 0.5 .000 0.0 1.0 .000 .000 0.0 0.0   0.0 1.0 1.0 0.5 0.0 0.0 0.0 1.0 0.0
2015-16 25 SAC 44 9 15.7 2.3 5.1 .455 1.1 2.5 .450 1.2 2.6 .460 .567 1.0 1.2 .833 0.2 1.2 1.4 1.5 0.5 0.1 0.8 0.9 6.8
2016-17 26 DAL 70 42 29.0 4.8 10.0 .481 2.0 4.6 .425 2.9 5.4 .528 .578 1.2 1.4 .850 0.4 2.2 2.6 2.7 1.1 0.1 1.3 1.8 12.8
2018-19 28 POR 74 2 18.9 2.9 6.3 .456 1.5 3.4 .450 1.3 2.9 .463 .577 0.6 0.7 .846 0.4 1.3 1.6 0.9 0.5 0.2 0.8 1.3 7.9
2019-20 29 DAL 64 25 24.6 4.4 9.0 .495 2.3 5.0 .452 2.2 4.0 .549 .621 1.3 1.5 .825 0.4 1.8 2.3 1.9 0.6 0.1 1.0 1.8 12.4
Career     256 78 22.3 3.7 7.7 .475 1.7 3.9 .443 1.9 3.8 .509 .588 1.0 1.2 .838 0.3 1.6 2.0 1.7 0.7 0.1 1.0 1.5 10.1

NBA(プレイオフ)

シーズン 年齢 所属 出場 先発 時間 FG FGA FG% 3P 3PA 3P% 2P 2PA 2P% eFG% FT FTA FT% ORB DRB TRB AST STL BLK TOV PF 得点
2018-19 28 POR 16 0 20.4 1.9 5.1 .366 1.3 3.3 .404 0.6 1.9 .300 .494 0.6 0.7 .818 0.3 1.3 1.6 0.8 0.8 0.3 0.4 1.7 5.6
2019-20 29 DAL 6 0 28.8 5.2 8.8 .585 1.7 3.5 .476 3.5 5.3 .656 .679 0.8 0.8 1.000 0.3 1.5 1.8 1.3 1.0 0.0 1.3 2.3 12.8
Career     22 0 22.7 2.8 6.1 .452 1.4 3.3 .425 1.4 2.8 .484 .567 0.6 0.7 .875 0.3 1.3 1.6 1.0 0.8 0.2 0.7 1.9 7.6

NBA Dリーグ(レギュラーシーズン)

シーズン 所属 出場 先発 時間 FGM FGA FG% 3PM 3PA 3P% FTM FTA FT% OFF DEF TRB AST STL BLK PF TOV 得点
2013-14 SCW 38 37 34.7 7.08 16.21 .437 2.61 7.00 .372 2.89 3.39 .853 0.42 2.66 3.08 5.82 1.45 0.16 1.84 2.84 19.66
2014-15 ERI 43 42 36.9 8.07 16.67 .484 3.63 7.77 .467 4.05 4.37 .926 0.37 3.49 3.86 4.16 1.44 0.05 2.28 2.95 23.81
Career 81 79 35.9 7.60 16.46 .462 3.15 7.41 .425 3.51 3.91 .896 0.40 3.10 3.49 4.94 1.44 0.10 2.07 2.90 21.86

NBA Dリーグ(プレイオフ)

シーズン 所属 出場 先発 時間 FGM FGA FG% 3PM 3PA 3P% FTM FTA FT% OFF DEF TRB AST STL BLK PF TOV 得点
2013-14 SCW 7 7 36.6 8.14 17.43 .467 3.86 9.57 .403 4.43 5.43 .816 0.29 3.14 3.43 4.86 1.43 0.00 2.57 2.86 24.57

大学

シーズン 大学 Conf 出場 先発 時間 FG FGA FG% 2P 2PA 2P% 3P 3PA 3P% FT FTA FT% ORB DRB TRB AST STL BLK TOV PF 得点
2008-09 リバティ Big South 35 34 36.5 6.9 16.7 .417 4.0 8.3 .488 2.9 8.4 .347 3.4 4.1 .832 0.7 3.7 4.4 2.3 1.4 0.3 2.3 1.5 20.2
2010-11 デューク ACC 37 19 25.0 2.7 6.5 .423 1.0 2.5 .402 1.7 4.0 .435 1.8 2.3 .788 0.4 1.4 1.8 2.0 1.4 0.1 0.9 1.7 9.0
2011-12 デューク ACC 34 32 30.2 4.1 9.9 .420 2.3 5.0 .456 1.9 4.9 .383 3.0 3.5 .873 0.8 1.9 2.6 2.4 1.3 0.2 2.0 2.1 13.2
2012-13 デューク ACC 35 35 32.3 5.6 12.1 .465 2.9 5.9 .493 2.7 6.2 .438 3.5 4.3 .809 0.6 2.0 2.5 1.5 0.9 0.2 1.2 1.7 17.5
Career   141 120 30.9 4.8 11.2 .431 2.5 5.4 .472 2.3 5.9 .394 2.9 3.5 .827 0.6 2.2 2.8 2.1 1.2 0.2 1.6 1.8 14.9

国際大会(アンダーカテゴリー)

大会 出場 時間 FGM FGA FG% 3PM 3PA 3P% FTM FTA FT% TRB AST STL BLK PF TOV 得点 順位
2009 U19 W杯 9 18:53 2.9 7.0 .413 2.1 5.3 .396 1.1 1.7 .667 2.2 1.1 0.3 0.4 1.8 1.8 9.0
参照スタッツ
NBA:Basketball-Reference.com
大学:College Basketball at Sports-Reference.com
招待試合 / 国際大会:RealGM

年俸(サラリー)

2019-20シーズンのセス・カリーの年俸(サラリー)は、7,461,380ドル。日本円にして約8億円となっている(1ドル108円で計算)。

セス・カリーの年俸の推移は下記の通り。

シーズン 所属 ドル
2019/20 DAL $7,461,380 8億
2018/19 POR $2,795,000 3億
2017/18 DAL $3,028,410 3億3千万
2016/17 DAL $2,898,000 3億2千万
2015/16 SAC $947,276 1億
参照データ
年俸:HoopsHype
為替レート(年平均):MacroTrends

円換算の計算式
ドル年俸 × 当該年の為替レート(年平均)
※百万の位以下切り捨て

NBA 2K レーティング

セス・カリーのNBA 2Kレーティングの推移は以下の通り。

タイトル シーズン チーム レーティング
2K 20 2019-20 DAL 80
2K 19 2018-19 POR 74
2K 18 2017-18 DAL 77
2K 17 2016-17 DAL 72
2K 16 2015-16 SAC 67
2K 15 2014-15 PHX 65
2K 14 2013-14 MEM 63
参照:2KRATINGS
※2Kレーティングとは、ゲームソフト「NBA 2K」内において選手の能力を数値化した指標

キャリア概要

生い立ち・高校時代

セス・カリーは1990年ノースカロライナ州シャーロット生まれ。父はシャーロット・ホーネッツなどで活躍した名シューター デル・カリー、母はバージニア工科大学でバレーボール選手としてプレイしていたソニア・カリー、兄は史上最高のスリーポイントシューターとの呼び声高いステフィン・カリー

高校は兄と同じCharlotte Christian Schoolに進学。最終学年となるSenior Yearには、平均22.3得点、5.0リバウンド、5.0アシスト、FG成功率52%をマークした。

大学時代

高校を卒業した2008年、バージニア州のリバティ大学に進学。フレッシュマンながらエースとしてプレイし、全米の1年生の中でトップとなる平均20.2得点を記録。

2009年、より高いレベルでのプレイを求めてコーチKこと名将マイク・シャシェフスキー率いるデューク大学に進学する。トランスファー(転校)に伴うルールにより、2009-10シーズンは試合に出場できず。2010-11シーズンから2012-13シーズンまでの3シーズンをデュークでプレイする。デュークでの最終学年では、平均17.5得点、3P成功率43.8%の数字を残した。

▼セス・カリー | デューク時代のハイライト

NBA

NBA Dリーグで活躍

兄ステフがスーパースターへの道を歩み始めていた2013年のNBAドラフトでは、どのチームからも指名を受けることができず、プロキャリアはNBA Dリーグ(現Gリーグ)でスタートすることになった。

プロ入り後の2シーズンでNBAでの出場が4試合のみに留まったセス・カリーだったが、NBA Dリーグでは大活躍する。Dリーグでの2シーズンにおいてセスは平均21.8得点、3P成功率42.5%をマーク。2年連続でDリーグのオールスターに選出された。

サクラメント・キングス|NBAに定着

セス・カリーがNBAに定着したのは2015-16シーズン。2015年のサマーリーグで平均24.4得点をマークし得点王に輝いたセスは、サクラメント・キングスとの契約にこぎつける。キングスでは44試合に出場し平均6.8得点、3P成功率45.0%のスタッツを記録した。

ダラス・マーベリックス

2016年夏にダラス・マーベリックスと契約。2016-17シーズンは出場した70試合中42試合でスターターを務め、平均12.8得点をマーク。

2017-18シーズンは怪我によりシーズンを全休した。

ポートランド・トレイルブレイザーズ|兄弟対決が実現

翌2018-19シーズンはポートランド・トレイルブレイザーズでプレイ。キャリア初となったプレイオフではウェスタン・カンファレンス決勝で兄・ステフが所属するゴールデンステイト・ウォリアーズと対戦し、兄弟対決が実現した。ブレイザーズはスウィープで敗れたものの、セスはステフからスティールするなど奮闘を見せた。

ダラス・マーベリックス

セス・カリーは2019-20シーズン、古巣のダラス・マーベリックスに復帰。リーグ3位となる3p成功率45.2%をマークし、ローテーションの一角としてシーズンを通して安定した活躍を見せた。

パンデミック下にオーランドの通称Bubbleで行われたプレイオフ1回戦では、レブロン・ジェームズアンソニー・デイビスを擁する優勝候補のロサンゼルス・レイカーズ相手に平均12.8得点、FG成功率58.5%、3P成功率47.6%を記録。1勝4敗でチームは敗退したものの、怪我人が続出したチームの中で攻撃の一翼を担った。

▼故郷シャーロットで行われた試合で26得点の活躍。この試合は父・デルが実況席に、母・ソニアが観客席で見守っていた。

プレイスタイル

セス・カリーは身長188cmと小柄ながら、リーグ屈指の正確性を誇る3ポイントシュートを武器にNBAを生き抜くピュアシューター。試投数に大きな差があるものの、キャリア通算の3ポイントシュート成功率は兄・ステフを超える高いパーセンテージを記録している。

家族

セス・カリー 結婚式

セス・カリーとキャリー・リバースの結婚式。ドック・リバースのInstagramより via:@docrivers

セス・カリーの家族はNBA関係者が非常に多いことで知られる。父・デルが元NBA選手、兄・ステフは現役のスーパースター。妹のシデルと結婚したウォリアーズのデイミオン・リーは義理の兄弟にあたる。

さらにセスは、2019年9月にロサンゼルス・クリッパーズのHCであるドック・リバースの娘、キャリー・リバースと結婚。ドック・リバースの息子、オースティン・リバースもNBA選手であることから、新たに義理の父、義理の兄弟がNBA関係者となった。

エピソード

  • 2019年のプレイオフ ウェスタン・カンファレンス決勝でステフ、セスの兄弟対決が実現した際には、両親が2人のジャージを縫い合わせた特製ジャージで応援した。父デル・カリーは「どちらかが負けるとわかっている試合を応援するのはつらかった」とのちに語っている。
  • セスは、ダラス・マーベリックスでのチームメイト、ルカ・ドンチッチについて、楽しんでプレイする姿が兄・ステフに重なると発言している()。
  • Bubbleで行われた2020年8月のプレイオフでは、義理の父であるドック・リバース率いるロサンゼルス・クリッパーズと対戦し、親子対決が実現した。
  • ステフィン・カリーのシグネチャーモデルであるアンダーアーマーの「カリー・シリーズ」を着用している。

おすすめ記事

ステフィン・カリー ステフィン・カリー / 経歴 / スタッツ / 年俸 カリー7 ステフィン・カリーの歴代バッシュ、シグネチャーまとめ