ブラッドリー・ビールの着用バッシュは?

トレイ・ヤングのバッシュを紹介。シグネチャーモデルは?

adidas N3XT L3V3L

多彩なスキルと長距離スリーポイント(いわゆる“logo shot”)で観客を魅了するトレイ・ヤング。ルーキーシーズンから着実に結果を残し、2年目には同期のルカ・ドンチッチとともにオールスターのスターターに選出。2021年にはファーストシグネチャーシューズのリリースが予定されています。以下、トレイ・ヤングが着用するadidas(アディダス)のバッシュについてまとめました。

トレイ・ヤング着用のバッシュ

トレイ・ヤングが試合で履いているバッシュを最新のモデルから大学時代にまで遡って紹介します。

adidas N3XT L3V3L 2020

adidas N3xt L3v3l 2020 Glory Red Bold Gold

NBA2年目のシーズン途中からヤングが着用したバッシュはadidas N3XT L3V3L 2020。前シーズンから履いていた「N3XT L3V3L」の後継シューズとなる。前作に続いてクッションはLightstrikeを採用。

adidas N3XT L3V3L

トレイ・ヤングがルーキーシーズンに多く履いていたのが、adidas N3XT L3V3L。前述のadidas N3XT L3V3L 2020の1つ前のバージョンとなる。

紐なしのレースレス・スニーカー(laceless sneaker)で、アディダスの新技術であるLightstrikeを採用。軽量でグリップ力に優れ、素早い横の動きをサポートしてくれる。

adidas Harden B/E 2

adidas Harden B/E 2

ジェームズ・ハーデンのシグネチャーモデルであるadidas Harden B/E 2もルーキーシーズンのヤングの主要ローテーションの1足。クッション性の高いミッドソールが俊敏な動きをサポート。カラーやサイズにもよるが比較的安価なシューズというのも特徴の1つとなっている。ヤングのニックネームである「Ice」をあしらったオリジナル仕様のHarden B/E 2を着用したゲームもあった。

▼ジェームズ・ハーデンのバッシュ特集
ジェームズ・ハーデン バッシュ(アディダス ハーデン Vol.5) ジェームズ・ハーデンの歴代バッシュ、シグネチャーモデルまとめ

Nike Kyrie 4

Nike Kyrie 4 Think 16

オクラホマ大学時代のトレイ・ヤングが履いていたバッシュは【Nike Kyrie 4】。大学では、フレッシュマンながらNCAA Division1で得点王とアシスト王の2冠に輝いた。

トレイ・ヤングのシグネチャーシューズの発売は?

世代を代表するスーパースターへの階段を駆け上がるトレイ・ヤング。シグネチャーシューズの制作も時間の問題と思われていたが、2020年12月にTwitter上でファーストシグネチャー「Trae Young 1」のリリースを発表。2021年の発売が予定されている。

これまでにシグネチャーシューズを出している主な選手は以下の通り。

アディダスからは、デリック・ローズ、ジェームズ・ハーデン、デイミアン・リラード、ドノバン・ミッチェルがシグネチャーシューズをリリースしている。

2年目にして平均29.6得点、9.3アシストをマークしオールスターのスターターに選ばれたトレイ・ヤングは、上記選手たちに名を連ねても違和感のない活躍を見せてきた。今後もさらなる飛躍が期待される。

※随時更新予定

選手別のバッシュはこちら ※スクロールできます→

  • Nike レブロン
  • Kobe 1 Protro 2005
    Nike コービー
  • Harden Vol. 4
    adidas ハーデン
  • UNDER ARMOUR カリー
  • カイリーシリーズ
    Nike カイリー
  • Nike KD 11
    Nike KD
  • adidas デイム