マービン・バグリー三世の経歴・スタッツ・動画|祖父は元NBA選手

NBAドラフト2018で全体2位指名を受けサクラメント・キングスに入団したマービン・バグリー三世(Marvin Bagley III)。

高校時代から世代トップの評価を受けてきた彼の経歴、スタッツ、ハイライト動画をまとめた。

マービン・バグリー三世の生年月日・身長・ウィングスパン

  • 生年月日:1999年3月14日
  • 出身地:アリゾナ州テンピ
  • 出身大学:デューク大学
  • 身長: 211cm(6ft 11in)
  • 体重:106kg(234 lb)
  • ウィングスパン:214cm(7.05ft)
  • ポジション:パワーフォワード

マービン・バグリー三世の経歴|NBAドラフトまで

誕生|祖父は元NBA選手

マービン・バグリー三世は1999年3月14日アリゾナ州テンピに生まれた。

父はノースカロライナA&T州立大学でアメフトの選手としてプレイした経歴を持つMarvin Jr.

祖父はNBAとABAの両リーグでプレイし、東京オリンピックで金メダルを獲得しているジョー・コールドウェル(Joe Caldwell)。

高校入学以前|14歳で大学からオファーを受ける

マービン・バグリー三世は早くからその才能を見出され、14歳の頃には北アリゾナ大学(Northern Arizona University)からスカラシップのオファーを受けている。

14歳時点ですでに身長は203cm(6.8フィート)あり、他にもアリゾナ州立大学(Arizona State)、サンフランシスコ大学(San Francisco)クレイトン大学(Creighton)からオファーを受けた。

参照:14-year old phenom Marvin Bagley III loaded with scholarship offers

▼フレッシュマン(日本の中学3年)時点でのプレイ動画

高校時代|世代トップの評価を受ける

マービン・バグリー三世は、高校1年時(フレッシュマン)に地元アリゾナ州テンペにあるCorona del Sol High Schoolに所属。2年時にはアリゾナ州フェニックスにあるHillcrest Prepに所属した。

Hillcrest Prepでは、NBAドラフト2018で全体1位指名を受けるディアンドレ・エイトンと一時期チームメイトになるもすぐにカリフォルニア州のSierra Canyon Schoolに転校。

Sierra Canyon Schoolでは平均24.9得点10.1リバウンドを記録。世代トップの評価を受ける。

Sierra Canyon Schoolでの初年度にプレイする資格を得られなかったことから(ルールに抵触)、大学へ進学を1年早めることとなる。

▼高校時代のハイライト動画

リクルート時の評価

▼大学入学前の各メディアの評価は下記の通り。

Recruiting star ratings
Scout.com
(5.0)
Rivals.com
(5.0)
247Sports.com
(5.0)
ESPN
(5.0)

※ESPNは98/100を星に換算

参照:Marvin Bagley III – Wikipedia

デューク大時代|個人タイトルを総なめ

デューク大に入学したマービン・バグリー三世は前評判通りの活躍でフレッシュマンながらほとんどの試合にスターターで出場。

1試合平均21.0得点、11.1リバウンドのスタッツを記録した。

強豪が揃うアトランティック・コースト・カンファレンス(ACC)の新人王と最優秀選手賞を獲得。ACCのファーストチームに選ばれた。

ディアンドレ・エイトン、トレイ・ヤングとともにフレッシュマンながらオールアメリカン・ファーストチームにも選出(※)。

※ファーストチームに3人のフレッシュマンが選ばれたのは史上初。

2018NCAAトーナメントでは、ファイナル4進出をかけたカンザス大戦に81-85で敗れて敗退。

バグリーはNBAへのアーリーエントリーを表明し、大学でのプレイは1年間のみとなった。

▼デューク大時代のハイライト動画

NBAドラフト2018|全体2位指名でサクラメント・キングスに入団

当初からトップ3指名が確実視されていたマービン・バグリー三世はNBAドラフト2018でサクラメント・キングスから全体2位指名を受ける。

高校時代に一時期同じチームに所属し、同ドラフトで全体1位指名を受けたディアンドレ・エイトンに次ぐ順位となった。

2018年7月1日、正式にキングスとの契約を交わした。

マービン・バグリー三世のスタッツ

マービン・バグリー三世の高校時代・大学時代のスタッツをまとめた。

※右端が切れている場合はスクロールしてください。

高校時代のスタッツ

マービン・バグリー三世の高校時代のスタッツは下記の通り。

1試合平均得点(PPG)、平均リバウンド(RPG)で優れた数字を残している。

Year 学年 GP MPG RPG APG SPG BPG PPG
16-17 Junior 29 10.1 1.6 0.9 2.0 24.6

参照:Marvin Bagley III’s Basketball Stats

デューク大時代のスタッツ

Year Team GP GS MPG FG% 3p% FT% RPG APG SPG BPG PPG
17-18 デューク大 33 32 33.9 .614 .397 .627 11.1 1.5 .8 .9 21.0

参照:sports-reference.com

マービン・バグリー三世のプレイスタイル

211cmの身長と高い身体能力を誇り、リバウンドに強い(特に2度目、3度目のジャンプの速さを評価する声がある)。オフェンススキルは多彩でインサイドのみならずアウトサイドからも得点できる。

長身だがハンドリング能力が高く、リバウンドからコースト・トゥ・コーストで相手ゴールを陥れるシーンも多い。

大学時代の3pt試投数は1試合平均1.8と多くないが成功率39.7パーセントは優秀。アウトサイドシュートに磨きをかければさらに怖い選手となる。

弱点として、身長の割にウィングスパンがそれほど長くないこと(214cm)を指摘されることがあるが、ショットブロッカーとしての能力は改善の余地があるものの決して低くはない。

順調に成長すればオールスターレベルの選手になることは間違いないだろう(バグリーの祖父ジョー・コールドウェルもホークス時代にオールスターに選出されている)。

参照:Draft Profile: What Will Marvin Bagley III Bring To The NBA?

参照:nbadraft.net

おすすめ記事

▼ディアンドレ・エイトン、ルカ・ドンチッチ、トレイ・ヤングら才能豊かな選手の揃ったNBAドラフト2018の指名選手一覧を動画とともに紹介しています。

>> NBAドラフト2018|指名一覧と各選手のハイライト動画まとめ