八村塁モデルも登場!エアジョーダン35特集

パトリック・ユーイング / 経歴 / スタッツ / 年俸総額

パトリック・ユーイング

パトリック・ユーイング(1962 – )のプロフィール、キャリア概要、エピソード、スタッツ(NBA / 大学 / 国際大会)、年俸、NBA 2Kレーティングを紹介します。
Patrick Ewing
身長 / 体重 213cm / 116kg(
生年月日 1962年8月5日
国籍 アメリカ合衆国
出身地 ジャマイカ キングストン
ポジション C(センター)
背番号 33(ニックス永久欠番)/ 6
シューズ Ewing Athletics
SNS Twitter
略歴
1985-2000 ニューヨーク・ニックス
2000-2001 シアトル・スーパーソニックス
2001-2002 オーランド・マジック
NBAドラフト 1985年1巡目1位
出身校 ジョージタウン大学

受賞歴・実績

  • バスケットボール殿堂(2008)
  • 11 × NBAオールスター
  • 1 × オールNBA1stチーム
  • 6 × オールNBA2ndチーム
  • 3 × オールディフェンシブ2ndチーム
  • 新人王
  • オールルーキー1stチーム(1986)
  • NCAAチャンピオン(1984)
  • 大学年間最優秀選手(1985)
  • 2 × オリンピック金メダル
  • NBA50周年記念オールタイムチーム
パトリック・ユーイング – 通算成績
パトリック・ユーイング 得点 REB AST STL BLK
平均 21.0 9.8 1.9 1.0 2.4
合計 24,815 1,1607 2,215 1,136 2,894

スタッツ(個人成績)

NBA(レギュラーシーズン)

※横にスクロールできます。

シーズン 所属 出場 先発 時間 FG FGA FG% 3P 3PA 3P% FT FTA FT% ORB DRB TRB AST STL BLK TOV PF 得点
1985-86 NYK 50 50 35.4 7.7 16.3 47.4 0.0 0.1 0.0 4.5 6.1 73.9 2.5 6.5 9.0 2.0 1.1 2.1 3.4 3.8 20.0
1986-87 NYK 63 63 35.0 8.4 16.7 50.3 0.0 0.1 0.0 4.7 6.6 71.3 2.5 6.3 8.8 1.7 1.4 2.3 3.6 3.9 21.5
1987-88 NYK 82 82 31.0 8.0 14.4 55.5 0.0 0.0 0.0 4.2 5.8 71.6 3.0 5.3 8.2 1.5 1.3 3.0 3.5 4.0 20.2
1988-89 NYK 80 80 36.2 9.1 16.0 56.7 0.0 0.1 0.0 4.5 6.1 74.6 2.7 6.6 9.3 2.4 1.5 3.5 3.3 3.9 22.7
1989-90 NYK 82 82 38.6 11.2 20.4 55.1 0.0 0.0 25.0 6.1 7.9 77.5 2.9 8.0 10.9 2.2 1.0 4.0 3.4 4.0 28.6
1990-91 NYK 81 81 38.3 10.4 20.3 51.4 0.0 0.1 0.0 5.7 7.7 74.5 2.4 8.8 11.2 3.0 1.0 3.2 3.6 3.5 26.6
1991-92 NYK 82 82 38.4 9.7 18.6 52.2 0.0 0.1 16.7 4.6 6.2 73.8 2.8 8.5 11.2 1.9 1.1 3.0 2.5 3.4 24.0
1992-93 NYK 81 81 37.1 9.6 19.1 50.3 0.0 0.1 14.3 4.9 6.9 71.9 2.4 9.7 12.1 1.9 0.9 2.0 3.3 3.5 24.2
1993-94 NYK 79 79 37.6 9.4 19.0 49.6 0.1 0.2 28.6 5.6 7.4 76.5 2.8 8.4 11.2 2.3 1.1 2.7 3.3 3.5 24.5
1994-95 NYK 79 79 37.0 9.2 18.4 50.3 0.1 0.3 28.6 5.3 7.1 75.0 2.0 9.0 11.0 2.7 0.9 2.0 3.2 3.4 23.9
1995-96 NYK 76 76 36.6 8.9 19.2 46.6 0.1 0.4 14.3 4.6 6.1 76.1 2.1 8.5 10.6 2.1 0.9 2.4 2.9 3.3 22.5
1996-97 NYK 78 78 37.0 8.4 17.2 48.8 0.0 0.1 22.2 5.6 7.5 75.4 2.2 8.4 10.7 2.0 0.9 2.4 3.4 3.2 22.4
1997-98 NYK 26 26 32.6 7.8 15.5 50.4 0.0 0.1 0.0 5.2 7.2 72.0 2.3 7.9 10.2 1.1 0.6 2.2 3.0 2.8 20.8
1998-99 NYK 38 38 34.2 6.5 14.9 43.5 0.0 0.1 0.0 4.3 6.1 70.6 1.9 8.0 9.9 1.1 0.8 2.6 2.6 2.8 17.3
1999-00 NYK 62 62 32.8 5.8 12.5 46.6 0.0 0.0 0.0 3.3 4.6 73.1 2.3 7.5 9.7 0.9 0.6 1.4 2.3 3.2 15.0
2000-01 SEA 79 79 26.7 3.7 8.7 43.0 0.0 0.0 0.0 2.2 3.2 68.5 1.6 5.8 7.4 1.2 0.7 1.2 1.9 2.9 9.6
2001-02 ORL 65 4 13.9 2.3 5.1 44.4 0.0 0.0 0.0 1.4 2.1 70.1 0.9 3.1 4.0 0.5 0.3 0.7 1.0 2.0 6.0
Career   1,183 1,122 34.3 8.2 16.3 50.4 0.0 0.1 15.2 4.6 6.2 74.0 2.3 7.5 9.8 1.9 1.0 2.4 3.0 3.4 21.0

NBA(プレイオフ)

シーズン 所属 出場 先発 時間 FG FGA FG% 3P 3PA 3P% FT FTA FT% ORB DRB TRB AST STL BLK TOV PF 得点
1987-88 NYK 4 4 38.3 7.0 14.3 49.1 0.0 0.3 0.0 4.8 5.5 86.4 4.0 8.8 12.8 2.5 1.5 3.3 2.8 4.3 18.8
1988-89 NYK 9 9 37.8 7.8 16.0 48.6 0.0 0.0   4.3 5.8 75.0 2.6 7.4 10.0 2.2 1.0 2.0 1.7 3.9 19.9
1989-90 NYK 10 10 39.5 11.4 21.9 52.1 0.1 0.2 50.0 6.5 7.9 82.3 2.1 8.4 10.5 3.1 1.3 2.0 2.7 4.1 29.4
1990-91 NYK 3 3 36.7 6.0 15.0 40.0 0.0 0.0   4.7 6.0 77.8 0.7 9.3 10.0 2.0 0.3 1.7 3.7 4.0 16.7
1991-92 NYK 12 12 40.2 9.1 19.9 45.6 0.0 0.1 0.0 4.5 6.1 74.0 2.8 8.3 11.1 2.3 0.6 2.6 1.9 4.1 22.7
1992-93 NYK 15 15 40.3 11.0 21.5 51.2 0.1 0.1 100.0 3.4 5.3 63.8 2.9 8.1 10.9 2.4 1.1 2.1 2.6 4.0 25.5
1993-94 NYK 25 25 41.3 8.4 19.2 43.7 0.2 0.4 36.4 4.9 6.5 75.5 3.5 8.2 11.7 2.6 1.3 3.0 3.3 3.8 21.9
1994-95 NYK 11 11 36.3 7.3 14.2 51.3 0.1 0.3 33.3 4.4 6.4 68.6 1.5 8.1 9.6 2.5 0.5 2.3 2.7 4.6 19.0
1995-96 NYK 8 8 41.0 8.1 17.1 47.4 0.1 0.3 50.0 5.1 7.9 65.1 1.4 9.3 10.6 1.9 0.1 3.1 3.8 2.8 21.5
1996-97 NYK 9 9 39.7 9.8 18.6 52.7 0.0 0.1 0.0 3.0 4.7 64.3 2.9 7.7 10.6 1.9 0.3 2.4 3.0 3.3 22.6
1997-98 NYK 4 4 33.0 5.0 14.0 35.7 0.0 0.0   4.0 6.8 59.3 2.3 5.8 8.0 1.3 0.8 1.3 2.5 4.0 14.0
1998-99 NYK 11 11 31.5 5.3 12.3 43.0 0.0 0.0   2.5 3.3 77.8 1.3 7.5 8.7 0.5 0.6 0.7 0.9 3.2 13.1
1999-00 NYK 14 14 32.9 5.1 12.1 41.8 0.0 0.0   4.4 6.4 69.7 2.1 7.4 9.5 0.4 1.1 1.4 1.9 3.4 14.6
2001-02 ORL 4 0 16.8 2.0 6.3 32.0 0.0 0.3 0.0 2.5 4.3 58.8 1.3 4.3 5.5 1.0 0.3 1.0 0.5 3.0 6.5
Career   139 135 37.5 7.9 16.9 46.9 0.1 0.2 34.8 4.3 6.0 71.8 2.4 7.9 10.3 2.0 0.9 2.2 2.5 3.8 20.2

NBAオールスター

チーム 時間 FGM FGA FG% 3P 3PA 3P% FTM FTA FT% OFF DEF TRB AST STL BLK PF TOV 得点
1988 East 16 4 8 0.5 0 0 0 1 1 1 1 5 6 0 0 1 1 1 9
1989 East 17 2 8 0.25 0 0 0 0 4 0 1 5 6 2 1 2 2 3 4
1990 East 27 5 9 0.556 0 0 0 2 2 1 1 9 10 1 1 5 5 5 12
1991 East 30 8 10 0.8 0 0 0 2 2 1 2 8 10 0 1 4 5 2 18
1992 East 17 4 7 0.571 0 0 0 2 5 0.4 2 2 4 0 2 1 3 2 10
1993 East 25 7 11 0.636 0 0 0 1 1 1 3 7 10 1 2 2 4 4 15
1994 East 24 7 15 0.467 0 0 0 6 7 0.857 4 4 8 1 0 0 2 1 20
1995 East 22 4 7 0.571 0 0 0 2 2 1 0 3 3 1 1 0 3 5 10
1996 East 12 3 7 0.429 0 0 0 2 2 1 1 2 3 1 3 1 2 0 8
合計   190 44 82 0.537 0 0 0 18 26 0.692 15 45 60 7 11 16 27 23 106
平均   21.1 4.89 9.11 0.537 0 0 0 2 2.89 0.692 1.67 5 6.67 0.78 1.22 1.78 3 2.56 11.78

大学

シーズン 大学 Conf 出場 先発 時間 FG FGA FG% 2P 2PA 2P% 3P 3PA 3P% FT FTA FT% TRB AST STL BLK TOV PF 得点
1981-82 ジョージタウン Big East 37 36 28.8 4.9 7.8 .631             2.8 4.5 .617 7.5 0.6 1.1 3.2 2.0 3.2 12.7
1982-83 ジョージタウン Big East 32 32 32.0 6.6 11.6 .570             4.4 7.0 .629 10.2 0.8 1.5 3.3 2.5 3.2 17.7
1983-84 ジョージタウン Big East 37 33 31.9 6.5 9.9 .658             3.4 5.1 .656 10.0 0.8 0.9 3.2 2.4 2.6 16.4
1984-85 ジョージタウン Big East 37   30.6 5.9 9.5 .625             2.8 4.3 .638 9.2 1.3 1.1 3.6 2.2 2.9 14.6
Career ジョージタウン   143 101 30.8 6.0 9.7 .620             3.3 5.2 .635 9.2 0.9 1.2 3.4 2.3 3.0 15.3

国際大会

大会 出場 時間 FGM FGA FG% 3PM 3PA 3P% FTM FTA FT% TRB AST STL BLK PF TOV 得点 順位
1992 バルセロナ五輪 8 17:32 4.1 6.6 .623 0.0 0.0 .000 1.2 1.6 .769 5.2 0.4 0.6 1.9 2.5 0.6 9.5
1984 ロサンゼルス五輪 8 17:52 3.9 7.0 .554 0.0 0.0 .000 3.2 4.4 .743 5.6 0.5 0.8 2.2 2.6 1.0 11.0
平均 16 17:42 4.0 6.8 .587 0.0 0.0 .000 2.2 3.0 .750 5.4 0.4 0.7 2.1 2.6 0.8 10.2
合計 16 283:23 64 109 .587 0 0 .000 36 48 .750 87 7 11 33 41 13 164
参照スタッツ
NBA:Basketball-Reference.com
大学:College Basketball at Sports-Reference.com
オールスター / 国際大会:RealGM

年俸(サラリー)

パトリック・ユーイングの年俸(サラリー)総額は、125,443,120ドル。日本円にして約149億6千万円となっている。

パトリック・ユーイングの年俸の推移は下記の通り。

シーズン 所属 ドル
2002/03 ORL $1,850,000 2億1千万
2001/02 ORL $2,118,420 2億6千万
2000/01 SEA $14,000,000 17億
1999/00 NYK $15,000,000 16億2千万
1998/99 NYK $18,500,000 21億
1997/98 NYK $20,500,000 26億8千万
1996/97 NYK $3,000,000 3億6千万
1995/96 NYK $18,724,000 20億4千万
1994/95 NYK $4,486,700 4億2千万
1993/94 NYK $3,825,000 3億9千万
1992/93 NYK $3,300,000 3億6千万
1991/92 NYK $3,139,000 3億9千万
1990/91 NYK $4,250,000 5億7千万
1989/90 NYK $4,000,000 5億8千万
1988/89 NYK $3,250,000 4億4千万
1987/88 NYK $2,750,000 3億5千万
1986/87 NYK $1,500,000 2億1千万
1985/86 NYK $1,250,000 2億1千万
総額   $125,443,120 149億6千万
参照データ
年俸:HoopsHype / spotrac
為替レート(年平均):MacroTrends

円換算の計算式
ドル年俸 × 当該年の為替レート(年平均)
※百万の位以下切り捨て

NBA 2K レーティング

パトリック・ユーイングのNBA 2Kレーティングは以下の通り。

タイトル チーム レーティング
NBA2K21 1990年代オールスター 95
参照:2KRATINGS
※2Kレーティングとは、ゲームソフト「NBA 2K」内において選手の能力を数値化した指標。当該選手が複数チームに所属している場合は最高値を記載。

パトリック・ユーイング|キャリア概要

生い立ち・高校時代

パトリック・ユーイングは1962年8月5日、ジャマイカのキングストンに生まれた。12歳のとき、家族とともに米国のマサチューセッツ州ケンブリッジへ移り住む。

ケンブリッジの公立学校Cambridge Rindge and Latin Schoolで本格的にバスケットボールを始め、恵まれた身体と高い身体能力、ゴール下での圧倒的な強さから高校時点で全米トップクラスの評価を受けた。

ジョージタウン大学

高校卒業後、ジョージタウン大学に進学。大学では4年間プレイし、NCAAトーナメントの決勝に3度進出。1年次には決勝で同学年のマイケル・ジョーダン擁するノースカロライナ大学と対戦。試合時間残り16秒でジョーダンにジャンプシュートを沈められたジョージタウンは62-63で惜しくも優勝を逃した。

▼1982年 NCAAトーナメント決勝 ノースカロライナ大 vs ジョージタウン大(フルゲーム)

ジョージタウン大がNCAAトーナメントを制したのはユーイングが3年次の1984年。ジョージタウン大は決勝でアキーム・オラジュワン擁するヒューストン大学を84-75で破り優勝を果たした。

▼1984年 NCAAトーナメント決勝 ジョージタウン大 vs ヒューストン大(フルゲーム)

最終学年の4年次にもユーイングはNCAAトーナメント決勝に出場。連覇を狙ったものの、ビラノバ大学に64-66で敗れた。

NCAAの歴史上、最も輝かしいキャリアを送ったカレッジプレイヤーの一人であったユーイングは、4年間で平均15.3得点、9.2リバウンド、3.4ブロック、FG成功率62.0%のスタッツを残し大学生活を終えた。

NBA

新人王

1985年のNBAドラフト1巡目1位でニューヨーク・ニックスに入団。1年目は負傷により50試合の出場に留まったものの、平均20.0得点、9.0リバウンド、2.1ブロックをマークし、新人王に選出された。

ニックスの大黒柱として

ユーイングはニューヨーク・ニックスの大黒柱として15シーズンに渡りチームを牽引。その間、オールスターに11度選出され、キャリアハイとなる平均28.6得点、4.0ブロックをマークした1989-90シーズンにはオールNBA1stチームに選ばれた。

ユーイングとニックスの前にはマイケル・ジョーダン在籍時のシカゴ・ブルズの高い壁が立ちはだかったが、ジョーダンが1度目の引退をしていた1993–94シーズン、イースタン・カンファレンスを制しNBAファイナルに進出する。ファイナルでは大学時代からのライバル、アキーム・オラジュワン擁するヒューストンロケッツに3勝4敗で敗れ、あと一歩のところで優勝を逃した。

1998-99シーズン、ニックスは第8シードからNBAファイナルまで勝ち上がる。ユーイングはアキレス腱の怪我を押して試合に出場していたが、怪我が悪化したことでNBAファイナルには出場できなかった。「ミラクル・ニックス」と呼ばれたチームは、ティム・ダンカンデビッド・ロビンソンのツインタワーの前に屈し、優勝はならなかった。

キャリア晩年

2000年、ユーイングはシアトル・スーパーソニックスにトレードされる。2000-01シーズンは出場した79試合全てに先発したものの、平均得点はキャリア初の一桁となる9.6得点と衰えは隠せなかった。

2001年にオーランド・マジックに移籍。2001-02シーズンを最後に現役を引退した。

キャリア通算で、24,815得点(平均21.0)、1,1607リバウンド(9.8)、2,215アシスト(1.9)、1,136スティール(1.0)、2,894ブロック(2.4)のスタッツを残した。

2つのオリンピック金メダル

ロサンゼルス・オリンピック

パトリック・ユーイングはジョージタウン大学在籍時の1984年に開催されたロサンゼルス・オリンピックのアメリカ代表に選出。マイケル・ジョーダン、クリス・マリン、サム・パーキンスらとともに圧倒的な強さで金メダルを獲得した。

バルセロナ・オリンピック

ユーイングはドリームチームの一員として1992年のバルセロナオリンピックに出場。ジョーダン、マジック・ジョンソンラリー・バードスコッティ・ピッペンチャールズ・バークリー、デビッド・ロビンソンらスーパースターとともに金メダルを獲得。ユーイングは1試合平均9.5得点、5.2リバウンド、1.9ブロック、FG成功率62.3%のスタッツを残した。

引退後

ユーイングは引退後、ワシントン・ウィザーズ、ヒューストン・ロケッツ、オーランド・マジック、シャーロット・ホーネッツのアシスタントコーチを歴任。

2017年からは母校ジョージタウン大学のヘッドコーチを務めている。

2008年にアキーム・オラジュワン、パット・ライリーらとともにバスケットボール殿堂入りを果たした。

▼パトリック・ユーイング|キャリアTop10プレイ

エピソード

  • 1986年にアディダスと契約したが、1991年にオリジナルブランド「ユーイング アスレチックス」を立ち上げ、シグネチャーシューズを展開した。
  • 1996年、進研ゼミのCMで当時中学3年生だった田臥勇太と共演した。
▼パトリック・ユーイングと田臥勇太が共演した進研ゼミのCM(1996年)